知事の動き(平成29年(2017年)4月)

更新日:平成29年8月8日

 4月28日(金曜日) 大阪府万博誘致推進本部 第1回本部会議

あいさつする知事

2025年国際博覧会大阪誘致実現に向けて、府施策の総合的推進を図るため、府庁内関係部局による「大阪府万博誘致推進本部」を設置し、第1回会議を開催しました。知事はあいさつにおいて、「1年、2年先ではなくて、10年、20年先の課題解決に向けたいろいろなアイデアを挙げてほしい。我々が2025年の万博をめざしているという熱い思いで取り組んでもらいたい」と述べました。
(政策企画部万博誘致推進室)

 4月28日(金曜日) 「'17 食博覧会・大阪」オープニングセレモニー

大阪府ブースを激励する知事4年に1度の「食」の一大イベント「'17食博覧会・大阪」がインテックス大阪において開催されました。知事は、「日本の味くらべ館」の大阪府ブースで大阪産(もん)を試食し、大阪の「食」をPRするとともに、「おいしいね。これからもよろしく」と出展団体を激励しました。
(担当:環境農林水産部流通対策室)

 4月19日(水曜日) 「キリンビール株式会社、キリンビバレッジ株式会社と大阪府との包括連携協定」締結式

大谷近畿圏地区本部長、竹内近畿圏統括本部長と知事大阪府とキリンビール株式会社、キリンビバレッジ株式会社は、包括連携協定を締結し、締結式に知事とキリンビール株式会社執行役員竹内近畿圏統括本部長、キリンビバレッジ株式会社常務執行役員大谷近畿圏地区本部長が出席しました。この協定により、地域活性化、健康、府政のPR、福祉・子育て、防災・安全の5分野にわたる連携・協働を今後一層深化させるとともに、府民サービスの向上を図ってまいります。知事は、「キリンさんは、抜群のネームバリューと広報力をお持ちであり、今回の協定の締結をきっかけに、府政のさまざまなPRに協力していただきたい」と述べました。
(担当:財務部行政経営課)

 4月19日(水曜日) 第29回技能グランプリ金メダリストの表敬訪問

中村さんを囲んで関係者と記念撮影をする知事2年に1度、熟練技能者が日本一を競い合う大会、技能グランプリの園芸装飾競技で金メダルを獲得された、中村哲也(なかむらてつや)さんが知事を訪問しました。
知事は「金メダル獲得おめでとう。職人技を次の世代にしっかりと伝えていかなければならない。後ろから追いかけてくる若い人たちの目標として、頑張っていただきたい」と述べました。
(担当:雇用推進室人材育成課)

 4月19日(水曜日) 岩手県派遣職員 帰任報告会

職員から帰任報告を受ける知事大阪府では、東日本大震災の被災地である岩手県の復旧・復興に向け、専門的な知識や経験を有する職員の派遣を行っています。このたび、平成29年4月1日付で岩手県派遣から帰任した職員(18名)による帰任報告会を行いました。
知事は、「慣れない環境の中、被災者に寄り添い、復興に尽力をしてくれたことは、大阪府にとって誇りである。災害はいつ、どこで起こるか分からない。もし大阪で災害が起これば、現地での経験が生きる。また、その経験を広く府政に生かしてほしい」と、帰任した職員をねぎらいました。
(担当:危機管理室防災企画課)

 4月14日(金曜日) 日本外国特派員協会での講演

講演をする知事日本外国特派員協会に招かれ、知事が国内外の記者に対して、「2025年日本万国博覧会に向けて」というテーマで講演を行いました。知事は、「これから世界を舞台とした本格的な誘致活動が始まる。ここからが正念場であり、世界各国から多くの支持が得られるよう、地元大阪府としても、政府や経済界、関西自治体と一体となって、全力で誘致活動に取り組む。また、万博だけでなく、IR、うめきたのまちづくり、リニア開通など、さまざまな取り組みを通じて、日本の成長をけん引する副首都・大阪をめざしていきたい」と述べました。
(担当:企画室政策課)

 4月12日(水曜日) 「育児助成金白書(運営:株式会社luft)と大阪府との事業連携協定」締結式

濱邉代表取締役と知事大阪府と育児助成金白書(株式会社luft)は、「子育て支援」に関する事業連携協定を締結し、その締結式に知事と同社濱邉(はまべ)代表取締役が出席しました。
この協定により、保護者向け教室「イクハクスクール」の実施、SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)やポータルサイトを活用した情報の周知、メールマガジンの配信などによる「子育て支援」の一層の充実を図ります。
知事は、「育児助成金白書のネットワークや広報力をお借りしながら、多くの取り組みを進めていきたい」と述べました。
(担当:子ども室子育て支援課)

 4月12日(水曜日) 「福祉のコンビニ こさえたん」プレオープン視察

招き猫を購入する知事大阪府では、障がい福祉施設で働く障がいのある方の販売スキルの向上を目的として、これまで本館で営業していた、「まちのパンやさん」を、「福祉のコンビニ こさえたん」としてリニューアルオープンします。ここでは、パンだけでなく、弁当や雑貨などのさまざまな商品を展開しており、知事はそのプレオープンを視察しました。
出店している障がい福祉施設の方から説明を受けながら、商品を一つ一つ見て回り、知事は「障がいのある人たちが自立していくためにも、多くの方に商品を手にとって、お買い求めいただきたい」と述べ、大阪に福と人を呼び込むために招き猫を購入しました。
(担当:障がい福祉室自立支援課)

 4月6日(木曜日) 平成29年春の全国交通安全運動初日キャンペーン

あいさつする知事大阪府交通対策協議会(会長:知事)は、大阪城公園天守閣北詰広場において、春の全国交通安全運動の初日キャンペーンを開催しました。
主催者を代表し、知事は「この大阪で皆さんと力を結集して悲惨な事故ゼロをめざしていきたい」とあいさつしました。
また、大阪出身の女優谷村美月さんと幼稚園児が参加する交通安全教室や勇壮な白バイ隊の出発式が行われた他、警察音楽隊による演奏とカラーガード隊による華麗な演技で初日キャンペーンを盛り上げました。
(担当:交通道路室道路環境課)

 4月5日(水曜日) 第89回選抜高等学校野球大会優勝・準優勝校の知事・議長表敬訪問および感動大阪大賞贈呈式

両校の皆さんと記念撮影する知事第89回選抜高等学校野球大会で優勝を果たした大阪桐蔭高等学校の皆さん、準優勝を果たした履正社高等学校の皆さんが、優勝・準優勝の報告のため、知事と府議会議長を表敬訪問しました。
知事は「努力をすれば夢がかなうと日本中に示した。府民の誇りだ。」とお祝いの言葉を述べました。
また、感動大阪大賞を両校に贈呈しました。
(担当:教育庁私学課)

 4月5日(水曜日) 大阪府地域防災基金および大阪府福祉基金への寄付に対する感謝状贈呈式

出席者と記念撮影をする知事消防団を中核とした地域防災力の充実強化を目的とした「大阪府地域防災基金」と、府民の社会福祉活動の振興を目的とした「大阪府福祉基金」に対し、それぞれ500万円の寄付をいただいた大阪広域生コンクリート協同組合に対し、知事から感謝状を贈呈しました。知事は、このたびの多大な寄付に対し感謝の意を伝えるとともに「府民の地域福祉活動や消防団活動の支援の財源として活用したい」と述べました。
(担当:危機管理室消防保安課、福祉部地域福祉推進室地域福祉課)

 4月3日(月曜日) 平成28年度(第10回)全国小学生ゴルフ春季大会(女子の部)優勝選手の表敬訪問

安井選手と記念撮影する知事「第28年度(第10回)全国小学生ゴルフ春季大会(女子の部)」において優勝された、安井愛(やすいあい)選手が知事を表敬訪問し、優勝の報告を行いました。
知事は、「優勝おめでとう。全国大会という晴れの舞台で、日ごろの厳しい練習の成果が発揮できて、本当に良かった。世界の大会でも活躍できるような選手になってもらいたい。今日は来てくれてありがとう。」と激励しました。
(担当:文化・スポーツ室スポーツ振興課)

 4月3日(月曜日) IR推進局 発足式

訓示を述べる知事大阪府・大阪市の共同組織「IR推進局」の発足式に、知事と吉村大阪市長が出席しました。
知事は、「依存症や治安対策の処方箋を作り上げることが一番大切。その上で、世界で圧倒的なエンターテイメント拠点をこのベイエリアに作り上げる。大きな利権が絡む事業なので職員は慎重に行動し、一線を踏み越えないよう肝に銘じてほしい。」と訓示を述べました。
(担当:IR推進局企画課)

 4月3日(月曜日) 新規採用職員任命式

訓辞を述べる知事

平成29年度新規採用職員464人の任命式を行いました。知事は「万博誘致とIR立地をインパクトに、観光資源に磨きをかけ、大阪の成長・発展をめざす。職員一人一人が、大阪という街をよく理解し、大阪の魅力に、より一層磨きをかけることができるよう、力を発揮してもらいたい。また、個々の力だけでは解決できないことも、組織力を生かせば成果につながる。チーム大阪府庁の一員として一緒に大阪の新しい未来を切り開いていこう。」と訓示を述べました。
(担当:人事局人事課)

 4月1日(土曜日) 国道480号鍋谷峠道路・父鬼バイパス開通式典・祝賀セレモニー

あいさつする知事国土交通省浪速国道事務所と大阪府が整備を進めてきた、国道480号鍋谷峠道路と父鬼バイパスが全線開通し、その開通式典・祝賀セレモニーに知事が出席しました。知事は「開通により、大阪・和歌山間において、経済活動が促進されるとともに、災害時における避難・物資輸送ルートが確保されるなど、多方面にわたり大きな効果をもたらすことができる。」とあいさつしました。
(担当:交通道路室道路整備課)

 4月1日(土曜日) 国道26号第二阪和国道(淡輪〜平井)開通式典

テープカットをする知事国土交通省浪速国道事務所が整備を進めてきた、国道26号第二阪和国道(淡輪〜平井)が開通し、その開通式典に知事が出席しました。知事は「このたびの開通により、第二阪和国道の全線が開通し、大阪・和歌山間のアクセスが飛躍的に向上することはもちろん、観光需要の拡大や沿線地域における産業立地の促進、災害時の避難・物資輸送ルートの確保など大阪と和歌山に大きな効果をもたらすことができる。」とあいさつしました。
(担当:交通道路室道路整備課)

このページの作成所属
府民文化部 府政情報室広報広聴課 広報広聴グループ

ここまで本文です。