知事の動き(平成26年(2014年)11月)

更新日:平成27年11月23日

11月30日(日曜日)関西広域連合議会平成26年11月臨時会

答弁している知事

関西広域連合議会平成26年11月臨時会が開催され、知事が出席しました。
連合議会では、「平成25年一般会計歳入歳出決算認定の件」等が可決されました。また、一般質問において知事は、関西ワールドマスターズ2021、エネルギー政策について答弁を行いました。
(担当:地域主権課)

11月28日(金曜日)大阪府への寄附に対する感謝状贈呈式

お礼を述べている知事

みどりの基金、生物多様性保全基金、共生の森づくり基金、環境保全基金、御堂筋イルミネーション基金、大阪ミュージアム基金、大阪教育ゆめ基金、福祉基金、公益財団法人大阪府育英会に高額のご寄附をいただいた19団体に対して、知事から感謝状を贈呈しました。
知事は、「非常に厳しい財政状況の中、さまざまな分野に多額の寄附をいただき感謝します。ご寄附をいただいた皆様さまの思いにしっかりと添えるように使わせていただきます。これからも府政にさまざまなご指導・ご協力をお願いします。」とお礼を述べました。
また、寄附への思いや大阪府への意見などについて、寄附者と懇談を行いました。
(担当:みどり推進課)

ふるさと納税 笑顔あふれる大阪づくりへの寄附のお願い
http://www.pref.osaka.lg.jp/toshimiryoku/furusato-nozei/index.html

11月27日(木曜日)ファラード・クリフ 駐日チュニジア共和国特命全権大使の来訪

駐日チュニジア共和国特命全権大使と知事ファラード・クリフ 駐日チュニジア共和国特命全権大使が挨拶のため、知事を訪問されました。
知事は、「12月13日から大阪城において、3Dマッピングスーパーイルミネーションが開催される。チュニジアからも多くの観光客に訪問していただけるよう大使のお力添えをお願いしたい。」と述べました。
クリフ大使は、「大阪は経済規模が大きい都市であり、チュニジアの都市との間で親密な関係を築いていければと思う。」と述べられました。
(担当:国際課)

11月27日(木曜日)アフメト・ビュレント・メリチ 駐日トルコ共和国特命全権大使の来訪

駐日トルコ共和国特命全権大使と知事アフメト・ビュレント・メリチ 駐日トルコ共和国特命全権大使が、知事を訪問されました。
メリチ大使は、「このたび大阪で、トルコと日本との国交樹立90周年の記念事業として、ピアノコンサートと、ビジネスセミナーを開催する。今後も様々な分野で、トルコと大阪との協力関係を促進させていきたい。」と述べられました。
知事は、「大阪では、地方税ゼロの制度で日本に進出する企業が活動しやすい環境を整備している。今後もトルコと大阪との交流が加速することを期待する。」と述べました。
(担当:国際課)

11月26日(水曜日)大阪市消防局高度専門教育訓練センター視察

人命救助訓練の様子
出場隊員に対し激励している知事
本年4月に大阪府と大阪市の消防学校が機能統合され、高度かつ専門的な訓練施設として生まれ変わった大阪市消防局高度専門教育訓練センターを知事が視察しました。
救急救命士の養成課程や火災原因調査鑑識の講義、救助隊による人命救助訓練や実際の火災現場と同じような濃煙・熱気が体験できるホットトレーニング施設、大規模災害が発生した場合等に出動する緊急消防援助隊の車両等を視察しました。
また、府内28消防本部による「第2回大阪府下警防技術指導会」及び「大阪府下隊合同訓練」を視察した後、知事は、出場隊員に対し「今後も厳しい訓練に励んでいただき、府内消防の連携を今まで以上に深め、住民のために頑張っていただきたい。」と激励しました。
(担当:消防保安課)

11月14日(金曜日)イベントサロン2014大阪

あいさつしている知事イベント研究の推進と、諸科学横断的な討議・交流の場づくりをめざす「イベントサロン2014大阪(第17回研究大会)」が、イベント学会の主催により大阪府立大学 I-siteなんばで開催され、知事が来賓として出席しました。
知事は、「都市魅力の創造と発信こそ、世界の都市間競争に打ち勝ち、大阪の成長を支える重要な取組みであると考えている」と述べ、引き続き大阪の都市魅力を高める取組みへの理解と協力を求めました。
(担当:都市魅力創造局企画・観光課)

11月12日(水曜日)女性に対する暴力をなくす運動 パープルリボンキャンペーンの開催

キャンペーンで呼びかけている知事配偶者等からの暴力、性犯罪、ストーカー行為など、女性に対する暴力のない社会の実現に向け、通天閣で実施されたパープルリボンキャンペーンに、知事が出席しました。
知事は「どんな事情があっても、決して暴力が許される理由にはなりません。暴力を受け、悩んでいる方は、一人で抱えずに相談してください。暴力で苦しむ人が1人もいなくなるよう、暴力のない社会を実現していきたい。」と呼びかけました。
(担当:男女参画・府民協働課)

11月10日(月曜日)ヤン・ムラーデク チェコ共和国産業貿易省大臣の来訪

チェコ共和国産業貿易省大臣と知事ヤン・ムラーデク チェコ共和国産業貿易省大臣が、知事を訪問されました。
ムラーデク大臣は、「チェコと日本との経済関係は良好で、自動車、ロボット、ナノテクノロジーなどの分野で、チェコには多くの日本企業が進出している。今後も様々な分野における更なる投資を期待している。」と述べられました。
知事は、「大阪には高い技術力をもった中小企業が集積しているので、これらの技術がチェコ共和国の企業との相互協力に役立つことを願っている。」と述べました。
(担当:国際課)

11月10日(月曜日)池原シーサー久美子選手の訪問

池原シーサー久美子選手と知事9月20日に大阪市で行われた世界ボクシング機構(WBO)女子ミニフライ級王座決定戦において、世界チャンピオンになられた池原シーサー久美子選手が知事を訪問されました。
知事は、「大阪に元気をいただき感謝。今、大阪ではスポーツに着目して、スポーツを通じて大阪を元気にする取組みをすすめているところ。これからも防衛し続けて、大阪の顔として、大阪を明るく元気に盛り上げていただきたい。」と述べられました。
(担当:都市魅力創造局魅力づくり推進課)

11月6日(木曜日)「南海トラフ地震等に対する緊急防災対策促進大会」及び提言活動

発言している知事甚大な被害が想定される南海トラフ等の大規模な災害に対して、緊急性の高い防災対策を促進するため、東海から九州までの関係自治体による「南海トラフ地震等に対する緊急防災対策促進大会」が開催され、知事が出席しました。
知事は、「尊い人命を守る上で、各自治体の対策は、いずれも待ったなしの状況。対策を遅滞なく完遂するためには自治体の枠を超えた国家的見地からの対応が不可欠」と述べました。
大会終了後に、国土交通省(太田大臣)、財務省(宮下副大臣)、に対して、提言活動を行いました。
(担当:都市整備部事業管理室)

11月4日(火曜日)ヴァルドワーズ県友好代表団の来訪

フランス・ヴァルドワーズ県第一副議長と知事大阪府の友好交流先であるフランス・ヴァルドワーズ県から、フランソワ・セリエ県議会第一副議長を団長とする友好代表団が知事を表敬訪問されました。
知事は、歓迎の意を表するとともに、「大阪企業の高い技術に興味を持っていただければ嬉しい。今後も学術、経済、文化など様々な分野で連携していきたい。」と述べました。
セリエ第一副議長は、「ヴァルドワーズ県は、1987(S62)年から続く大阪府との友好交流関係を重要視しており、先端技術分野における企業や研究機関、高等教育機関との連携をさらに発展させたい。」と述べられました。
(担当:国際課)

11月4日(火曜日)平成26年秋の叙勲・褒章伝達式

お祝のことばを述べている知事各分野での優れた行いのある方などを表彰する叙勲・褒章の受章者が発表されました。
(大阪府在住の受章者は、叙勲146名、褒章44名)
このたび知事から叙勲35名、褒章2名の受章者の方に伝達を行い、知事は受章者の功労・功績を称えるとともにお祝いを述べました。
(担当:政策企画総務課)
 

11月2日(日曜日)大阪産(もん)五つの星大賞表彰式

受賞者と知事

府内産農林水産物・特産加工品のブランドである「大阪産(もん)」のブランドイメージの向上や普及に貢献した優れた活動を、キラっと輝く星にたとえて称えた「大阪産(もん)五つの星大賞」の表彰式を開催し、出席した知事は、「お集まりの皆さんの力で大阪産(もん)をどんどん広めていただきたい。」と述べました。
表彰式では、大賞を受賞された5組の方々に、知事から表彰状を、大阪産(もん)PR大使であるハイヒール・モモコさんから、副賞の楯がそれぞれ贈られました。また、大阪産(もん)PR大使が府民の代表として共感を覚える活動を選ぶ「大阪産(もん)PR大使賞」を受賞された5組の方々に、ハイヒール・モモコさんから表彰状とサイン色紙が贈られました。
表彰式終了後、知事とハイヒール・モモコさんが「大阪産(もん)大集合」のブースを回り、出展されている方々に応援の言葉をかけられました。
(担当:流通対策室)

11月2日(日曜日)安威川ダム本体建設工事起工式

あいさつしている知事大阪府が施工する安威川ダム本体建設工事の起工式に知事が出席しました。
知事は、「安威川ダムの治水効果に期待している。また、安威川ダム周辺地域は、これからより一層の発展が期待されるエリア。着実に工事を進めるとともに、地域の活性化に取り組んでまいりたい。引き続き、ご協力をお願いします。」と述べ、その後、出席者とともに、鍬入れ式(くわいれしき)に参加しました。
(担当:河川整備課)

11月1日(土曜日)児童虐待防止オレンジリボンキャンペーン オープニングイベント

オープニングイベントに出席している知事すべての子どもが健やかに育つよう、ひとりでも多くの人に児童虐待防止について考え、行動してもらうために、11月の児童虐待防止推進月間に合わせて、児童虐待防止・オレンジリボンキャンペーン オープニングイベントを大阪ステーションシティで行いました。
知事は、広報担当副知事の「もずやん」とともにキャンペーンに参加し、一人ひとりにリーフレットを手渡し、子育て家庭を地域全体で見守ることの大切さなどを訴えました。
(担当:子ども室)

このページの作成所属
府民文化部 府政情報室広報広聴課 広報広聴グループ

ここまで本文です。