知事の動き(平成25年(2013年)7月)

更新日:平成27年11月23日

 7月25日(木曜日)第35回関西広域連合委員会、関西経済連合会との意見交換会

委員会での知事

第35回関西広域連合委員会および関西経済連合会と関西広域連合との意見交換会が開催され、知事が出席しました。
連合委員会では、中高年齢者を対象とした生涯スポーツの国際大会であるワールドマスターズゲームズの2021年招致について、開催提案書草稿および連合長書簡をIMGA(国際マスターズゲームズ協会)に提出することや、沖縄の米軍基地負担の軽減について、政府に対して申し入れることを決定しました。知事は、国家戦略特区の動向と関西広域連合としての対応について説明しました。
また、連合委員会に先立ち開催された関西経済連合会との意見交換会では、官民連携の強化に向けて、地方分権改革の推進や防災、観光・文化振興、広域交通・物流基盤などのテーマについて意見が交わされました。知事は、産業分野における高度人材の育成・確保や国家戦略特区への対応等について発言しました。
(担当:地域主権課)

7月23日(火曜日)第30回全日本ウェイト制空手道選手権大会中量級優勝の中村昌永選手の来訪

知事と中村選手

61日、2日に開催された第30回全日本ウェイト制空手道選手権大会の中量級で優勝した中村昌永選手が知事を訪問されました。
知事は今回の優勝を讃えるとともに、「稽古は厳しく大変だとは思うが、世界選手権での優勝をめざし、頑張ってください。さらなる活躍を期待しています」と述べました。
(担当:都市魅力創造局生涯スポーツ振興課)

7月4日(木曜日)在大阪・神戸インド総領事の来訪

インド総領事と知事

ヴィカース・スワループ在大阪・神戸インド総領事が、離任の挨拶のため知事を訪問されました。知事は、インド出張時や在任中のさまざまな協力について感謝の意を述べるとともに、引き続き経済や文化などにおける交流促進への協力をお願いしました。
スワループ総領事は、「大阪での4年間は、関西独特の文化を体験でき、大変充実したものとなりました。知事にインドを訪問いただくなど、大阪・関西とインドの交流が一層深まりました。帰国後も、大阪の魅力を発信し、引き続き大阪?関西とインドの交流促進に努めます。」と述べられました。
(担当:国際課)

7月3日(水曜日)アメリカ合衆国独立記念レセプション

レセプションでの知事

在大阪・神戸アメリカ総領事館が主催するアメリカ合衆国独立記念レセプションに出席し、来賓代表として挨拶しました。
知事は、「アメリカ合衆国の独立記念日を心からお祝いします。先月訪米した際には、カリフォルニア州知事とこれまで以上に交流の促進を図ることを約した協定書を締結し、ニューヨークではハイラインパークなどの事例を視察しました。今回の訪米から、米国には市民の自主独立の気風など、日本が学ぶべき点が多くあると感じました。米国の更なるご繁栄を祈念します」と述べました。
(担当:国際課)

7月2日(火曜日)第1回大阪府市規制改革会議

会議に出席する知事

第1回大阪府市規制改革会議が開催され、知事が出席しました。
大阪府市規制改革会議は、大阪府・大阪市の成長戦略の推進と大阪の産業の活性化等に向けた規制緩和や制度の改善について検討するため、大阪府・大阪市が共同で設置した附属機関です。会議において、知事は「成長戦略の実現等のためには、民の主体性をできる限り大切にして、民間がしっかりとビジネスに取り組める状況を作ることが不可欠。そのためには、従来の価値観にとらわれることなく、より一層の規制改革、制度改善を進めることが重要。」と述べ、諮問書を手交しました。
(担当:行政改革課)

7月1日(月曜日)第22回夏季デフリンピック大会日本代表選手壮行会

デフリンピック大会壮行会

7月26日から8月4日までブルガリア・ソフィア市で開催される聴覚に障がいのある人のオリンピック「第22回夏季デフリンピック大会」に派遣される大阪府から選出された日本代表選手の壮行会を行いました。
知事は、「皆さんの熱さ・熱意が結果に結びつくことを、この大阪から僕も熱くなりながら応援しています。頑張ってきてください。」と激励しました。
(担当:障がい福祉室自立支援課)

このページの作成所属
府民文化部 府政情報室広報広聴課 広報広聴グループ

ここまで本文です。