知事の動き(平成26年(2014年)6月)

更新日:平成27年11月23日

6月28日(土曜日)第46回関西広域連合委員会及び関西広域連合議会平成26年6月臨時会

発言している知事第46回関西広域連合委員会及び関西広域連合議会平成26年6月臨時会が開催され、知事が出席しました。
連合委員会では、地方分権改革に関する提案募集について、関西広域連合としての具体的な提案内容について協議を行い、近畿圏広域地方計画の策定権限等の項目を基本として、今後、細部を詰めた上で国に提案していくことで合意しました。また、知事からは、国家戦略特区の現状について、6月23日に開催された第1回関西圏国家戦略特別区域会議の内容と今後の予定を報告しました。
引き続き行われた連合議会では、関西防災・減災プラン風水害対策編策定の件等4議案が可決されました。また、一般質問において、知事は、国家戦略特区等を活用した関西経済の活性化等について答弁を行いました。
(担当:地域主権課)

6月27日(金曜日)マッケンジー・クラグストン 駐日カナダ特命全権大使の来訪

大使と知事マッケンジー・クラグストン 駐日カナダ特命全権大使が知事を訪問されました。
知事は、大阪とカナダとの交流促進における大使の御尽力に感謝の意を表するとともに、「大阪は、国家戦略特区の指定を受け、さらなる規制緩和や税制優遇により、今後、新たな分野でのビジネス展開が可能になる。カナダから大阪に進出する企業が増えることを願っている。」と述べました。
クラグストン大使は、「カナダでは日本や大阪の経済力に期待が高まっている。この訪問を機に、今後、エネルギー分野をはじめとする様々な分野で大阪との関係を発展させていきたい。」と述べられました。
(担当:国際課)

6月27日(金曜日)シーザーズ・エンターテイメント社(ゲーリー・ラブマン会長兼CEO)の来訪

シーザーズ・エンターテイメント社CEOと知事アメリカ・ラスベガスを中心に統合型リゾート等を運営しているシーザーズ・エンターテイメント社のゲーリー・ラブマン会長兼CEO及びスティーブン・タイト国際開発部門社長が、松井知事を訪問されました。知事は、「今後、法案審議の状況をみながら、事業者の皆様から様々な提案をいただき、2020年のオリンピックイヤーを目指してIR誘致を進めていきたい。」と述べました。これに対し、会長兼CEOは「シーザーズというブランドは、エンターテイメントに非常に大きな重点を置いて取り組んできた。世界中のセレブリティを呼び込むことができるノウハウがある。ぜひ、大阪でも我々のブランドを展開していきたい。」と述べました。
(担当:企画・観光課)
 

6月24日(火曜日)「東日本大震災復興支援 第27回都道府県対抗ジュニアバスケットボール大会2014」優勝選手の訪問

選手のみなさんと知事平成26年3月に開催された「東日本大震災復興支援 第27回都道府県対抗ジュニアバスケットボール大会2014」で優勝した大阪府代表チームの選手が知事を訪問し、優勝報告を行いました。
知事は、「11年ぶりの優勝は、これまでの先輩たちも含め、みんなが一体となり頑張ってきた結果です。また、東日本大震災復興支援大会ということで、被災地を勇気付ける、素晴らしい成果だと思います。みなさんは大阪府内の別々の中学校から参加し、素晴らしいチームワークで優勝されました。その素晴らしい経験を活かし、次のステップにつなげ、これからも頑張ってください。応援しています。」とお祝いの言葉を述べました。
(担当:都市魅力創造局魅力づくり推進課)

6月23日(月曜日)関西圏国家戦略特別区域会議(第一回)

会議での知事の様子国と関係地方公共団体の長、民間事業者の代表で構成する「関西圏国家戦略特別区域会議(第1回)」が開催され、関西圏の区域計画の素案について審議・意見交換が行われました。知事は、保険外併用療養について、「臨床研究中核病院だけでなく、能力と意欲のある特定機能病院が活用できるようにするべき」、税制について「大阪で実施している『地方税ゼロ』をより効果的なものとするために、地方税軽減相当額は法人税の課税所得へは不算入とすべき」と述べました。また、新藤国家戦略特別区域担当大臣の「(国家戦略特区は)実践とスピードがキーワードだ」という発言を受け、「いつでもスタートできるよう準備したい」と意欲を示しました。
(担当:特区推進課)

6月19日(木曜日)レー・クオク・ティーン在大阪ベトナム社会主義共和国総領事の来訪

知事と総領事レー・クオク・ティーン在大阪ベトナム社会主義共和国総領事が離任の挨拶のため知事を訪問されました。
知事は、総領事が在任中、大阪との交流促進のためにご尽力いただいたことに対し感謝の意を表するとともに、「多くの大阪の企業がベトナムに進出しているので、ベトナム国内において活動しやすくなるよう帰国後もお力添えをお願いしたい。」と述べました。
ティーン総領事は、国家主席をはじめとするベトナム政府要人の来阪時の歓迎に対し、謝意を表するとともに、「帰国後も日本・大阪とベトナムとの関係の発展にできる限り努力していく。」と述べられました。
(担当:国際課) 

6月4日(水曜日)プロスポーツチームと連携した都市魅力発信事業の結団式

右手を重ね、各チームと決意を新たにする知事大阪で活躍する野球・サッカーのトッププロチームが、夏に大阪で主催するゲームを「大坂の陣」と銘打ち、連携して大阪の都市魅力を発信する取組をスタートするにあたり、各チームとの結団式に知事が出席しました。参加したオリックス・バファローズ、ガンバ大阪、セレッソ大阪、阪神タイガースの各代表が、大阪の夏をスポーツで盛り上げる意気込みを熱く述べられたあと、知事は「大阪にたくさんある’おもてなし’ツールの中で、スポーツは最も大きな可能性を秘めたツール。スポーツを通じて大阪の魅力を世界に発信し、より多くの観光客に来ていただくために、プロチームの方々としっかりタッグを組んでいきたい」と述べました。式典の締めくくりには、各参加者が右手を重ね、新しい取組へ向けて決意を新たにしました。
(担当:魅力づくり推進課)

このページの作成所属
府民文化部 府政情報室広報広聴課 広報広聴グループ

ここまで本文です。