知事の動き(平成25年(2013年)3月)

更新日:平成27年11月23日

3月28日(木曜日)第31回関西広域連合委員会と関係市町村との意見交換会

知事写真

第31回関西広域連合委員会と関係市町村との意見交換会が開催され、知事が出席しました。
委員会では、大飯原子力発電所に関する新しい安全基準の適用に関して、政府および原子力規制委員会に対して申し入れることが決まりました。また、北陸新幹線(敦賀以西)ルートについて、米原駅で東海道新幹線と接続する米原ルート案が最も優位であると国に提案する取組方針について概ね合意しました。
このほか、ワールドマスターズ国際大会の招致や道州制のあり方研究会などについて協議や報告がありました。知事は、特区推進の取り組みや中長期的なエネルギー政策の検討について報告を行いました。
また、委員会に先立ち開催された関係市町村との意見交換会では、知事が広域産業振興について説明をしました。また、市町村長と各知事が関西広域連合の取り組みや国出先機関対策等について意見交換を行いました。
(担当:地域主権課)

3月28日(木曜日)米国カリフォルニア州上院議員の来訪

カリフォルニア州上院議員と知事

大阪府と友好交流提携を結んでいるカリフォルニア州から、マーク・デソーニエ上院議員をはじめとする訪問団が松井知事を訪問されました。
デソーニエ議員は、「大阪とカリフォルニア州の間で行っている高校生交流など、両地域の間にはこれまでにも強いつながりがあり、今後もこのような交流を続けていきたい。」と発言されました。
松井知事は、「今年は、自分もカリフォルニア州を訪問する予定であり、カリフォルニア州との交流が、より一層発展するように努めていきたい。」と述べました。
(担当:国際交流・観光課)

3月27日(水曜日)大阪府職員表彰 表彰式

挨拶する知事通常の職務内容の範囲を超えて職務を遂行し、府政に貢献した職員を表彰する「優秀職員等表彰」3組(個人2名、団体1組)、事務改善や府民サービスの向上に取り組み、意欲的な職務遂行で成果をあげた職員を表彰する「活躍職員等表彰(チャレンジ表彰)」3組(団体)に対する表彰式が行われました。知事は、「今回受賞された取組みは、府民のみなさんから高く評価されるものばかりだと思っています。府庁の職員は、府民目線でさまざまなことにチャレンジし、納得できる仕事をしてくれていると感じていただけるよう、これからもさらに磨きをかけて活躍してください。」と述べました。
(担当:人事課)

3月26日(火曜日)マルコ・ロンバルディ在大阪イタリア総領事の来訪

総領事と知事マルコ・ロンバルディ在大阪イタリア総領事が着任の挨拶のため、知事を訪問されました。
ロンバルディ総領事は、「今年は日本におけるイタリア年として、大阪でも様々なイベントを予定している。また、大阪は文化、科学技術、産業でも非常に重要な地域であり、これからも相互交流を深めて行きたい。」と発言されました。
知事は、「今後も、イタリア、大阪間の人的交流を活発にし、益々経済交流、文化交流を発展させていきたい。」と述べました。
(担当:国際交流・観光課)

3月26日(火曜日)平成24年度「みどりの風感謝祭」の開催

みどりの風感謝祭の開催

「みどりの風促進区域」の指定から約2年が経ち、地域の方々が策定された「緑化プラン」に基づく民有地の緑化が府内85地域で行われています。また、これらの取り組みに対し155の企業・団体から樹木のご提供などのご協力を頂いています。このたび今年度新たに「みどりの風促進区域」へご支援いただいた企業・団体様に、感謝状の授与などを行いました。
知事は、「大阪を住みやすいまちにするためには、『みどり』は非常に重要なキーワードです。これは行政だけではできません。みどりづくりには時間はかかりますが、民間の皆様方の力をかりて、着実に一歩一歩進めてまいります。」と述べました。

(担当:環境農林水産総務課)

3月25日(月曜日)大阪EVアクション協議会第4回総会

EVに試乗する知事大阪府では、EV(電気自動車)等の普及により、低炭素社会の構築と新エネルギー関連産業の振興・集積・雇用拡大を目指す「大阪EVアクションプログラム」に取り組んでいます。このたび、この取り組みを推進する、オール大阪の産学官とEVのエキスパートで構成する「大阪EVアクション協議会」の第4回総会を開催しました。
当日は、EVの蓄電池機能を活用した新たな社会づくり・生活スタイルの提案や充電器整備に関するビジョンについて意見交換を行い、出席した知事は、「蓄電池産業の発展などには、EVやPHV(プラグインハイブリッド自動車)の普及が重要です。規制緩和や地方税0など、関西イノベーション国際戦略総合特区の大阪だから出来る支援で新エネルギー都市大阪を目指していきたい。」と述べました。
また知事は総会に先立ち、大阪の中小企業が開発したEVに試乗し、「中小企業がつくるEVの普及も加速させていきたい。」と述べました。
(担当:新エネルギー産業課)

3月24日(日曜日)大相撲三月場所優勝の白鵬関に大阪府知事賞を贈呈

贈呈の様子大相撲三月場所千秋楽において、歴代1位となる9回目の全勝優勝を成し遂げた横綱白鵬関に対し、知事から大阪府知事賞として、大阪府知事杯、賞状及び副賞の目録を贈呈しました。場所前の2月26日に府庁を訪問した白鵬関に「大阪場所4連覇を期待しています。」と激励した知事に、全勝優勝という最高の形で応える結果になりました。
なお副賞として、JAグループ大阪より大阪産(もん)の米ヒノヒカリ「農家味だより」240kg、大阪ウメビーフ協議会より大阪ウメビーフしゃぶしゃぶ用ロース肉100人前、ブランデー梅酒エクセレント1年分、大阪府養ほう農業協同組合より大阪産(もん)天然はちみつ1年分を提供していただきました。
(担当:都市魅力創造局生涯スポーツ振興課)

3月24日(日曜日)平成24年度大阪府消防表彰式

挨拶する知事府内の消防本部、消防団、自主防災組織等で消防に対する功績が多大な個人及び団体の功績を讃えるとともに、消防職員等の士気高揚と、防火・防災思想のより一層の普及を図ることを目的に、大阪府消防表彰式を行いました。
知事は、「府民の尊い生命と、貴重な財産を守るためのこれまでのご尽力に感謝し、深く敬意を表します。受賞を機に、さらなるご活躍を期待するとともに、引き続き、府政の推進にご支援・ご協力をお願いします。」と述べました。
(担当:危機管理室消防防災課)

 3月11日(月曜日)東日本大震災二周年追悼式

東北地方を中心に未曽有の被害をもたらした東日本大震災の発生から2年を迎えた3月11日、政府主催の追悼式が東京の国立劇場で行われました。
知事も出席し、犠牲者の方への追悼の意を込め、献花を行いました。

(担当:危機管理室 危機管理課)

3月7日(木曜日)「第6回JKJO全日本ジュニア空手道選手権大会」優勝の3選手が訪問     

3選手と知事平成25年2月10日に開催された「第6回JKJO全日本ジュニア空手道選手権大会」(国立代々木競技場第一体育館)で優勝の向井菜々美(むかいななみ)選手、小田尋久(おだじんく)選手、安藤杏華(あんどう きょうか)選手の3名と関係者が知事を表敬訪問し、優勝報告を行いました。将来の活躍が楽しみな選手たちに対し、知事は「技を鍛えることも大切ですが、心もしっかりと磨いてください。」と激励の言葉を送り、最後に記念撮影を行いました。
(担当:都市魅力創造局生涯スポーツ振興課)

3月2日(土曜日)第30回関西広域連合委員会及び関西広域連合議会平成25年3月定例会

会議で発言する知事第30回関西広域連合委員会及び関西広域連合議会平成25年3月定例会が開催され、知事が出席しました。
委員会では、政府が検討を進める道州制について、その課題等を指摘していくための議論の場として、「道州制のあり方研究会」の設置が決まりました。また、市町村との意見交換会の実施が了承されました。その他、原子力災害に係る広域避難対策に関し政府に対して申し入れること、次世代自動車充電インフラ整備促進について関係団体に要請することなどが合意されました。
引き続き行われた関西広域連合議会では、平成25年度予算や24年度補正予算などについて可決されたほか、「地方分権の推進を求める決議」が採択されました。また、一般質問で松井知事は、関西全体の発展に繋がる医療分野の産業振興戦略等について答弁を行いました。
(担当:地域主権課)

このページの作成所属
府民文化部 府政情報室広報広聴課 広報広聴グループ

ここまで本文です。