知事の動き(平成26年(2014年)10月)

更新日:平成27年11月23日

 10月31日(金曜日)テスラモーターズ・ジャパンの来訪

試乗している知事
取材を受けている知事

米国のEV(電気自動車)ベンチャー企業であるテスラモーターズ社の日本法人、テスラモーターズ・ジャパンの樺山資正代表執行役員社長が、松井知事を訪問されました。
樺山社長から、「自社のEVには、大阪をはじめ日本企業の技術がたくさん使われています。また、大阪エリアから、9月に日本納車を開始した「モデルS」に関する問合せが多数寄せられています」といった話を受け、知事は、「ぜひ大阪府内の特区エリアに進出し、イノベーティブな事業を進めていってほしい」と述べました。
懇談後、知事は「モデルS」に試乗し、「未来の車という感じ。これから車はどんどん進化するが、そこで必要な技術を大阪の中小企業が提供できると思う」と述べました。
(担当:新エネルギー産業課)

  10月30日(木曜日)大阪更生保護女性連盟結成55周年記念大会

お祝いの言葉を述べる知事犯罪や非行に陥った人たちの立ち直りを支える大阪更生保護女性連盟の結成55周年記念大会が、クレオ大阪中央で開催され、知事が来賓として出席しました。
知事は、「地域社会の犯罪・非行の未然防止や、更生保護の活動に取り組んでおられることを大変心強く思います。今後とも、犯罪や非行のない社会づくりにご尽力をお願いします。」と長年にわたる活動への敬意を表すとともに、お祝いの言葉を述べました。
(担当:青少年課)

 10月29日(水曜日)シュリパド・ナイク インド文化・観光大臣の来訪

インド文化・観光大臣と知事シュリパド・ナイク インド文化・観光大臣が、知事を表敬訪問されました。
知事は、「私は昨年、経済ミッションでムンバイを訪問し、発展を続けるインドのパワーを肌で実感した。今後互いに観光客を増やしていくためには、直行便の開設が必要不可欠であり、実現に向けぜひ大臣の力をお借りしたい。」と述べました。
ナイク大臣は、「直行便を就航させることは大変重要であり、ぜひ実現させたい。帰国後、関係部署に働きかけを行いたい。」と述べられました。
(担当:国際課)

 10月26日(日曜日)第4回大阪マラソン

スタート台で手をふる知事
表彰式での知事

秋晴れの下「第4回大阪マラソン」が開催されました。知事は大阪府庁正面玄関前に設置されたスタート台から、3万人のランナーを笑顔で見送りました。広報担当副知事の「もずやん」も応援に駆けつけ、大勢のランナーとハイタッチしました。
また、知事は、ゴール地点のインテックス大阪で行われた表彰式で賞状とメダルの授与を行い「一人でも多くの方々に大阪マラソンで完走する喜びを味わっていただき、みなさんと一緒に大会を盛り上げていきたい。」と述べました。
(担当:都市魅力創造局魅力づくり推進課)

 10月17日(金曜日)大阪府内の福祉施設で働く障がい者が生産される製品の愛称・ロゴマーク表彰 (知事表彰式)

受賞者と知事府内の福祉施設で働く障がい者が生産する製品の「愛称」と「ロゴマーク」の最優秀賞および優秀賞が決定し、表彰式が行われました。「愛称」と「ロゴマーク」は製品の付加価値並びに社会的認知度を高めるために一般公募し、愛称157作品、ロゴマーク197作品の応募の中から、最優秀賞に愛称の「こさえたん Cosaetan」(大門 俊保様)とロゴマーク(角野 靖子様)が選ばれました。
知事は「今後、この愛称・ロゴマークを積極的にPRし、障がい者が生産する製品多くの人に愛され、買ってもらえるよう、バックアップしたい。」と述べました。
(担当:障がい福祉室自立支援課)

  10月17日(金曜日)第14回全国障害者スポーツ大会「長崎がんばらんば大会」大阪府選手団代表壮行会

大阪府選手団のみなさんと知事11月1日から3日まで開催される第14回全国障害者スポーツ大会「長崎がんばらんば大会」に派遣される大阪府選手団代表の壮行会を大阪府公館で行いました。知事は、「選手団の皆さんの中から、2020年の東京パラリンピックの選手として活躍される方が出てこられることを本当に期待しています。大勢の府民も期待していると思いますので、その第一歩の今大会で、ぜひ選手団の勇姿を見せていただきたいと思います。」と激励しました。
(担当:障がい福祉室自立支援課)

  10月12日(日曜日)陸上自衛隊中部方面隊創隊54周年記念式典

祝辞を述べている知事伊丹駐屯地で行われた陸上自衛隊中部方面隊創隊54周年記念式典に知事が出席しました。
知事は、「南海トラフ巨大地震に代表される大規模な自然災害や国民保護事案等の危機事象に対しては、住民の生命財産を守る上で、日頃からの備えと発生後の的確な応急措置や対策が不可欠であり、そのためには、関係自治体と消防、警察、そして自衛隊の皆さんとの強力なスクラムが何より重要。引き続きご支援、ご協力をお願いします。」とお祝いの言葉を述べました。
(担当:危機管理室災害対策課)

 10月11日(土曜日)グエン・スアン・フック ベトナム社会主義共和国 副首相大阪訪問歓迎行事

ベトナム社会主義共和国副首相と知事ベトナム社会主義共和国のグエン・スアン・フック副首相が大阪を訪問され、知事との会談及び昼食会を開催しました。
知事は、フック副首相の大阪訪問に歓迎の意を表するとともに、「大阪には、オンリーワンの技術を有する中小企業等が多く立地しており、府内企業はその高い技術でベトナムの発展に十分貢献できると確信している。こういった大阪の強みを活かして、ベトナムとの経済交流が一層促進されることを願っている。」と述べました。
フック副首相は、歓迎に対するお礼を述べられるとともに、「ベトナムの裾野産業分野の成長を加速させたいので、大阪・関西から、さらに多くの中小企業に進出いただき、共に発展していければと思う。引き続き、知事をはじめ皆様方のご支援、ご協力をお願いしたい。」と発言されました。
(担当:国際課)

 10月10日(金曜日)ミハル・コットマン 駐日スロヴァキア共和国特命全権大使の来訪

特命全権大使と知事ミハル・コットマン 駐日スロヴァキア共和国特命全権大使が、松井知事を訪問されました。
知事は、「大阪は、世界から様々な企業を誘致するため、国家戦略特区の指定を受け、企業が活動しやすい環境を整備している。スロヴァキアから日本に進出する企業が増えるよう、大使のお力添えをいただきたい。」と述べました。
コットマン大使は、「まさに本日、大阪に名誉領事館を開設した。経済・観光・留学生などの分野で名誉領事館を通じてスロヴァキアと大阪、関西とのつながりが深まっていくことを期待している。」と述べられました。
(担当:国際課)

 10月7日(火曜日)チャン・ドゥック・ビン 在大阪ベトナム社会主義共和国総領事の来訪

総領事と知事チャン・ドゥック・ビン 在大阪ベトナム社会主義共和国総領事が着任挨拶のため、知事を訪問されました。
知事は、「大阪には、作れないものはないと言われるぐらい優れた技術力を持った中小企業が集積している。大阪の技術力は、ベトナムのインフラ整備に役立てることができると思う。」と述べました。
ビン総領事は、「私は任期中、外交は当然のことながら、貿易、経済、投資関係を更に促進していきたいと考えている。知事はじめ皆様方のご協力、ご支援をお願いしたい。」と述べられました。
(担当:国際課) 

 10月4日(土曜日)大阪エヴェッサの開幕戦 

セレモニーでの知事BODYMAKERコロシアム(大阪府立体育会館)で開催された、プロバスケットボールチーム(bjリーグ所属)の大阪エヴェッサのホーム開幕戦(対戦相手:ライジング福岡)において、知事が大阪府広報担当副知事の「もずやん」と供に、試合前のセレモニーに出席しました。
知事は、「大阪エヴェッサには、小学校の子どもたちにトッププロの技術で直接指導するなど、大阪府の事業に協力していただいています。ぜひ、優勝を勝ち取って、大阪を明るく元気に盛り上げていただきたい。」と激励の言葉を述べられました。
(担当:都市魅力創造局魅力づくり推進課)

 10月1日(水曜日)大坂の陣400年天下一祭 出陣式

オープニングセレモニーでの知事2014年、2015年に大坂冬の陣・大坂夏の陣から400年を迎えるのを契機に、大阪の歴史や文化など、大阪全体の魅力を広く発信する「大坂の陣400年天下一祭」のオープニングセレモニーとなる出陣式をが、大阪城公園内に新たに設置された侍ミュージアム・武将ホール前で開催しましたされました。知事は、大阪市長、橋爪紳也大坂の陣400年プロジェクト実行委員会委員長、大坂の陣400年天下一祭特命応援隊長の和田アキ子さん、副隊長の片岡愛之助さん、大阪府広報担当副知事もずやんと共に陣羽織姿で出席しました。
開会の挨拶の中で知事は、「今年来年と天下一祭をみんなで盛り上げて、大阪という名前を世界にとどろかせ、大勢の方に大阪にお越しいただけるイベントを作り上げたい。」と述べました。
(担当:都市魅力創造局企画・観光課)

このページの作成所属
府民文化部 府政情報室広報広聴課 広報広聴グループ

ここまで本文です。