サイクル・エイド事業

更新日:平成30年3月6日

大阪の放置自転車を再生して世界の子どもたちに贈ろう

サイクル・エイド     サイクル・エイド2     サイクル・エイド4             

■サイクル・エイド事業とは

 大阪府内では、年間36万台以上の自転車が放置自転車として、市町村で撤去・保管されています。
 しかし、そのうち持ち主が引き取りにくるのは約20万台で残りは処分されています。

 サイクル・エイド事業は、府内市町村の協力のもと、放置自転車を修理・再生しアジアの子どもたちに自転車を贈るプロジェクトです。
 この事業は、公益社団法人アジア協会アジア友の会が主体となって活動しており、支援会議の一員として、大阪府も事業が円滑に進むようサポートしています。

■寄贈実績

 平成29年度末までに3万台以上の自転車を主にアジアの子どもたちに贈ってきました。
 現地ではまだまだ自転車の数が足りず、大阪から届く自転車を心待ちにしている子どもたちがたくさんいます。

 【平成28年度末までの実績】30,073台(フィリピン、カンボジア、タイ ほか)
 【平成29年度実績】(1回目)タイ王国:350台、(2回目)カンボジア王国:284台

■現地ではこんな風に役立っています

 贈られた自転車によって、毎日通学できなかった子どもたちが安全に通学できるようになるなど教育環境の改善、また、女性の社会進出・地位向上にも役立っています。

 公益社団法人アジア協会アジア友の会では、そんな子どもたちに1台でも多くの自転車を届けようと、自転車を贈る資金を集めるための募金活動を行っています。また、平成28年度からは、新たな取組みとしてクラウドファンディングを実施しています。

 皆様からお寄せいただいた募金等については、自転車の府内市町村から港への輸送費や、海外への輸送費として役立たせていただきます。是非、皆様の温かいご協力をよろしくお願いします。

 公益社団法人アジア協会アジア友の会 ウェブサイト(外部サイトを別ウインドウで開きます)

 


【平成21年7月2日】タイに向けて出港サイクル・エイド3

事業・募金などに関するお問合せ先:

  公益社団法人アジア協会アジア友の会
   (サイクル・エイド支援会議事務局)
   TEL:06−6444−0587  FAX:06−6444−0581

  大阪府府民文化部都市魅力創造局国際課 都市外交グループ
   TEL:06−6210−9312  FAX:06−6210−9316
 

このページの作成所属
府民文化部 都市魅力創造局国際課 都市外交グループ

ここまで本文です。