高齢介護室 喀痰吸引等業務登録申請等についてのお知らせ

更新日:平成30年11月14日

*手数料納付の誤りが増えています。納付の前に申請内容と手数料に誤りがないか十分にご確認ください。

    ・平成30年10月1日以前の申請用紙を使用されている方に手数料納付誤りが見られますのでご注意ください。

   よくある納付誤りの例: 「認定特定行為業務従事者認定証」と「登録喀痰吸引等事業者」を誤って納付する。

                  高齢介護室での申請であったが、障がい福祉室用で納付する。

                  手数料不要な手続きで納付。

1.喀痰吸引等の制度について

制度の概要については、以下のページをご覧ください。

  ○喀痰吸引等(たんの吸引等)の制度について

  ○喀痰吸引等制度について(厚生労働省のホームページ)(外部サイト)

申請書類等について

以下のページに、必要書類等を掲載しています。

 1.認定特定行為業務従事者認定証の申請等について(個人としての資格申請等)

 2.登録喀痰吸引等事業者(登録特定行為事業者)の申請等について (事業者としての申請等)

 3.登録研修機関の登録申請等について

 4.手数料を誤って納付された場合について

3.登録研修機関一覧

大阪府において登録されている登録研修機関(第1号、第2号、第3号研修)の一覧

登録研修機関一覧 [Excelファイル/62KB]

4.登録喀痰吸引等事業者(登録特定行為事業者)一覧

高齢介護室介護事業者課に登録の一覧:   登録事業者一覧(高齢介護室登録) [Excelファイル/156KB]

障がい福祉室生活基盤推進課に登録の一覧: 登録事業者一覧(障がい福祉室登録) [Excelファイル/88KB] 

  *高齢者福祉サービスと障がい児者福祉サービスの両方を提供している場合は、どちらか一方に登録されています。

このページの作成所属
福祉部 高齢介護室介護事業者課 施設指導グループ

ここまで本文です。