平成24年度「測量・建設コンサルタント等業務」の発注に関する制度改正等

更新日:平成28年7月11日

平成24年度「測量・建設コンサルタント等業務」の発注に関する制度改正等について

 住宅まちづくり部では、平成24年度における「測量・建設コンサルタント等業務」の発注について、
下記のとおり制度改正等を行います。

                             記

1.最低制限価格の算定基準の改定(1月13日改定済み)
 平成24年2月以降に公告する平成24年度早期発注案件から適用します。
   〔 改定内容はこちらのファイルの3・4ページをご覧ください 〕

2.住宅まちづくり部建築設計業務入札参加資格者の区分基準の改正(3月1日施行)
 従来のIII・IVランクをIIIに統合し、4区分を3区分に改正します。 

 平成24年度基準による区分結果は、平成24年3月1日を予定しています。

3.【工事監理】建築・設備の1者1業種規制緩和(3月1日以降の公告案件)
 建築設計・監理と設備設計・監理の双方の業務種別で「大阪府測量・建設コンサルタント等業務

競争入札参加資格」に登録したうえで、建築と設備の両方について「大阪府住宅まちづくり部公共

建築室工事監理業務登録」をされた事務所は、同一年度内でも、双方の工事監理業務の入札に

参加できるようになります。 

  

※各発注案件の公告や交付書類をよくご覧いただき、間違いのないようにご注意ください。

このページの作成所属
住宅まちづくり部 公共建築室計画課 推進グループ

ここまで本文です。