深夜はいかいの防止啓発

更新日:平成27年11月4日

1 趣旨・目的

 大阪府警察本部が公表している「大阪の少年非行(平成26年中の概況)」によると、府内の深夜はいかいによる補導人数は7万人を超えており、青少年の犯罪被害や非行を防止するには、夜間に青少年を外出させないことが重要です。

 そこで、夜間に外出している青少年に対する地域での「声かけ・見守り活動」を呼びかけるとともに、大阪府青少年健全育成条例に定める「正当な理由がある場合を除き青少年を夜間に外出させない」という保護者の努力義務について、ポスター掲示によって周知し、広く府民の理解と協力を得ることを目的としています。

2  実施団体・機関

 大阪府、大阪府警察本部、大阪府教育委員会、青少年育成大阪府民会議、(一社)大阪少年補導協会

3  掲示先

 本府及び各市町村の庁舎、公民館、図書館、青少年センター、警察署、交番、主要駅、スーパーマーケット、小売書店、関係団体の「掲示板」若しくは「施設内」等

深夜はいかい防止啓発ポスター [PDFファイル/1.78MB]

やよかえりやポスター

このページの作成所属
政策企画部 青少年・地域安全室青少年課 非行防止対策グループ

ここまで本文です。