府有建築物の屋根貸しによる太陽光パネル設置促進事業

更新日:平成29年1月30日

 大阪府では、平成24年7月よりスタートした「再生可能エネルギーの固定価格買取制度」を活用し、『府有建築物の屋根貸しによる太陽光パネル設置促進事業』(屋根貸し事業)を平成25年度より実施しています。

 この事業は、既存の府有建築物(庁舎、府営住宅等)の屋根を民間事業者に貸し出し、民間事業者は自らパネルを設置して電力会社へ売電することにより収益を上げ、府は、賃料収入等を得つつ初期投資なしで再生可能エネルギーを普及させるものです。発電期間は20年間を見込んでいます。

新着情報

(2017年1月30日)
 屋根貸し事業による太陽光パネル設置施設および売電実績を更新しました。

屋根貸し事業による太陽光パネル設置施設および売電実績

 これまでに、民間事業者の資金により太陽光パネルが設置された施設および売電実績については、次をご覧ください。

 屋根貸し事業による太陽光パネル設置施設および売電実績について

過去の提案公募

第五回 (平成27年度)

第四回 (平成27年度)

第三回 (平成26年度)

第二回 (平成25年度)

第一回 (平成25年度)

関連情報

太陽光パネル基礎設置工法の提案公募

大阪府ESCO提案審査会について


Adobe Reader取得サイトへ PDF文書をご覧になるにはAdobe Reader(外部サイト)が必要です。

屋根貸し事業担当: 大阪府住宅まちづくり部公共建築室設備課設備計画グループ
 Tel 06-6941-0351(内線4643)
 FAX 06-6210-9784

このページの作成所属
住宅まちづくり部 公共建築室設備課 設備計画グループ

ここまで本文です。