知事の動き(平成28年(2016年)3月)

更新日:平成28年7月29日

3月31日(木曜日) 特別・定年退職者等への辞令交付式

退職者へ辞令を交付する知事特別・定年退職者など227人への辞令交付式を行いました。
知事は「皆さんにさまざまな厳しいお願いをしてきたが、その一つである財政規律の堅持については、皆さん一人ひとりの頑張りの結果、財政健全化団体への転落を回避することができた。今後も厳しい財政状況が見込まれる中、将来世代に負担を先送りしないよう、更なる改革を進めていく。長い間ご苦労様。」と、ねぎらいの言葉を述べました。
(担当:人事局人事課)

3月30日(水曜日) 「おおさか版自転車保険等に関する事業連携協定」締結式

締結式での6社代表と知事大阪府では、「大阪府自転車の安全で適正な利用の促進に関する条例」(4月1日施行)による自転車保険の加入義務化(7月1日施行)に伴い、保険の加入促進を図ることを目的に、府民が加入しやすい「おおさか版自転車保険」を創設し、ご協力いただいた企業6社(株式会社あさひ(サイクルベースあさひ)、あいおいニッセイ同和損害保険株式会社、AIU損害保険株式会社、au損害保険株式会社、東京海上日動火災保険、富士火災海上保険)と事業連携協定を締結しました。
締結式に出席した知事は、「府民が状況に応じて自転車保険を選択できるよう、保険料や賠償額、加入方法などが異なる自転車保険の創設をめざして協議を重ね、さまざまな保険を作っていただいた。今回は、おおさか版自転車保険などに関する事業連携協定としては第1弾。引き続き、新たに連携できる企業があれば、第2弾、第3弾とパートナーシップを結ばせていただき、おおさか版自転車保険の拡大、ひいては保険の加入促進につなげてまいりたい。」と述べ、各社と協定書を交わしました。
(担当:交通道路室道路環境課)

3月29日(火曜日) 平成28年度岩手県派遣職員出発式

派遣職員の決意表明を聞く知事大阪府では、東日本大震災の被災地である岩手県の復旧・復興に向け、防潮堤、道路などのインフラや生産基盤の復旧に加え、自然公園の整備、災害公営住宅の建築、被災した子どもたちの心のケアなどの支援を行うため、専門的な知識や経験を有する職員の派遣を行っています。このたび、平成28年4月1日付で新たに岩手県に派遣する職員の出発式が行われました。
知事は、「被災地の傷はまだまだ癒えていないが、岩手の皆さんから、大阪府の職員は自分のことのように働いていただき感謝していると聞いており、知事として誇りに思っている。今年度も26名の職員が現地に行ってくれることになった。皆さん一人一人の気持ちが被災地に伝わり、その気持ちが彼らを元気にしてくれるものと思う。環境の異なる中で大変だと思うが、普段どおりに仕事をするとともに、身体には気を付けてほしい。」と激励の言葉を述べました。
(担当:危機管理室・防災企画課)

3月29日(火曜日) 大阪府石油コンビナート等防災本部会議

会議の議事を進行する知事「大阪府石油コンビナート等防災本部会議」を開催しました。
会議では、「大阪府石油コンビナート等防災計画(改訂案)」が承認され、本部長である知事は、「コンビナート地区は、日本経済を支え、大阪の成長に欠かせない重要なエネルギー拠点であり、安全や防災には万全を期す必要がある。そして、万一の大災害に遭っても、地元地域の安全を確保していくことは行政の使命である。今後も関係機関が一体となって、対策の充実・強化にしっかり取り組んでいく。」と述べました。
(担当:危機管理室消防保安課)

3月28日(月曜日) 株式会社セブン-イレブン・ジャパンと共同開発した「野菜たっぷりメニュー」の試食会

共同開発した商品を試食する知事生活習慣病の予防や健康づくりをサポートするため、府とセブン−イレブン・ジャパンが協働し、「野菜たっぷりメニュー」として、「1日に必要な野菜の3分の1が摂れる中華飯」「1日に必要とされる野菜2分の1が摂れる豚汁」「4層のミネラルいろいろおかずのパスタサラダ」を開発し、府内のセブン−イレブン全店で発売することとなりました。これを記念して、セブン-イレブン・ジャパンと共同で試食会を開催しました。知事は「野菜たっぷりでバランスがいい。塩分控えめ、薄味でもコクがあっておいしい。今後も公民連携を進めながら府民の健康向上につながる取り組みを展開していきたい。」と述べました。
(担当:行政改革課・保健医療室健康づくり課)

3月28日(月曜日) 平成27年度「みどりの風感謝祭」の開催

協賛企業・団体の皆さまと知事大阪府では、「みどりの風促進区域」での緑化の推進をはじめ官民連携によるみどりづくりを進めています。この度、平成27年度に樹木や緑化資材の提供などのご支援をいただいた協賛企業・団体に対し、知事から感謝状の贈呈などを行いました。本年度は13の企業・団体からご協力いただいており、うち4者にご出席いただきました。
知事は、出席者に対し感謝の意を伝えるとともに「これからも、もっとみどりを感じられる大都市・大阪を目指していきたい。そのためには、企業、府民、オール大阪での取り組みが必要であり、引き続きご協力をお願いしたい。」と述べました。
(担当:みどり推進室みどり企画課)

3月27日(日曜日)  大相撲三月場所優勝の白鵬関に大阪府知事賞を贈呈

白鵬関に大阪府知事賞を贈呈する知事大相撲三月場所で優勝を果たした白鵬関に対し、大阪府知事賞として、大阪府知事杯、賞状及び副賞の目録を贈呈しました。副賞は、大阪ウメビーフ協議会から大阪ウメビーフしゃぶしゃぶ用ロース肉及びブランデー梅酒エクセレント、大阪府養ほう農業協同組合から大阪産(もん)天然はちみつ、大阪府酒造組合から大阪の地酒、株式会社栄食品から大阪産(もん)名品阪神名物いか焼き3種、株式会社あみだ池大黒から大阪産(もん)名品大阪名物岩おこし・粟おこしのセット、JAグループ大阪から大阪産(もん)の米キヌヒカリ、開屋本舗株式会社から大阪産(もん)THE TAKO 焼 CHAN スープ、株式会社丸赤製菓糸田川商店から大阪産(もん)名品浪花のボンボン詰合せ、アドバンス株式会社崔家の健美鍋から大阪産(もん)大阪名物なにわ黒牛もつ鍋セット、株式会社大地の恵から大阪産(もん)黒にんにくじゃんぼミックス、上野砂糖株式会社から大阪産(もん)名品上野焚黒糖、はっぴいおかんから大阪産(もん)いちじく味噌いちじくの無限大ディップを提供していただきました。
(担当:都市魅力創造局文化・スポーツ課)

3月27日(日曜日) 現代アートの世界に輝く新星発掘プロジェクト第5回公募展 表彰式

表彰する知事障がいのある方々の作品を「現代アート」として評価し、アーティストとしての自立に向けたチャレンジを支援する取り組みの一環として、アート作品を公募し、応募作品総数885点の中から57点を入選作品として、表彰しました。表彰式に出席した知事は、「毎年どんどん作品のレベルが上がっていることに感心している。今後もさらに良い作品を作って、皆さんに、アートの分野で自立できるようになっていただくことを期待する。」と述べました。
(担当:障がい福祉室自立支援課)

3月25日(金曜日) うめきたフェスティバル2016オープニングレセプション

レセプションで来賓あいさつを行う知事知事は、3月25日(金曜日)から4月3日(日曜日)まで開催される「うめきたフェスティバル2016」のオープニングレセプションに出席しました。
「うめきたフェスティバル2016」は、世界に開かれた新しいまち「うめきた」の実現に向け、今春4月26日にまちびらき3周年を迎えるグランフロント大阪において、大阪からの魅力発信、さらなる国内外からの来街・交流促進、地域コミュニティの活性化などを目的として開催されたものです。
知事はあいさつにおいて、「日本には東京一極だけではなく大阪を含め二極ある。その大阪の拠点が、この「うめきた」。皆さんとともに力を結集し、大阪、「うめきた」という名前を世界に知られるエリアにしていきたい。」と述べました。
(担当:住宅まちづくり部都市空間創造室)

3月25日(金曜日) 張 仁久 台北駐大阪経済文化弁事処処長の表敬訪問

張処長と知事張 仁久 台北駐大阪経済文化弁事処処長が、着任あいさつのため、知事を表敬訪問されました。
知事は、処長の着任に対して歓迎の意を表するとともに、「台湾から多くのお客さまに大阪へお越しいただき、嬉しく思っている。お客さまにもっと楽しんでいただけるよう、近く民泊をスタートするなど取り組みを進めているので、処長のお力添えもいただきたい。」と述べました。
張処長は、「経済面においても、台湾と大阪、日本はよい関係を保っており、互いに信頼できるパートナー。これからもさらにウィンウィンの関係を築いていきたい。」と述べられました。
(担当:都市魅力創造局国際課)

3月19日(土曜日) 平成27年度大阪府消防表彰式

受章者に表彰状を授与する知事府内の消防本部、消防団、自主防災組織など消防に対する功績が多大な個人及び団体に対して表彰を行う「平成27年度大阪府消防表彰式」が大阪市中央公会堂で開催されました。
知事はあいさつにおいて、「大災害などが発生した時に、府民が頼りにするのは、災害現場で活動する皆さんだ。今後とも、第一線で活躍する皆さんとの連携を強固にしながら、府民の安全・安心のため、共に取り組みを進めていきたい。本日の受章を契機として、更なるご活躍を期待する。」と激励しました。
(担当:危機管理室消防保安課)

3月14日(月曜日) ハッピーJOBフェア

来場者に応援メッセージを送る知事大阪梅田のハービスホールで開催された合同企業説明会「ハッピーJOBフェア」に知事が出席しました。ハッピーJOBフェアは復職・転職をめざす女性を対象に実施した合同企業説明会で、同時開催の「OSAKAジョブフェア」(若年求職者対象の合同企業説明会)と合わせて1,600人以上が来場しました。知事は来場者に「女性、若者の力が大阪で必要とされている。いろいろなブースで企業の人の話を聞き、自分をPRして欲しい。」と応援メッセージを述べました。
(担当:雇用推進室就業促進課)

3月14日(月曜日) フィリピン貿易産業大臣 エイドリアン ソリアノ クリストバル Jr.氏の表敬訪問

クリストバル貿易産業大臣と知事フィリピン共和国 エイドリアン ソリアノ クリストバル Jr.貿易産業大臣が知事を表敬訪問されました。
このたびの表敬訪問は、今年1月に知事がフィリピンを訪問した際に、同大臣と面談したことがきっかけで実現したものです。大臣は「大阪とフィリピンは友好的な経済関係にある。大阪の優れた技術をフィリピンにもご提供いただき、相互に成長していきたい。」と述べられました。知事は大臣の訪問を歓迎し、「大阪には日本トップレベルの技術やオンリーワンの技術をもつ企業が多い。大阪の優れた技術をフィリピンでも活用していただきたい。」と述べました。
(担当:成長産業振興室 立地・成長支援課)

3月9日(水曜日) ホーチミン市高校生・大学生訪問団の表敬訪問

ホーチミン市高校生・大学生訪問団と知事グローバルリーダー育成・留学促進事業により、大阪府の友好交流先であるベトナム・ホーチミン市から3月7日から3月13日まで大阪へ派遣された高校生・大学生訪問団19人が、知事を表敬訪問しました。
知事は歓迎の意を表するとともに、「大阪府とホーチミン市は皆さんのような若い世代の交流に力を入れている。今回のプログラムを通じて大阪を好きになり、次回は留学生として再び大阪へ来られることを期待している。」と述べました。
タン団長は、「皆さんの温かい歓迎に感謝している。大阪の人、文化といった様々なことを学び、友好関係の発展につなげたい。」と述べられました。
(担当:都市魅力創造局国際課)

3月5日(土曜日) 関西広域連合議会平成28年3月定例会

発言する知事関西広域連合議会平成28年3月定例会が開催され、知事が出席しました。
連合議会では、平成28年度予算案や27年度補正予算案などが審議・可決されました。これに先立ち知事は、担当の広域産業振興分野の平成28年度予算案について提案説明を行うとともに、一般質問において、「メディカル ジャパン」における広域連合事業の実績や昨年からの改善点、また、産業クラスター及び関西イノベーション国際戦略総合特区の域内への波及効果などについて答弁を行いました。
(担当:企画室地域主権課)

3月1日(木曜日) 平成27年大相撲大阪場所優勝力士に対する楯贈呈式

楯を贈呈する知事平成28年大相撲大阪場所が、3月13日(日曜日)からエディオンアリーナ大阪(大阪府立体育会館)で開催されるにあたり、前年優勝力士の横綱白鵬関に対し、知事賞の優勝楯を贈呈しました。
知事は、「白鵬関にとって、大阪場所は特に縁起の良い場所なので、千秋楽に伺う際には、優勝した姿を見せていただきたい。」と激励しました。
白鵬関は「知事から賜杯をもらえるように頑張りたい。」と抱負を述べられました。
(担当:都市魅力創造局文化・スポーツ課)

このページの作成所属
府民文化部 府政情報室広報広聴課 広報広聴グループ

ここまで本文です。