平成30年度 依存症対応関係機関職員研修(A-1)

更新日:平成30年6月20日

 

平成30年度 依存症対策強化事業専門研修 

依存症対応関係職員研修(A−1)

受講対象

市町村職員(多重債務相談・生活困窮者支援・生活保護・障がい福祉・保健・高齢福祉担当課等)

相談支援専門員、介護支援専門員

その他相談支援に携わる関係機関職員

大阪アディクションセンター加盟機関職員及び団体会員(※)

(※)以外は、政令市(大阪市・堺市)を除く大阪府内で勤務されている方が対象

 「何度整理しても借金を繰り返す」「具合が悪いのにお酒を飲んで入退院を繰り返す」など、対応に困ったり、悩んだりしている相談の中には、依存症の問題が背景に隠れているのかもしれません。
 今回の研修では、アルコールをはじめとする薬物、ギャンブルなどの依存症全般について、基礎的な知識と対応について学ぶとともに、本人や家族の体験談により依存症からの回復について知り、依存症の方への支援について考えましょう。ぜひご参加ください。

◆定員   90名

◆参加費  無料

○日時:平成30年7月18日(水曜日)午後1時30分から午後4時30分まで

○場所:大阪府社会福祉会館 403会議室
     
(大阪市中央区谷町7丁目4−15)

○内容:

 1.講義:「依存症支援の基礎を学ぶ」

    講師:地方独立行政法人 神奈川県立病院
       
神奈川県立精神医療センター 医療局長 小林 桜児 氏

 2.体験から学ぶ -依存症本人・家族による体験談-

◆申込方法

各所属ごとに申込者をとりまとめの上、申込書に必要事項を記入し、申込先メールアドレスあてに添付して送信してください。

申込書はこちら⇒依存症対応関係機関職員(A-1)申込書 [Wordファイル/20KB]

 ○締め切り:平成30年6月27日(水曜日) 午後5時まで

申込書送付先メールアドレス:kenkosogo-g22@sbox.pref.osaka.lg.jp   

◆問合せ先

大阪府こころの健康総合センター 事業推進課 担当:石井・川添

電話:06−6691−2810  FAX:06−6691−2814

E-mail: kenkosogo-g22@sbox.pref.osaka.lg.jp

                                                                                                                                                                                                                          

このページの作成所属
健康医療部 こころの健康総合センター 事業推進課

ここまで本文です。