知事の動き

サブメニューを飛ばして本文へ

メニュー


ここから本文です。

更新日:平成28年8月24日

8月10日(水曜日) 「佐川急便株式会社と大阪府との包括連携協定」締結式

笹森取締役と知事大阪府と佐川急便株式会社は、包括連携協定を締結し、締結式に知事と佐川急便株式会社笹森取締役が出席しました。この協定により、雇用促進、地域活性化、防災・防犯など7分野にわたる連携・協働を今後一層深化させるとともに、府民サービスの向上を図ってまいります。締結式に出席した知事は、「ネットワークを生かしたさまざまな連携のご提案をいただいており、大変ありがたく思っている。本日の協定を機に互いにメリットが生まれるような取り組みを数多く進めたい。」と述べました。
(担当:財務部行政改革課)

8月10日(水曜日) 「ヤマト運輸株式会社と大阪府との包括連携協定」締結式

北村常務執行役員関西支社長と知事大阪府とヤマト運輸株式会社は、包括連携協定を締結し、締結式に知事とヤマト運輸株式会社北村常務執行役員関西支社長が出席しました。この協定により、府政のPR、地域活性化、雇用促進など7分野にわたる連携・協働を今後一層深化させるとともに、府民サービスの向上を図ってまいります。締結式に出席した知事は、「これまでも防災分野の協定で協力をいただいているが、新たに地域活性化の分野で、大阪産(もん)の販路拡大にも協力して取り組んでいただく。大阪産(もん)の商品を全国に認知していただければ、消費拡大に繋がると期待している。」と述べました。
(担当:財務部行政改革課)

8月9日(火曜日) リオ2016パラリンピック競技大会日本代表(大阪府内在住)選手壮行会

日本代表(大阪府内在住)選手と記念撮影する知事9月7日から18日までブラジル・リオデジャネイロで開催される「リオ2016パラリンピック競技大会」に日本代表として派遣される大阪府内在住選手の壮行会を府庁本館正庁の間で行いました。
知事は、「880万の府民全ての皆さんが、大きな期待を持って、応援をしている。ぜひ、その気持ちと一緒にリオに行き、普段の実力を発揮してきていただきたい。」と激励の言葉を述べました。
(担当:障がい福祉室自立支援課)

8月6日(土曜日) 第28回なにわ淀川花火大会

オープニングであいさつする知事地域のボランティアスタッフが周辺企業・団体・商店などと協力して開催された「なにわ淀川花火大会」に、顧問として知事が出席しました。大阪の夏の風物詩として定着している本大会は今年で28回を迎え、趣向を凝らした壮麗な花火が、会場に訪れた多くの人たちを魅了しました。
知事は、「なにわ淀川花火大会は、民間の皆さんで運営をしていただき、これまで続けてこられた。今日は、この花火を体中で感じたいと思う。一緒に楽しもう。」とあいさつし、花火大会のスタートを飾るオープニング花火の打ち上げ点火スイッチを押しました。
(担当:都市魅力創造局企画・観光課)

8月3日(水曜日) 第98回全国高等学校野球選手権大会出場校(履正社高校)表敬訪問

履正社高校の皆さんと記念撮影する知事第98回全国高等学校野球選手権大会に大阪府から出場される履正社高等学校硬式野球部の皆さんが、出場の報告のため、知事と府議会議長を表敬訪問しました。
知事は「大阪予選では、強さを見せてくれたので、府民の皆さんは優勝を期待している。普段どおりの力を発揮し、初優勝をめざして頑張ってほしい。」と激励の言葉を述べました。
(担当:教育庁私学課)

7月29日(金曜日) AIU米国高校生国際交流プログラム

日米の高校生と記念撮影する知事本府と連携協定を結んでいるAIU損害保険株式会社が協賛する「AIU米国高校生国際交流プログラム」に参加している米国の高校生20人が、『高校生外交官』として知事を表敬訪問しました。
この後、グループディスカッションを行う予定の府立高校生も同席する中、知事は、「日本とアメリカは、深いつながりのある国。こうして日米の高校生同士が出会えた機会にお互いの友好を深めてほしい。大阪の高校生との活発な議論を期待している。」と歓迎のあいさつをしました。
(担当:空港・広域インフラ課)

7月29日(金曜日) 路線バス 布施八尾線/久宝寺出戸線 出発式

テープカットをする知事大阪バス株式会社が新たな路線バス(布施駅から近鉄八尾駅間、JR久宝寺駅から地下鉄出戸駅間)の運行を開始し、その出発式に知事が出席しました。大阪バスには、同路線での車内アナウンスやポスター・チラシの配架、大阪から東京間など高速バスのモニターなどを通じて府政のPRにご協力いただきます。知事は、「ぜひ、新しい路線をどんどん活用してほしい。皆さんと一緒にこの路線を育てていきたい。」と述べました。
(担当:財務部行政改革課)

7月27日(水曜日) 学校法人コミュニケーションアートとの「もずとも協定」の締結式

鞍井理事と協定書を交わす知事府では、広報担当副知事もずやんと友情を育み、府政広報に協力していただける方を「もずとも」とする制度を実施しています。このたび、学校法人コミュニケーションアートともずとも協定を締結しました。締結式に出席した知事は、「これまでも、学生さんによるイベントでの司会や、もずやんの歌「タッタカもずやん」の映像作成にあたり、貴校に所属する現役専門学校生アイドルユニット「ChawChaw(チャウチャウ)」の出演、学校所有のスタジオ施設の提供などにご協力いただいたと聞いている。今回の協定を機に、より一層、皆さんと一緒に大阪を盛り上げていけることを期待している。」と述べ、同法人鞍井理事と協定書を交わしました。
(担当:府政情報室広報広聴課)

7月27日(水曜日) 農の成長産業化推進事業発足式

開会のあいさつをする知事公民連携による、大阪農業の成長産業化に向けて、農業ビジネススクール「大阪アグリアカデミア」の開設や農業経営強化プランのコンテストなどを行う「農の成長産業化推進事業」の発足式に知事が出席しました。
当日は、協賛企業6社(大和リース株式会社、NECソリューションイノベータ株式会社、株式会社クラレ、協和株式会社、東京海上日動火災保険株式会社、株式会社近畿クボタ)に加え、JAグループ大阪、農業関係団体など約50人が参加し、事業への意気込みを発表しました。
知事は、開会にあたり、「大阪府では、大消費地を抱える都市農業のメリットを生かし、大阪農業を成長産業にすることをめざして、これまで企業の農業参入の促進等に取り組んできた。今後はこれに加え、高収益な農業を展開する経営感覚に優れた農業経営者を育成する必要がある。農の成長産業化推進事業を通じて、公民連携によるオール大阪で、大阪農業を盛り上げていきたいと考えている。」と述べました。
(担当:農政室推進課)

7月26日(火曜日) 第5回あいりん地域まちづくり会議

会議に出席する吉村大阪市長と知事7月26日、西成区役所において、吉村大阪市長出席の下、地域の町会や有識者、労働者団体の代表らで構成された「あいりん地域まちづくり会議(第5回)」が開催され、知事が出席しました。会議では、耐震性に問題があり、府の労働施設が含まれる「あいりん労働福祉センター」の建て替えなどについて議論が行われました。議論を踏まえ、知事は、「早期建て替えにより利用者の安全を一刻も早く確保するため、同施設を南海電鉄高架下へ仮移転することとし、建て替えの具体化に努めたい。」と述べました。
(担当:雇用推進室労政課)

7月26日(火曜日) 戦後71年大阪戦没者追悼式

式辞を読む知事先の大戦による犠牲者に対する追悼式を大阪市と合同で行い、主催者として知事が出席しました。
式辞において知事は、「戦後71年を迎えるにあたり、今、私たちが享受する平和と繁栄は、戦没者のかたがたの尊い犠牲の上にあることを決して忘れてはならない。再び戦争の惨禍が繰り返されることのないよう、その教訓を次の世代に語り継ぎ、世界の恒久平和の確立に努めることが、私たちに課せられた重大な責務であると確信する。」と述べました。
(担当:地域福祉推進室社会援護課)

7月16日(土曜日) ユニバーサル・スタジオ・ジャパン 15周年お子さま無料キャンペーン視察

パーク内を視察する知事ユニバーサル・スタジオ・ジャパンが開業15周年を記念して、「15周年お子さま無料キャンペーン」を実施しており、初日である7月16日に、知事がパークを視察しました。
このキャンペーンは、夏休み期間限定で、関西(2府4県)在住の子どもを大人一人につき一人無料とするもので、「大阪のさらなる賑わいづくりの一助となる企画を」との知事の提案を受けて、(株)ユー・エス・ジェイが企画・実現したものです。
直後に行われた記者会見で、知事は「USJは最高のエンターテイメントを提供してくれている。ぜひ、関西の子どもたちに来てもらい、大阪を楽しんでもらいたい」と述べました。
(担当:都市魅力創造局企画・観光課)

7月16日(土曜日) 大阪城ウォーターパークbyハウステンボス オープニングセレモニー

関係者とテープカットを行う知事大阪城公園の太陽の広場で、夏休みの間、プールやウォータースライダーなどが楽しめる「大阪城ウォーターパークbyハウステンボス」が開催されており、7月16日のオープニングセレモニーに、知事が出席しました。
知事は、「街の真ん中にプールを作るというのは、今まで考えられなかったこと。大阪の夏の風物詩として情報発信し、世界中の皆さんにきてもらいたい」と述べました。
(担当:都市魅力創造局企画・観光課)

7月14日(木曜日) 「損害保険ジャパン日本興亜株式会社と大阪府との包括連携協定」締結式

米川取締役常務執行役員と知事大阪府と損害保険ジャパン日本興亜株式会社は、包括連携協定を締結し、締結式に知事と損害保険ジャパン日本興亜株式会社米川取締役常務執行役員関西第一本部長が出席しました。この協定により、地域活性化、防災・防犯、健康、福祉など8分野にわたる連携・協働を今後一層深化させるとともに、府民サービスの向上を図ってまいります。締結式に出席した知事は、「大阪産(もん)の販売促進や、健康寿命の延伸に向けた取り組みなど、ウィンウィンとなる取り組みを数多く進めていけると考えている。」と述べました。
(担当:財務部行政改革課)

7月13日(水曜日) 世界選手権で銀メダル 今宮高校ダンス部の表敬訪問

今宮高校ダンス部と記念撮影する知事アメリカで開催されたICUチアリーディング世界選手権2016≪HIPHOP部門≫に日本代表として出場し、銀メダルを獲得した府立今宮高等学校のダンス部の皆さんが知事と教育長を表敬訪問しました。知事は、「大好きなことで結果を出せたということは一生の宝物である。これだけの力があればこれからの人生、どんな壁も突破できるに違いない。」と激励の言葉を述べました。また、広報担当副知事のもずやんが記念品を贈呈しました。
(担当:教育振興室高等学校課)

7月12日(火曜日) インゴ・カールステン在大阪・神戸ドイツ連邦共和国総領事 離任表敬訪問

インゴ・カールステン在大阪・神戸ドイツ連邦共和国総領事と知事インゴ・カールステン在大阪・神戸ドイツ連邦共和国総領事が、離任あいさつのため知事を表敬訪問されました。
知事は、3年におよぶ総領事の日独交流へのご尽力に感謝の意を表し、「これからもドイツとは、特に経済面で良きパートナーとして協力していきたい。とりわけ、新たなことに挑戦するドイツの企業には、大阪独自の税制を活用してアジアの基点として大阪に進出していただきたい。」と述べました。
カールステン総領事は、「大阪には新しいビジネスを受け入れる雰囲気があり、大阪とドイツ企業の間で提携はこれからも進むだろう。これまで大阪府と良好な関係を築いてきたが、私の後任に対しても支援をよろしくお願いしたい。」と述べられました。
(担当:都市魅力創造局国際課)

7月6日(水曜日) リオデジャネイロ・オリンピック・ホッケー女子日本代表「さくらジャパン」湯田葉月選手、河村元美選手の表敬訪問

記念撮影する湯田葉月(ゆだはづき)選手と河村元美(かわむらもとみ)選手と知事リオデジャネイロ・オリンピック・ホッケー女子日本代表「さくらジャパン」の湯田葉月(ゆだ はづき)選手と河村 元美(かわむら もとみ)選手が知事を表敬訪問し、五輪出場報告をされました。
知事は、「府民のみならず日本全国民が活躍を期待している。五輪独特の雰囲気もあると思うが、いつもの練習の成果を現地でも発揮できるよう、自分の力を信じて頑張っていただきたい。そして、その結果を4年後の東京五輪へとつなげていただきたい。」と激励の言葉を述べました。
(担当:都市魅力創造局文化・スポーツ課)

このページの作成所属
府民文化部 府政情報室広報広聴課 広報広聴グループ

ここまで本文です。