知事の動き(平成27年(2015年)8月)

更新日:平成28年3月7日

8月28日(金曜日) 大阪府職員表彰 表彰式

受賞者と知事通常の職務内容の範囲を超えて、職務を遂行し、府政に貢献した職員を表彰する「優秀職員等表彰」2名と、事務改善や府民サービスの向上に取り組み、意欲的な職務遂行で成果をあげた職員を表彰する「活躍職員等表彰(チャレンジ表彰)」2組(団体2組)に対する表彰式を行いました。
知事は、「府民の安全、安心、命を守るという公務員としての基本を忘れることなく職務に取り組み、それぞれが素晴らしい成果をあげられたことに心から感謝する。これからも、さまざまなアイデアを出し、府民の皆さんからより信頼されるような組織となるように、力を発揮してほしいと思う。」と述べました。
(担当:人事局人事課)

8月27日(木曜日) 「2015 全日本ジュニア・ユース綱引選手権大会」優勝チームの表敬訪問

知事と記念撮影する「八尾タートルズ」の選手たち

知事と記念撮影する「八尾ドリームタートルズ」の選手たち

平成27年8月2日に東京都駒沢オリンピック公園総合運動場体育館で開催された「2015全日本ジュニア・ユース綱引選手権大会」の男子ジュニア320キログラム以下の部で優勝を果たした八尾タートルズの選手10人(写真上段)およびユース420キログラム以下の部で優勝を果たした八尾ドリームタートルズの選手7人(写真下段)が知事を訪問し、優勝報告を行いました。
知事は、選手たちに優勝に対するお祝いの言葉を述べるとともに、「綱引きはチームワークの競技です。皆さんの素晴らしいチームワークによって、念願の優勝を手に入れることができたと思いますので、今後より一層活躍されることを期待します。また、勉強のほうも頑張ってください。」と述べました。
(担当:都市魅力創造局文化・スポーツ課)

8月27日(木曜日) 大阪府への寄附に対する感謝状贈呈式

感謝の言葉を述べる知事大阪府の基金へ一定額以上のご寄附をいただいた方に対して感謝状贈呈式を行いました。知事は、「皆様からいただいたご厚志に深く感謝する。それがしっかりと形になるように、工夫をしながら行政の舵取りをしていきたい。」と感謝の言葉を述べました。また、ご出席いただいた寄附者の皆様と懇談、記念撮影を行いました。
(担当:教育総務企画課)

8月26日(水曜日) 第70周年インドネシア共和国独立記念祝賀会

あいさつする知事在大阪インドネシア共和国総領事館が主催するインドネシア共和国独立記念祝賀会に知事が出席しました。
あいさつの中で知事は、プラティグニョ総領事をはじめ総領事館の皆様の日頃のインドネシアと大阪の交流への御尽力に対し感謝の意を表するとともに、「インドネシアと大阪は長年にわたって良好な関係を築いてきました。特に大阪府の友好提携先である東ジャワ州とは高校生の相互派遣事業が実現するなど、実りの多い交流が続いています。今後もビジネスや観光、青少年交流など幅広い分野でインドネシアとの友好関係を深めていきたいと思います。」と述べました。
(担当:都市魅力創造局国際課)

8月25日(火曜日) おおさか魅力満喫キャンペーン記者発表会

記者発表会での知事国の「地域活性化・地域住民生活等緊急支援交付金」を活用し、府内消費の喚起・拡大を図ることを目的として実施する「おおさか魅力満喫キャンペーン」の開始に先立ち、記者発表会を正庁の間で行いました。
発表会の中で知事は、今回のキャンペーンで是非体験していただきたい大阪府内の魅力として、「水都大阪」「大阪府日本万国博覧会記念公園」「大阪ワイン」などをスライドと共に紹介し、「これから、秋の行楽シーズンも控えている。ぜひ、この機会に一人でも多くの方々に大阪の魅力を満喫していただければと思う。」と述べました。
(担当:都市魅力創造局企画・観光課)

8月25日(火曜日) 「おしゃれもずやん」プロジェクト 発表式

大阪文化服装学院の皆さんと知事

上田安子服飾専門学校の皆さんと知事

一般社団法人大阪府専修学校各種学校連合会と同連合会加盟の2校のご協力により、もずやんの衣装を無償で作成していただいた「おしゃれもずやん」プロジェクトの、完成発表式が行われました。学校法人ミクニ学園大阪文化服装学院は「お祭り」をテーマに、学校法人 上田学園上田安子服飾専門学校は「武者」をテーマにそれぞれ作品を制作しました。知事は「両校の皆さん本当にありがとうございます。もずやんは、この衣装と共に府政をしっかりPRしていきます。」と述べました。
(担当:府政情報室広報広聴課)

8月24日(月曜日) 「第37回全国スポーツ少年団軟式野球交流大会」優勝チームの表敬訪問

知事と記念撮影する新家スターズの選手たち平成27年8月1日から4日にかけ、徳島県内で開催された「第37回全国スポーツ少年団軟式野球交流大会」で優勝を果たした新家スターズの選手19人と関係者が知事を表敬訪問し、優勝報告を行いました。
知事は、選手たちに全国大会優勝に対するお祝いの言葉を述べるとともに、「今年の優勝で満足することなく、来年もまた日本一になれるよう頑張ってください。また、皆さんの日々の生活をサポートしてくれているご家族、保護者、指導者の方々への感謝の気持ちを忘れることなく、これからも一生懸命、野球や勉強に励んでください。」と述べました。
(担当:都市魅力創造局文化・スポーツ課)

8月24日(月曜日) 大阪府とエースコック株式会社との「もずとも協定」の締結および「産経新聞 大阪ラーメン」の新パッケージ発表

産経新聞大阪ラーメンを試食する知事大阪府では、広報担当副知事もずやんと友情を育み、大阪府政の広報に協力される方を「もずとも」として協定を締結しています。このたび、第1号としてエースコック株式会社と協定を締結しました。この協定により、同社が発売する大阪産(もん)にも認定されている「産経新聞 大阪ラーメン」の新パッケージにもずやんが起用されることになりました。締結式に出席した知事は、エースコック株式会社村岡社長と協定書を手交。また、同ラーメンを試食し、「これぞ、大阪の味、うまい。」とコメントしました。
 (担当:府政情報室広報広聴課)

8月12日(水曜日) T.アムストロング・チャングサン在大阪・神戸インド総領事の表敬訪問

インド総領事と知事T.アムストロング・チャングサン在大阪・神戸インド総領事が、着任あいさつのため知事を表敬訪問されました。
知事は、「2年前にインドを訪問した際、温かく迎えていただき感謝している。医薬品を中心にインドと大阪の経済交流の発展を望んでいる。インドと関西を結ぶ直行便の実現にも働きかけをしてほしい。」と述べました。
チャングサン総領事は、「知事がインドを重視して下さっていることに感謝している。インドのモディ首相が、就任後初めて日本を訪れた地が関西であるため、インド中の州が関西に注目をしている。大阪ひいては日本とインドとの経済交流や人的交流にさらなる力を入れていきたい。」と述べられました。
(担当:都市魅力創造局国際課)

8月8日(土曜日) 第27回なにわ淀川花火大会

あいさつする知事地域のボランティアスタッフが周辺企業・団体・商店などと協力して実施している「なにわ淀川花火大会」が開催されました。なにわの夏の風物詩として定着している本大会。昨年は台風の影響で、開催から初めて中止となりましたが、今年は無事に27回目を迎え、趣向を凝らした壮麗な花火が、会場に訪れた多くの人たちを魅了しました。
知事は、オープニングで「この淀川花火大会。昨年の分も二倍、盛り上がっていきましょう。」とあいさつした後、小嶋大会運営委員会会長、橋下大阪市長、中山泰秀衆議院議員とともに、花火大会のスタートを飾るオープニング花火打ち上げの点火スイッチを押しました。
(担当:都市魅力創造局企画・観光課)

8月5日(水曜日) 戦後70年平和祈念・大阪戦没者追悼式

式辞を読む知事先の大戦で尊い命をささげた戦没者等に対し哀悼の意を表すとともに、再び戦争の惨禍が繰り返されることのないよう、その教訓を次世代に語り継ぎ、各世代が共に恒久平和を誓うことを目的とした戦後70年平和祈念・大阪戦没者追悼式が、戦没者等のご遺族ならびにご来賓の出席のもと大阪市と合同で行われました。
主催者を代表して知事は、「本年は、戦後70年の節目の年にあたります。今、私たちが享受する平和と繁栄は、戦没者の方々の尊い犠牲の上にあることを決して忘れてはなりません。平和で豊かな今日においてこそ、再び戦争の惨禍が繰り返されることのないよう、その教訓を次の世代に語り継ぎ、世界の恒久平和の確立に努めることが、私たちに課せられた重大な責務であると確信いたします。」と述べました。
(担当:地域福祉推進室社会援護課)

8月3日(月曜日)・4日(火曜日) 管理職研修

訓辞を行う知事課長級以上の職員を対象とした管理職研修で訓辞を行いました。2日間で553人が参加し、知事は「広範な府政の課題を、迅速かつ確実に解決していくためには、管理職の組織マネジメントや人材育成が重要です。大阪の再生のための改革を成し遂げるには、皆さん一人ひとりが府政全体を意識し大きな力を発揮する必要があります。ビジネスでの厳しい競争の中、組織を束ねてこられた経営者の方の講演を通して、組織マネジメントや時代の変化への対応、改革を実現するための心構えなど、民間で培われた経営感覚を、じかに感じとってもらい、それぞれの職場で生かしてください。」と述べました。
(担当:人事局人事課)

8月3日(月曜日) 駐日タンザニア連合共和国特命全権大使の表敬訪問

ブリアン大使と知事バチルダ・サルハ・ブリアン 駐日タンザニア連合共和国特命全権大使が、知事を訪問されました。
ブリアン大使は、「タンザニアは、近隣のアフリカ諸国に比べ経済成長が著しく、今度のアフリカ経済会議に向けても投資を呼び込むことが非常に重要な論点になっている。大阪の企業にもタンザニアに来てほしい」と述べられました。
知事は、「大阪の中小企業の技術はトップレベルで、新エネルギー分野や環境技術は素晴らしいものをもっている。そうした企業の希望をしっかりと聞き、タンザニアにも大きなビジネスチャンスがあることを伝えていきたい。」と述べました。
(担当:都市魅力創造局国際課) 

8月1日(土曜日) 水都大阪2015オープニングイベント

他の主催者と一緒に、来場者に手を振る知事道頓堀開削400周年、大阪城まちづくり400年など大阪の節目の年にあたる2015年シンボルイヤーを水辺から盛り上げる“水都大阪2015”のオープニングイベントを開催しました。
知事は、“水都大阪2015”を主催する水と光のまちづくり推進会議(大阪府、大阪市、経済団体などで構成)の副会長として、「夏から秋にかけて水の回廊を舞台にさまざまなプログラムを実施し、水都大阪の魅力を発信していきたい。」と述べました。
(担当:都市魅力創造局魅力づくり推進課)

8月1日(土曜日) 「大坂の陣シリーズ」オリックス・バファローズのホームでスピーチと特別始球式

特別始球式でボールを投げる知事大阪で活躍する野球やサッカーのプロスポーツチームと大阪府が連携した都市魅力発信事業「大坂の陣シリーズ」の第2弾として、プロ野球オリックス・バファローズのホーム「京セラドーム大阪」で行われた「オリックス・バファローズ対東北楽天ゴールデンイーグルス」戦において、知事がスピーチと特別始球式を行いました。知事は、大坂の陣から400年および道頓堀川開削400周年にちなんで背番号「400」、「ICHIRO」の名前が入ったユニフォーム姿でマウンドに登場。「400年前は非常に悔しい思いをしたが、日本には東京だけでなく大阪もあることを徹底的にアピールしていきたい。また、夕方からは水都2015のイベントを実施しているので、野球観戦終了後、道頓堀に来て欲しい。」と述べた後、キャッチャーミットをめがけてノーバウンドでボールを投げました。
(担当:都市魅力創造局文化・スポーツ課)

このページの作成所属
府民文化部 府政情報室広報広聴課 広報広聴グループ

ここまで本文です。