知事の動き(平成26年(2014年)7月)

更新日:平成27年11月23日

7月31日(木曜日)IR(統合型リゾート)ビジネスフォーラムOSAKA

あいさつしている知事グランフロント大阪で開催された日経BP社主催の「IR(統合型リゾート)ビジネスフォーラムOSAKA」に、知事が出席しました。知事は、「人口減少社会を迎える中、世界に類を見ないIRを大阪に立地することは、関西及び日本全体の成長に大きく寄与すると私は確信している。関連産業の裾野も広く、大きな雇用創出効果も期待できる。大阪府民・市民の理解を求めながら、IRを核とした東アジアの情報文化創造発信拠点・大阪を目指したいと考えている。」とあいさつしました。
(担当:企画・観光課)

7月28日(月曜日)AIU米国高校生国際交流プログラム参加者の来訪

米国の「高校生外交官」と知事AIU損害保険株式会社が協賛する、AIU米国高校生国際交流プログラムの参加者、米国の『高校生外交官』20名が知事を訪問され、その後、府立高校の生徒(24名)とのディスカッションを行いました。
知事は、大阪への訪問に歓迎の意を表するとともに、後のディスカッションで、日米高校生の絆を築いてもらいたいと述べました。
また、知事は、米国の『高校生外交官』からインタビューを受け、知事となった理由や大阪府市統合の意義等を説明し、最後に全員で記念撮影を行いました。
(担当:空港・広域インフラ課)

7月24日(木曜日)関西広域連合と関西経済連合会との意見交換会及び市町村との意見交換会

説明している知事

関西広域連合と関西経済連合会との意見交換会及び市町村との意見交換会が開催され、知事が出席しました。
関西経済連合会との意見交換会では、官民連携の強化を図るため、関西の広域観光・文化振興、今後の国土政策や成長戦略のあり方について意見交換を行いました。知事は、「大阪では観光局がスタートさせた『Osaka Free Wi-Fi』のサービスが府域でどんどん広がっている。簡単につながる仕組みなので、この仕組みを関西広域に広げられないか。」と発言しました。
引き続いて開催された市町村との意見交換会では、近畿市長会、近畿府県町村会長会等の代表者との間で、関西広域連合の各分野事務局における取組、琵琶湖・淀川流域対策に係る研究会、今夏の節電対策等について意見交換を行いました。知事は、担当している広域産業振興分野の取組について説明しました。
(担当:企画室地域主権課)

7月23日(水曜日)「第35回インド衣料品展・第25回インド家庭用品展」オープニングセレモニー

あいさつしている知事

知事はマイドームおおさかで開かれた第35回インド衣料品展・第25回インド家庭用品展のオープニングセレモニーに出席しました。知事は、「このような魅力的なインド製品の展示会が大阪で開催され、活発な商談が繰り広げられることは、誠に有意義であり、これを機に、インドと大阪、そして日本との貿易のさらなる発展につながることを願っています。」とあいさつしました。
(担当:成長産業振興室立地・成長支援課)

7月22日(火曜日)泉州9市長と知事との意見交換会

あいさつしている知事泉州市町長会が主催する泉州地域(堺市・岸和田市・泉大津市・貝塚市・泉佐野市・和泉市・高石市・泉南市・阪南市)の市長との意見交換会が開催され、幹事である岸和田市の信貴市長の進行により、泉州地域の課題等に関する忌憚のない意見が交わされました。
出席した知事は、「東京だけが発展するのではなく、民間が活躍できる環境を整備し、国内外から企業や人材を集め、しっかり稼げる大阪を作っていきたい。」とあいさつしました。
(担当:市町村課)

7月18日(金曜日)リニア中央新幹線全線同時開業推進協議会設立総会及び推進大会等

設立総会であいさつしている知事

リニア中央新幹線の大阪までの開業は、東京・名古屋開業から18年遅れとなっており、大阪・関西はもとより我が国の経済成長に大きなマイナスをもたらすとの危機感を共有する関西経済界、大阪府市が一致団結し、東京・大阪間の早期全線同時開業に向けた活動を強力に展開するため、「リニア中央新幹線全線同時開業推進協議会」を設立し、設立総会に知事が出席しました。
 総会では、協議会の運営体制や取り組みの方向性等について議論され、大阪府知事、関西経済連合会会長を共同代表とし、現行の整備計画(名古屋〜奈良市附近〜大阪)を前提に、全線同時開業に向けた取り組みを推進することを確認しました。
 総会後に行われた「リニア中央新幹線全線同時開業推進大会」では、全線同時開業を、国及びJR東海に対し、関係者が一致協力して強力に働きかけていくとの決議文を知事が読上げました。
(担当:空港・広域インフラ課)

7月16日(水曜日)西アフリカ諸国経済共同体加盟6か国駐日特命全権大使一行の来訪

大使一行と知事西アフリカ諸国経済共同体加盟6か国の駐日特命全権大使一行が知事を訪問されました。知事は、大阪への訪問に歓迎の意を表するとともに、「大阪には、環境や新エネルギー分野をはじめ、世界に通用するオンリーワンの高度な技術を持った中小企業が多数集積している。今年10月末に開催を予定しておられるビジネス・フォーラムを通じて、そうした企業とのビジネスチャンスが生まれ、アフリカの発展に寄与できればと思う。」と述べました。ディウフ駐日セネガル共和国特命全権大使が6か国の大使一行を代表して、「ODAだけではなく、民間の経済交流も重要であり、経済の中心地である大阪でのビジネス・フォーラム開催がアフリカと日本双方にとって、有意義なものになることを期待している。」と述べられました。
(担当:国際課) 

7月14日(月曜日)「ウィザーディング・ワールド・オブ・ハリー・ポッター」グランドオープン前夜祭

祝辞を述べている知事 ユニバーサル・スタジオ・ジャパン内にて、7月15日にオープンする「ウィザーディング・ワールド・オブ・ハリー・ポッター」の前夜祭が開催され、知事が出席しました。知事は、株式会社ユー・エス・ジェイのガンペル社長ご夫妻、ユニバーサル・パークス・アンド・リゾーツのウィリアムズ会長らとともにレッド・カーペットに登場し、「ここ大阪にハリー・ポッターの世界を再現したパークを作っていただき感謝します。大阪が成長し、そしてそれと一緒にユニバーサル・スタジオ・ジャパンもさらに世界から多くの人を呼び込んでいただくことを心から祈願しています。」と祝辞を述べました。
式典の締めくくりに、招待された約1000人のゲストとともに魔法の呪文を唱えると、華麗な花火や紙吹雪が舞い上がりました。
(担当:企画・観光課)

7月12日(土曜日)関西広域連合議会第7回産業環境常任委員会

委員会で答弁している知事関西広域連合議会第7回産業環境常任委員会が開催され、知事が出席しました。
同常任委員会では、広域産業振興及び広域農林水産業振興の推進について、各担当から説明がありました。また、質疑では知事が担当している広域産業振興分野について答弁を行いました。
(担当:地域主権課)

7月11日(金曜日)大阪・光の饗宴2014 記者発表

「光のアワード」受賞者と知事御堂筋イルミネーションとOSAKA光のルネサンスをコアプログラムとし、大阪市内の各エリアで展開される民間の光プログラムと一体となって開催する「大阪・光の饗宴2014」の事業概要の記者発表と、あわせて「大阪・光の饗宴2014」のプログラムの一部をデザイン公募した「光のアートアワード」受賞者の表彰式を行いました。
実行委員長としてあいさつした知事は、「『大阪・光の饗宴』を、世界的に有名なフランス・リヨンの『リュミエール祭』のように発展させ、大阪の更なる都市ブランド向上と、国内外からの誘客の促進をめざしていきます。」と述べました。
(担当:魅力づくり推進課)

7月10日(木曜日)河北ブロック市長と知事との意見交換会

あいさつしている知事北河内七市長連絡会が主催する河北ブロック(枚方市・守口市・寝屋川市・大東市・門真市・四條畷市・交野市)の市長との意見交換会に知事が出席しました。会長の竹内枚方市長の進行により、北河内地域の課題等に関する忌憚のない意見が交わされました。
知事は、「大阪が賑わうことによる財源が大阪全体に行きわたり、まさに大阪府民のみなさんに豊かになったと感じていただける大阪を作っていきたい。」とあいさつしました。
(担当:市町村課)

7月7日(月曜日)経済界トップと知事、市長との意見交換会、第3回大阪観光局運営推進協議会及び第3回水と光のちづくり推進会議

発言している知事大阪の都市魅力創造に向けた取組みに関する3つの会議が開催されました。
「経済界トップと知事、市長との意見交換会」で知事は、大阪の都市魅力創造について、「2015年のシンボルイヤーを2020年に向けたキックオフの年としたい。」と提案し、橋下大阪市長や経済界トップの同意を得て、2020年に向け、府、市、経済界が連携を強化し都市魅力向上の取組みを進めていくことを確認しました。
「第3回大阪観光局運営推進協議会」では、大阪観光局から平成25年度の事業報告を受け、大阪観光局評価委員会が提出した大阪観光局事業の評価内容について意見交換を行いました。知事は「概ね目標を達成し、Wi-Fiなど、今後効果のでる事業にも取り組んだ。」と述べ、協議会としての評価を決定しました。
「第3回水と光のまちづくり推進会議」では、水都大阪の活動に取り組む民間事業者(水都大阪パートナーズ)から平成25年度事業報告及び平成26年度事業計画の説明があり、取組み内容について意見交換を行いました。知事は、水辺のにぎわい創出に向け、今後とも取組んでいきたいと述べました。
(担当:都市魅力創造局企画・観光課、魅力づくり推進課)

7月4日(金曜日)「飲酒運転防止ピリオド」広報キャンペーンの開催

キャンペーンでの知事飲酒運転事故が多発する7月に、飲酒運転の防止を図るため、「飲酒運転防止ピリオド」広報キャンペーンをJR大阪駅「時空の広場」で開催しました。
知事は「飲酒運転による交通事故は、悲惨な結果を招きます。絶えず、交通安全の意識を持ってもらうことで、飲酒運転での事故を「0(ゼロ)」にしたい。被害者にならないのはもちろんですが、周りに加害者を作らないよう、みなさんのご協力をお願いします。」と述べました。
(担当:交通道路室道路環境課)

 7月3日(木曜日)アメリカ合衆国独立記念レセプション

あいさつをしている知事

在大阪・神戸アメリカ総領事館が主催するアメリカ合衆国独立記念レセプションに出席し、来賓代表として挨拶しました。
知事は、「アメリカ合衆国の独立記念日を心からお祝いします。今月末に大阪府の高校生がカリフォルニア州に短期留学するプログラムを予定しており、今後も、人と人とをつなげる交流を進めていきたい。」と述べました。
また、7月末にリネハン総領事が離任されることを受け、「ご帰国後も『大阪の大使』という気持ちを心の片隅に留めていただき、さまざまな場面でご協力いただきたい。」と述べるとともに、リネハン総領事のこれまでの活動への感謝の気持ちを表しました。
(担当:国際課)

 

このページの作成所属
府民文化部 府政情報室広報広聴課 広報広聴グループ

ここまで本文です。