平成30年度 大阪府住宅まちづくり部公共建築室建設工事総合評価落札方式実施ガイドラインについて

更新日:平成30年3月12日

平成30年1月22日

入札参加業者の皆様へ

                                                             大阪府住宅まちづくり部公共建築室

 公共建築室では、平成30年度の総合評価落札方式に係る入札契約の取扱方針を実施ガイドラインとして策定しました。

1.平成30年度大阪府住宅まちづくり部公共建築室建設工事総合評価落札方式実施ガイドライン

 平成30年度大阪府住宅まちづくり部公共建築室建設工事総合評価落札方式実施ガイドライン [Wordファイル/717KB] [PDFファイル/400KB]

2.適用開始

 平成30年2月22日以降に公告する案件から適用します。

3.平成30年度の主な変更点

■配置監理技術者の実績、成績の評価期間の見直し

入札参加に際し、予定している配置監理技術者が、産前産後休業、育児休業、介護休業を取得していた場合、工事における配置監理技術者の工事実績、成績を評価する期間に休業の取得期間相当分を加える。

総合評価一般競争入札・条件付一般競争入札(実績申告型)における配置監理技術者の実績・成績の評価期間の見直しについて  [Wordファイル/52KB] [PDFファイル/78KB]

 ■登録基幹技能者、1級技能士の途中交代について

 入札参加に際し、登録基幹技能士調書及び1級技能士調書に記載された者について、工事着手後に同等以上の者への配置変更を可能とする。

  問い合わせ先  

住宅まちづくり部公共建築室計画課  電話06-6210-9782

このページの作成所属
住宅まちづくり部 公共建築室計画課 推進グループ

ここまで本文です。