知事の動き(平成25年(2013年)11月)

更新日:平成27年11月23日

11月22日(金曜日)北摂市長会

挨拶する知事

北摂地域の7市長(豊中市・池田市・吹田市・高槻市・茨木市・箕面市・摂津市)で構成される北摂市長会に知事が出席しました。北摂地域の課題等についての要望書が北摂市長会会長(箕面市長)から知事に手渡され、7市長と知事との間で意見交換が行われました。
知事はあいさつで、「今の日本を、東京の1極集中で引っ張っていくのは無理だと思います。2極を作っていくには、大阪府と大阪市だけではできません。この北摂市長会、府内の市町村長、それぞれのお力をお借りして、大阪を2極に仕上げていきたい。」と発言しました。
(担当:市町村課)

11月21日(木曜日)第39回関西広域連合委員会、関西広域連合議会平成25年11月臨時会及び第1回近畿ブロック地方産業競争力協議会

発言する知事

第39回関西広域連合委員会、関西広域連合議会平成25年11月臨時会及び第1回近畿ブロック地方産業競争力協議会が開催され、知事が出席しました。
連合委員会では、近畿地方整備局から台風18号による管内の河川の被災状況について近畿地方整備局から説明を受けたほか、関西広域連合エネルギープラン(中間案)について、2020年度に太陽光発電450万kw、再生可能エネルギー全体で600万kwとする重点目標などを決定しました。また知事からは、平成26年度主要事業・予算について、担当している広域産業振興分野の内容を説明しました。
引き続き行われた連合議会では、「平成24年度関西広域連合一般会計歳入歳出決算認定の件」、「関西広域農林水産業ビジョンを定める件」等が可決されました。また、一般質問では、広域産業振興分野の取り組み、国家戦略特区の提案、エネルギー政策について、知事が答弁しました。
連合委員会に先立ち開催された地方産業競争力協議会では、地域戦略の策定、国への緊急提言について意見が交わされ、知事は、「リニア中央新幹線の東京・大阪間の全線同時開業、そのための事業者に対する国の資金支援を提案すべき。」「全線同時開業以外のことについては、近畿は口を出すべきではない。」、「税の減免、医療規制改革といったニーズに合った規制緩和をしっかり提案していくべき。」旨の発言をしました。
(担当:地域主権課)

11月20日(水曜日)マイケル・シアラー在大阪英国総領事の来訪

知事と在大阪英国総領事

マイケル・シアラー在大阪英国総領事が着任の挨拶のため、知事を訪問されました。
シアラー総領事は、「大阪にはビジネスチャンスがあるので、大阪の投資先としての魅力をしっかりとイギリスの企業に紹介したい。」と着任の抱負を述べられました。知事は、「大阪は、特区でローカルタックスをゼロにする制度を作っている。また、24時間空港があり、高い技術を持つ多様な中小企業が集積している。ぜひ、イギリスからも投資していただきたい。」と述べました。
(担当:国際課)

11月18日(月曜日)教育長賞スペシャルプレゼンターに就任した桧山元選手が松井知事を表敬訪問

教育長、桧山元選手、知事

創設された「教育長賞」のスペシャルプレゼンターに阪神タイガースで活躍された桧山元選手が就任され、知事を訪問されました。
この教育長賞は、学校生活において地道な努力を続け頑張っている府立高等学校、府立支援学校の幼児、児童、生徒に対して、誇りと自信をもってもらうため教育長が表彰するものです。
桧山元選手は、表彰状に「謙虚と挑戦」の文言を記し、「どんな世界でも、表舞台で活躍する人、それを裏で支える人がいる。子どもたちには強い気持ちを持って歩んでほしい。」と話されました。知事は「桧山さんは阪神タイガース一筋で活躍されてこられました。子どもたちにもメッセージは伝わるものと思います。」と述べました。
(担当:高等学校課)

11月17日(日曜日)竹内街道・横大路(大道)1400年祭の開催

首長サミットでの知事

難波宮から飛鳥に至る竹内街道・横大路(大道)が敷設されてから、今年で1400年目です。11月17日(日曜日)には、難波宮跡公園を中心に、竹内街道・横大路(大道)1400年祭が開催され、シンポジウムや、街道沿線の物産を紹介する「大道うまいもん市」、大阪府、奈良県、及び沿線10市町村の首長等によるサミット・共同宣言が行われました。日が落ちてからは、大道燈火会が難波宮跡公園を幻想的な光に包みました。
(担当:都市整備部事業管理室)

11月14日(木曜日)公益財団法人黒田緑化事業団への感謝状贈呈式

贈呈式での知事

公益財団法人黒田緑化事業団から、平成24年度に大井水みらいセンター、鴻池水みらいセンター、府道西藤井寺線の3施設に約2,400万円相当のご寄附をいただいたことに対し、知事から感謝状を贈呈しました。同事業団は今年創立40周年を迎えられ、これまで府有施設の緑化に対し延べ155施設に14万本を超える樹木等のご寄附をいただいています。知事は、「みどりが少ないと言われている大阪を、府民が潤いと安らぎを感じる “みどりの風を感じる大都市・大阪”にしたいと考えています。府の財源が限られる中、黒田緑化事業団さんからの40年にわたる多額のご寄附に心から感謝します。」と述べました。
(担当:みどり・都市環境室みどり推進課)

11月11日(月曜日)マヌ・ヴィルタモ 駐日フィンランド共和国特命全権大使の来訪

駐日フィンランド共和国特命全権大使と知事

マヌ・ヴィルタモ 駐日フィンランド共和国特命全権大使が着任の挨拶のため、知事を訪問されました。
知事は、大使の着任に対して歓迎の意を表するとともに、「現在、本府では新たに大阪へ進出する企業に対して日本で唯一、地方税を5年間ゼロとするエリアを設け、海外企業が大阪で活動しやすい環境整備に努めている。大阪への進出に興味を示しているフィンランド企業に紹介してほしい。」と述べました。
ヴィルタモ大使は、「日本に来てまだ約2ケ月半だが、早い時期に関西に来ることができて嬉しく思っている。今後とも、フィンランドと大阪との経済関係を発展させていきたい。」と着任の決意を述べられました。
(担当:国際課)

11月11日(月曜日)ヴァルドワーズ県友好代表団の来訪

セリエ県議会第一副議長と知事

大阪府の友好交流先であるフランス・ヴァルドワーズ県から、フランソワ・セリエ県議会第一副議長を団長とする友好代表団が来阪されました。府庁を訪問されたセリエ第一副議長は、企業や大学関係者など多様な顔ぶれからなる代表団メンバーを紹介し、具体的な交流事業の促進について協議していきたいと述べられました。知事は、皆さんの今回のご訪問により、両府県の間で、企業や大学等の連携がさらに進むことを期待していると述べました。
(担当:国際課)

11月10日(日曜日)平成25年度大阪府・泉北地域3市1町合同防災訓練

訓練での知事

大阪府と泉北地域の泉大津市・高石市・和泉市・忠岡町が主催する地震災害を想定した総合防災訓練を泉大津フェニックスで実施しました。知事は防災関係機関や消防団・自主防災組織による道路啓開・救出救助・緊急物資輸送等の訓練を視察し、閉会式では自助・共助意識の高揚を参加者に訴えました。その後、炊出し訓練で調理された非常食カレーを試食しました。
(災害対策課)

11月8日(金曜日)全国都道府県知事会議

全国都道府県知事会議が総理大臣官邸で開催されました。
会議では、内閣総理大臣と各都道府県知事との懇談の中で、「地域経済の活性化」、「東日本大震災からの復興の加速化」、「地方制度に係る重要政策課題について」など、幅広い意見交換が行われました。
知事は、安倍総理に対し大阪が関西イノベーション国際戦略総合特区において全国初で導入している地方税ゼロの制度を説明し、総理のリーダーシップで国の税制もあわせて考えてもらうよう要請しました。
(担当:政策企画総務課)

11月6日(水曜日)在大阪タイ王国総領事の来訪

在大阪タイ王国総領事と知事

マーノップチャイ・ウォンパックディー在大阪タイ王国総領事が離任の挨拶のため、知事を訪問されました。
知事は、タイ出張やビジネス交流など、在任中のさまざまな協力について感謝の意を述べるとともに、「大阪は現在海外からの誘客に取り組んでおり、タイの皆さまにもっと大阪を訪問していただきたい」と述べました。
マーノップチャイ総領事は、「在任中は多大な協力をいただき、感謝しています。近年、タイから大阪・関西へ観光やビジネスでの訪問が増加しています。今後も大阪の魅力を発信し、大阪とタイとの交流の促進に努めます」と述べられました。
(担当:国際課)

11月5日(火曜日)平成25年秋の叙勲・褒章伝達式

伝達式での知事

各分野での優れた行いのある方などを表彰する叙勲・褒章の受章者が発表されました。(大阪府在住の受章者は、叙勲135名、褒章43名)
このたび、知事から叙勲49名、褒章6名の受章者の方に伝達を行い、知事は受章者の功労・功績を称えるとともにお祝いを述べました。
(担当:政策企画総務課)

11月2日(土曜日)笑働の森・いずみいのちの森記念植樹祭

挨拶する知事

槇尾川上流部において「笑働の森・いずみいのちの森記念植樹祭」が開催され、「ヤマザクラ」や「イロハモミジ」等の記念植樹及び記念碑の除幕式が行われました。槇尾川ダムの事業用地では、ダム建設から河川改修による「真に水害に強いまち」を目指した治水対策への方針転換の後、地域住民をはじめ、大学・企業等との協働による森の再生事業を進めており、知事は「地域の皆様さまの取り組みが、すばらしい成果につながり大変うれしく思います。今後、この森が地域住民にとって都心の中での憩いの場となり、大阪府民にとって愛される場所になるようサポートしていきたいと考えています。」と述べました。
(担当:都市整備部河川室河川整備課)

11月1日(金曜日)大東四條畷消防組合設立許可指令書交付式

交付式での知事

大東市及び四條畷市による大東四條畷消防組合が1日発足し、許可指令書の交付式が行われました。交付式には、大東市・四條畷市消防広域化協議会会長の大東市長をはじめ、同副会長の四條畷市長等が出席し、設立許可指令書が知事から会長に交付されました。同組合は、平成26年4月からの事業開始をめざしています。
知事は、「今後はスケールメリットを活かして、住民の皆さんの安全・安心につなげていけるよう、組合運営に取り組んでいただきたい。」と述べました。
(担当:総務部市町村課)

このページの作成所属
府民文化部 府政情報室広報広聴課 広報広聴グループ

ここまで本文です。