知事の動き(平成27年(2015年)12月)

更新日:平成28年7月29日

12月28日(月曜日) 大阪天満宮招福娘の来訪

訪問を受ける知事大阪天満宮招福娘が大阪府民の皆さんに福を授けるため来庁されました。招福娘は、縁起物の「福箕(ふくみ)」を、府民を代表して知事に授けた後、来年が輝かしき良き年となるよう祈念するためえびす締を行いました。知事は「毎年、福を授けていただきありがとう。預かった福を大きなものにしていき、皆さんのような若い方々のためにも励みたい。」と述べました。
(担当:秘書課)

12月25日(金曜日) 百舌鳥・古市古墳群の世界遺産登録を応援する府民会議

発起人の方々と知事「百舌鳥・古市古墳群」の世界文化遺産登録について、多くの人々が理解を深め、一体となって取り組みを進めていくことを目的に、経済団体、歴史文化に造形の深い文化人等11人が発起人となり、「百舌鳥・古市古墳群の世界遺産登録を応援する府民会議」が立ち上がりました。第1回の会議に来賓として出席した知事は、「大阪全体が一つにまとまって、百舌鳥・古市古墳群の大阪初の世界文化遺産登録をめざしてがんばっていきましょう。」と呼びかけました。
(担当:都市魅力創造局魅力づくり推進課)

12月16日(水曜日) 防衛省近畿中部防衛局次長が防衛白書説明のため訪問

佐藤次長から防衛白書説明を受ける知事佐藤隆章 近畿中部防衛局次長が、平成27年版防衛白書の説明のために知事を訪問しました。
知事は、「最近のわが国周辺の安全保障関連事象」「平和安全法制の主要事項」「大規模災害などへの対応」などについて説明を受けました。また、同席した中野義久 自衛隊大阪地方協力本部長からは、自衛隊員の募集について説明があり、府内市町村を含め引き続き密接な連携を図る重要性について意見交換を行いました。
(担当:危機管理室災害対策課)

12月14日(月曜日) 関西経済同友会要望受け

関西経済同友会 村尾代表幹事から要望書を受け取る知事関西経済同友会の村尾代表幹事、䕃山代表幹事等が知事を訪問され、経済の再生や行財政改革に関する要望書が手渡されました。村尾代表幹事は、「大阪・関西経済の活性化を目指した成長戦略を引き続き、全力をあげて取り組んでいただきたい。二重行政の解消にもご尽力いただきたい。」と述べられました。
知事は、「関西経済同友会の皆さんとは、ほぼ考え方は一致していると思う。今度、副首都推進本部を大阪府と大阪市で立ち上げていきたい。そこに経済界の皆さんにも入っていただきたい。」と述べました。
(担当:政策企画部企画室政策課)

12月11日(金曜日) 関西圏(第7回)国家戦略特別区域会議

会議に出席する知事知事は国から指定を受けている国家戦略特区に関し、新たに取組む規制改革事項等を盛り込んだ区域計画を取りまとめるための関西圏(第7回)国家戦略特別区域会議に出席しました。その中で、府議会9月定例会において関連条例が成立した外国人滞在施設経営事業に関して、「インバウンドの活用は今後の我が国の成長に大きく寄与するものと考えられるので、大阪府としても、大いにこの事業が活用されることを期待している。」と述べました。
(担当:戦略事業室特区推進課)

12月7日(月曜日) 大阪府障がい者週間知事表彰及び心の輪を広げる障がい者理解促進事業表彰式

表彰状を読み上げる知事12月3日から9日の障がい者週間にあたり、障がい福祉の推進に貢献された方および自立し、他の障がい者の方の模範となる方を表彰しました。また、障がい者に対する理解の促進を図るため募集した「心の輪を広げる体験作文」と「障がい者週間のポスター」の入賞者をそれぞれ表彰しました。表彰式において知事は、「皆さんの取り組みに対しては、感謝の念に堪えない。今後とも障がい福祉施策に力を入れてゆく。」と述べました。
(担当:障がい福祉室障がい福祉企画課)

12月7日(月曜日) 第94回全国高等学校サッカー選手権大会 大阪代表校の知事・議長表敬訪問

阪南大学高等学校サッカー部の皆さんと記念撮影する知事12月30日から開催される、第94回全国高等学校サッカー選手権大会に大阪代表として出場される阪南大学高等学校サッカー部の皆さんが、出場の報告のため知事と府議会議長を表敬訪問しました。
知事は、「予選で毎年いいところまで進みながら全国に行けなかった経験を乗り越えての初出場、おめでとう。普段どおりの力を出せば優勝も夢ではない。けがに気を付けてベストコンディションで臨み、ぜひ優勝の報告に来てほしい。」と激励の言葉を述べました。
(担当:私学・大学課)

12月4日(金曜日)  タイ王国 国王陛下ご誕生88周年記念祝賀会 

タイ王国記念祝賀会に参加する知事タイ王国大阪総領事館が主催するタイ王国国王陛下ご誕生88周年記念祝賀会に、知事が出席しました。
知事は、メーナパン総領事をはじめ総領事館の皆様の大阪とタイの交流へのご尽力に対し感謝の意を表するとともに、「日本を訪れるタイからの観光客は前年より45%増えている。大阪・光の饗宴2015が開催されているこの機会に、タイからさらに多くの方にお越しいただき、緊密な関係をより発展させたい。」とあいさつしました。
(担当:都市魅力創造局国際課)

12月3日(水曜日)  府庁マルシェ訪問

障がい福祉施設の方々とお話しながらパンを購入する知事障がいのある方が作ったお弁当やパン、雑貨等を販売することで、障がいのある方の販売スキルや工賃(賃金)の向上をめざす「府庁マルシェ」を開催しました。会場を訪れた知事は、障がい福祉施設の方々と交流し、皆さんが心を込めて作ったバッグやパンを購入ました。
また、「こさえたんサポーター(※)」にもずやんと一緒に登録し、サポーターの一員になるとともに、「みなさんにぜひサポーターになっていただき、障がいのある方々の工賃が少しでも上がるようにしていきたい。」と述べました。
(※11月に発足した、府民が積極的に障がい福祉施設の製品の購入・PR等を行うことで、障がいのある方の「働く」ことを応援する登録制度)
(担当:障がい福祉室自立支援課)

12月2日(水曜日) 大阪中学校駅伝競走大会優勝校 府立修徳学院(柏原市立桜坂中学校)の表敬訪問

知事と修徳学院(桜坂中学校)の選手たち11月15日に開催された大阪中学校駅伝競走大会で優勝した府立修徳学院(柏原市立桜坂中学校)陸上部の選手たちが知事を訪問しました。
選手たちは、優勝報告を行うとともに、日々の練習に励んだこと、一本のたすきをつなぐ仲間との努力、これまで支援してくれた方々への感謝を述べました。また、12月13日に開催される全国中学校駅伝大会に向けて、自分たちの想いを込めた「掛け声」を選手全員で披露し、最後まで頑張り抜くという決意を語りました。
知事は、大阪大会での優勝に対するお祝いを述べるとともに、「皆さんには信じられる仲間がいる。応援してくれる人もたくさんいる。全国大会でも全力を出してほしい。」と激励しました。
(担当:子ども室家庭支援課)

このページの作成所属
府民文化部 府政情報室広報広聴課 広報広聴グループ

ここまで本文です。