知事の動き(平成26年(2014年)5月)

更新日:平成27年11月23日

5月25日(日曜日)レッドブル・エックスファイターズ大阪2014を観戦

取材を受けている知事フリースタイル・モトクロスの世界大会であるレッドブル・エックスファイターズ2014の大阪大会の本戦が大阪城西の丸庭園で開催されました。
日本人を含む世界トップクラスのフリースタイル・モトクロスの選手が大阪城を背景にバイクで華麗な技を披露すると、会場を埋め尽くした観客は惜しみない拍手を送りました。
知事は大会後のインタビューに応じ、「前回は大阪を知ってもらう。そして今回は大阪に来たくなる。大都市・大阪の最高にいい景色を世界に届けられた。」と、大阪の魅力を世界に発信できた喜びを述べました。
(担当:都市魅力創造局企画・観光課)

5月24日(土曜日)平成26年度大阪府地域防災総合演習

訓練であいさつしている知事

大阪府、大阪市及び近畿地方整備局が主催する、水害を想定した防災総合演習を大和川右岸河川敷(藤井寺市川北地先)で実施しました。
知事は水防団、地元の民間企業や防災関係機関による水防工法の実施、通行止め・迂回路誘導等の訓練を視察し、知事自らも藤井寺市長とのホットライン情報伝達訓練や陸上自衛隊への災害派遣要請訓練を行いました。
知事は、「この防災総合演習を通して関係者の連携を深め、災害への備えをより一層強化していただきたい。」と訓練参加者を激励しました。
(担当:事業企画課)

5月14日(水曜日)クリスチャン・マセ 駐日フランス共和国特命全権大使の来訪

知事と大使

クリスチャン・マセ 駐日フランス共和国特命全権大使が知事を訪問されました。
知事は、大使に、大阪とフランスとの交流への御尽力に感謝の意を表するとともに、「大阪は、規制緩和や地方税ゼロの制度で、新たな分野に挑戦しようとする企業が活動しやすい環境を整備している。フランスから大阪に進出する企業が増えることを願っている。」と述べました。
マセ大使は、「フランスは大阪を重要視しており、この訪問を機に、今後、さらに経済や文化など様々な分野で大阪との関係を発展させていきたい。」と述べられました。
(担当:国際課) 

5月14日(水曜日)シーザーズ・エンターテイメント社(スティーブン・タイト社長)の来訪

スティーブン・タイト社長と知事

アメリカ・ラスベガスを中心にIR(統合型リゾート)等を運営しているシーザーズ・エンターテイメント社のスティーブン・タイト国際開発部門社長及びジャン・ジョーンズ上席副社長が、知事を訪問されました。社長から「シーザーズは、アジア、世界にあるIRと違うもの、これぞ日本独特であるという新たなIRを、ここ大阪でつくりだすことができる。」との発言がありました。知事は「日本はアジアのリーダーとして成長を続けなければならない。新たなIRに挑戦していくことが、まさに日本が成長するための手段。やるからにはアジアナンバーワンのIRをめざしたい。」と述べました。
(担当:企画・観光課)

 5月13日(火曜日)密集市街地対策推進チーム発足

発足式で激励する知事大阪府では、平成32年度までに「地震時等に著しく危険な密集市街地」を解消するため、地元市と連携し、密集市街地の木造賃貸住宅等の除却や、道路・公園の整備などを進めています。
確実な目標達成に向けて、さらに取組みを強化するため、関係部局が緊密に連携して具体的な方策を進める「密集市街地対策推進チーム」が発足しました。
知事は、「巨大地震はいつ起こるかわからない。慣れ親しんだ土地を離れたくないという住民の皆さんの気持ちに寄り添いながら、府民の命を守るため、スピード感を持って取り組んでほしい。」と激励しました。
(担当:建築防災課)

 5月12日(月曜日)ラッシュ・ストリート・ゲーミング社(ニール・ブルーム会長)の来訪

ラッシュ・ストリート・ゲーミング社会長と知事

アメリカ・シカゴを中心に統合型リゾート等を運営しているラッシュ・ストリート・ゲーミング社のニール・ブルーム会長が、松井知事を訪問されました。同氏は、「IR(立地)のポテンシャルは大阪が一番高い。ぜひ地元企業と一緒に事業を進めたい。」と、大阪でのIR事業参画に向けた強い関心を示しました。これに対し、知事から「大阪のポテンシャルを高く評価していただき非常に嬉しい。(IR関連の)法律が整えば、事業者の皆様には、今までの発想にはないチャレンジングな提案をいただけると期待している。」との発言がありました。
(担当:企画・観光課)

5月9日(金曜日)第12回大阪府安全なまちづくり推進会議総会

総会であいさつしている知事大阪府安全なまちづくり推進会議では、大阪府安全なまちづくり条例に基づき、府、警察、市町村、事業者、府民及び民間団体等の協働により、安全なまちづくりをめざした府民運動を展開しています。第12回目となるこの日の総会では、今年度の目標として「街頭犯罪抑止活動の推進」と「子どもや女性の犯罪被害の防止」を、また取組み重点テーマには「防犯ボランティア活動の充実」、「防犯カメラ設置など防犯環境整備の拡充」、「少年非行防止に向けた取組の推進」を掲げました。
会議の会長である知事は、「市町村や警察をはじめ、事業者や防犯ボランティアが連携して防犯の取組を推進した結果、取組みを始めた当初より、ひったくり等体感治安に直結する犯罪が減少している。『大阪の成長』の基盤となるのは『安全・安心』の確保であり、社会全体で犯罪を起こさせない気運をつくり出すことで、治安の改善につなげていきたい。」と述べました。
(担当:青少年・地域安全室治安対策課)

5月9日(金曜日)府・市信用保証協会合併認可書交付式

交付式で握手を交わす知事

大阪府中小企業信用保証協会と大阪市信用保証協会の合併について、金融庁及び経済産業省から認可されたことに伴い、知事と橋下大阪市長から、両信用保証協会理事長・会長に対して、合併認可書を交付しました。知事は、「これからも、中小企業や零細企業、そして個人事業者をしっかりサポートしてほしい。」と述べました。
※両信用保証協会は5月19日に合併し「大阪信用保証協会」として新たに業務を開始
(担当:金融課)

5月8日(木曜日)平成26年春の叙勲・褒章伝達式

あいさつしている知事

各分野での優れた行いのある方などを表彰する叙勲・褒章の受章者が発表されました。
(大阪府在住の受章者は、叙勲162名、褒章31名)
このたび知事から叙勲36名、褒章1名の受章者の方に伝達を行い、知事は受章者の功労・功績を称えるとともにお祝いを述べました。
(担当:政策企画総務課)

5月7日(水曜日)憲法施行記念式並びに表彰式

あいさつしている知事

憲法施行記念式並びに表彰式が、大阪国際会議場メインホールで行われました。表彰式では、商工関係、農林水産関係、福祉関係、教育関係等の16分野において顕著な功績のあった394人・16団体の被表彰者の方に対して、知事から表彰を行い、その功労・功績を称えるとともにお祝いを述べました。
(担当:政策企画総務課)

このページの作成所属
府民文化部 府政情報室広報広聴課 広報広聴グループ

ここまで本文です。