サイクル・エイド事業

更新日:平成29年1月10日

大阪の放置自転車を再生して世界の子どもたちに贈ろう

サイクルエイド写真                                サイクルエイド写真

大阪府内では、年間50万台以上の自転車が放置自転車として、市町村で撤去・保管されています。
しかし、そのうち持ち主が引き取りにくるのは半数ほどで、残りは処分されています。

そこで、公益社団法人アジア協会アジア友の会では、放置自転車を市町村のご協力を得て修理・再生し、アジア等の子どもたちに寄贈するサイクル・エイド事業を実施しています。

このサイクル・エイド事業は平成9年度に大阪府がはじめ、平成17年度から公益社団法人アジア協会アジア友の会が実施しているものです。

これまでに約3万台の自転車を主にアジアの子どもたちに贈ってきました。
現地ではまだまだ自転車の数が足りず、大阪から届く自転車を心待ちにしている子どもたちがたくさんいます。

公益社団法人アジア協会アジア友の会では、そんな子どもたちに一台でも多くの自転車を届けようと、自転車を贈る資金を集めるための募金活動を行っています。

皆様からお寄せいただいた募金は、自転車の府内市町村から港への輸送費や、海外への輸送費などとして役立たせていただきます。

ぜひ皆様の温かいご協力をよろしくお願いいたします。

 公益社団法人アジア協会アジア友の会 ウェブサイト(外部サイトを別ウインドウで開きます)

 


【平成21年7月2日】タイに向けて出港【平成21年7月2日】積み込みの様子

事業・募金などに関するお問合せ先:

  公益社団法人アジア協会アジア友の会
   (サイクル・エイド支援会議事務局)
   TEL:06−6444−0587  FAX:06−6444−0581

  大阪府府民文化部都市魅力創造局国際課 都市外交グループ
   TEL:06−6210−9312  FAX:06−6210−9316
 

このページの作成所属
府民文化部 都市魅力創造局国際課 都市外交グループ

ここまで本文です。