知事の動き(2011年11月、12月)

更新日:平成27年11月23日

12月27日(火曜日)第1回大阪府市統合本部会議

会議で発言する知事の写真 

第1回大阪府市統合本部会議が開催されました。この会議は、大都市制度のあり方など府市共通の課題に関し、行政として協議し、重要事項の方針を決めるために設置するもので、今後、大都市制度の検討や広域行政・二重行政の仕分けを行うとともに、府市共通の重要事項の協議などを行うこととしています。
知事は「府市の高い壁を取り除いて、新しい行政の姿を大阪から作り上げたい」と述べました。

(担当:大都市制度室)                                               →詳しい情報はこちらをご覧ください

12月26日(月曜日)第15回関西広域連合委員会

 委員会で発言する知事の写真

第15回関西広域連合委員会が開催され、松井知事が出席しました。
松井知事から、関西広域連合エネルギー検討会の座長として「関西における中長期的なエネルギーのあり方検討にあたっての基本的考え方」の報告がされ、了承されました。
委員会には、大阪市、堺市、京都市、神戸市の政令市長も出席され、橋下大阪市長から早期に加入したいとの表明がありました。また、他の3政令市長からも加入に向けた前向きな発言がありました。その他、国出先機関移管対策などについて協議がなされました。

(担当:地域主権課)

12月26日(月曜日)平成23年度大阪文化賞贈呈式

大阪文化賞を贈呈する知事の写真 

大阪の文化振興に著しい功績のあった方に贈る「大阪文化賞」の今年度の受賞者が、知能ロボット学者の石黒浩さん(大阪大学大学院教授)に決定し、贈呈式を行いました。
贈呈式の中で知事は、「ロボットと演劇の融合という全く新しい分野で尽力してこられました。今後のさらなる飛躍を期待しています。」と述べました。

(担当:都市魅力創造局文化課)

12月26日(月曜日)南河内地域(富田林市・河内長野市・大阪狭山市・太子町・河南町・千早赤阪村)の首長と知事との意見交換

規約を受け取る知事と各市町村長との写真 

平成24年1月1日から、まちづくりや福祉分野などの40事務を南河内地域3市2町1村(富田林市、河内長野市、大阪狭山市、太子町、河南町、千早赤阪村)で共同処理するにあたり、これら市町村の首長が知事を訪問し、新たに設置する「南河内広域事務室」等の規約を手渡しました。
知事は、「こういった市町村間の水平連携に取り組んで頂いてありがたい。住民が主役となる基礎自治体の行政が一番重要だと考えています。各自治体の行政は首長の手腕にかかっている部分が大きいと思いますので、府はそのサポートをさせて頂きます。」と述べました。

(担当課:市町村課)

12月22日(木曜日)大阪天満宮招福娘の来訪


 招福娘から縁起物を受け取る知事の写真

招福娘と知事の記念写真

動画を見る

大阪天満宮の招福娘の皆さんが、年明け1月の「天満天神えびす祭」PRのため、松井知事を訪問しました。
招福娘からは、知事に縁起物である吉兆が授与され、「私たちの笑顔と元気と福をもって、この大阪が、ますます元気で活気あふれる街となりますようご奉仕してまいります。」と挨拶がありました。
この後、その場の全員で、明くる平成24年が輝かしき佳き年となるよう祈念し、「えびす締(手打ち)」を行いました。

(担当:秘書課)

12月20日(火曜日)第5回本四高速の料金等に関する調整会議

会議に出席する知事の写真 

本四高速の料金及び出資延長について、出資自治体である大阪府ほか9つの自治体(兵庫県、岡山県、広島県、徳島県、香川県、愛媛県、高知県、大阪市、神戸市)と国土交通省による調整会議が開催されました。
これまで本四高速の建設債務償還に対する出資は行ってきましたが、本会議において国から、現行の料金割引を継続するため2年間の追加出資の要請がありました。
これに対し知事は「追加出資は厳しい。」と反対の意向を表明しました。

(担当:道路整備課)

12月20日(火曜日)全国知事会議

挨拶する知事の写真 

全国知事会議が東京都で開催され、新知事紹介において、知事は、「皆さんとともに、地方分権改革に突き進んでいきたい。」と挨拶しました。

(担当:政策企画総務課)

12月16日(金曜日)大阪府青少年健全育成審議会から「子どもを守る」性犯罪対策についての報告書の手交

報告書を受け取る知事 

大阪府青少年健全育成審議会会長及び第4部会長から知事あてに「子どもを守る」性犯罪対策についての報告書が手交されました。知事は「子どもを性犯罪から守ることは当然だと思う。府民にご理解いただける条例をつくり、その取組みを全国に発信していきたい。」と述べました。

(担当:青少年・地域安全室治安対策課)

12月14日(水曜日)OSAKA光のルネサンス2011・御堂筋イルミネーション・水の回廊ライトアップ 合同点灯式


開会のあいさつをする知事

動画を見る 


OSAKA光のルネサンス実行委員会が実施する『OSAKA光のルネサンス2011』と、大阪府が実施する『御堂筋イルミネーション』及び『水の回廊ライトアップ』の開始にあわせ、合同点灯式が開催されました。
『御堂筋イルミネーション』及び『水の回廊ライトアップ』の主催者として挨拶した知事は、「イルミネーションを通じて府民の皆さん、市民の皆さんが元気を出していただく、また各地域から、このイルミネーションを見に大勢の方に来ていただくことが、大阪の活性化につながると思います。そして、東北、関東の皆さん、被災地の皆さんを支えていければ幸いです。皆さん、ぜひ楽しんでください。」と述べました。

(担当:都市魅力課、河川環境課)

12月14日(水曜日)大阪府特別職報酬等審議会意見具申

意見具申文を受け取る知事 

知事、副知事の退職手当の額等について調査審議していました「大阪府特別職報酬等審議会」の池田会長から知事あて意見具申文が手交されました。知事は、「審議会で出された意見を尊重し、具体化できるよう条例改正を行っていきます。」と述べました。

(担当:企画厚生課)

12月14日(水曜日)劉 毅仁(リュウ・キジン) 中華人民共和国駐大阪総領事の来訪

中華人民共和国駐大阪総領事と握手する知事 

新しく着任された劉 毅仁(リュウ・キジン)中華人民共和国駐大阪総領事が、知事を訪問されました。
知事は、「上海をはじめ中国には何度も行きましたが、行く度に変化しており、発展の早さに驚いています。大阪は中小企業の街であり、中国との経済交流が盛んに行われています。今後も貴国との友好関係を深め、大阪、日本と中国が共に発展していきたいと思っています。」と述べました。劉総領事からは、「来年は日中国交正常化40周年です。地方レベルでも、交流事業や祝賀行事が検討されていますが、総領事館としても、このような事業を通じて、隣国である日本と中国がますます密接な関係となるよう協力してきたいと考えています。」との発言がありました。

(担当課:国際交流・観光課)

12月13日(火曜日)第6回チアリーディング世界選手権香港大会優勝選手(梅花学園)の訪問

梅花女子大学チアリーディング部と知事の記念撮影 

11月26日から27日まで開催された第6回チアリーディング世界選手権香港大会に日本代表チームの一員として出場し優勝された、梅花高校、梅花女子大学のチアリーディング部のみなさんが知事を訪問しました。知事は、「色々な競技をされている選手の方々が、日本一世界一になれるよう、みなさんの満面の笑顔と世界一の技で、是非がんばって応援をしてあげてください。」と述べました。

(担当:私学・大学課)

12月13日(火曜日)第90回全国高等学校サッカー選手権大会大阪代表校(近畿大学附属高等学校)の訪問

近畿大学附属高等学校サッカー部のみなさんと知事の記念撮影 

12月30日から開催される第90回全国高等学校サッカー選手権大会の大阪代表校である、近畿大学附属高等学校のサッカー部のみなさんが知事を訪問しました。知事は、「皆さんは地域で少年サッカーのボランティア活動をされていると聞いてます。全国大会では、その子供達の夢も背負って、また、自身の夢にも向かって、全力でプレーをしてください。」と述べました。

(担当:私学・大学課)

12月10日(土曜日)第14回関西広域連合委員会

委員会で発言する知事 

第11回関西広域連合委員会が開催され、松井知事が出席しました。
開会にあたって、初参加となる松井知事から、「地方分権を進めていくことが関西の発展につながる。関西が日本を支えるようにしなければならない」とあいさつをしました。
委員会では、東日本大震災で発生した災害廃棄物の取扱いに関する基準や全体方針の明確化を国に求めることや国出先機関の移管後の組織体制などについて議論がされました。

(担当:地域主権課)

12月9日(金曜日)大阪府障がい者週間知事表彰及び心の輪を広げる障がい者理解促進事業知事表彰

表彰を行う知事 


12月3日から9日の障がい者週間にあたり、大阪府障がい者週間知事表彰として、障がい者福祉の推進に貢献した方や自立し他の模範となる方を表彰しました。また、心の輪を広げる障がい者理解促進事業として、「心の輪を広げる体験作文」及び「障がい者週間のポスター」の入賞者をそれぞれ表彰しました。
表彰を行った知事は、「障がいのある人と障がいのない人が、支えあいながら共に暮らし、活動する社会を実現するには、何より府民の皆さんが、障がいのある方やその人が置かれている状況について正しく理解することが大切だと思います。」と述べました。

(担当:障がい福祉室障がい福祉企画課))

12月7日(水曜日)関西広域連合 第5回 関西産業ビジョン(仮称)策定委員会


委員会であいさつする知事

関西広域連合では、関西産業の国際競争力の強化を図る目的で、目指すべき将来像と当面取り組むべき戦略を提示する「関西産業ビジョン(仮称)」の策定を進めています。このたび、策定にむけた第5回目の会議が開催されました。知事は、「大阪・関西というのは本当に可能性があると感じています。関西全体の活性化に向け、私自身も全力で取り組んでまいりますので、ぜひ委員の皆様方のお力添えを賜りますことをお願いいたします。」と述べました。

(担当:商工労働総務課(関西広域連合 広域産業振興局))

12月6日(火曜日)キタ歓楽街環境浄化パレード

 出発式の様子

誰もが安心して楽しむことができるまち「キタ」の実現をめざし、知事、府議会議長、キタ歓楽街環境浄化推進協議会(地元商店会等で構成)、学生ボランティアなど約200名の方が阪急東通商店街等をパレードしました。
パレードの前に行われた出発式で知事は、「キタを安全なまちにすることにより、人も集まり景気も良くなります。安全なまちづくりに向けみんなでがんばりましょう。」と呼びかけました。

(担当:青少年・地域安全室治安対策課)

11月29日(火曜日)知事の初登庁


府庁正面玄関で花束を持ち入庁する松井知事

大阪府議会議場で挨拶する松井知事

松井知事が初登庁しました。正面玄関において職員から花束を贈られた知事は、府職員の拍手の中、正面の大階段を昇り知事室に入りました。
この後、大阪府議会議場において職員に対し就任の挨拶を行いました。
知事は、「前例や形式、既成概念にとらわれることなく、あるべき姿を追求し、次世代にツケを回さないよう、財政規律をしっかり守りながら、大阪の成長と大阪の安心・安全を守ってまいります。府民が誇れる『強い大阪』は広域行政が担います。また、暮らしやすい『やさしい大阪』の実現のために、基礎自治体である市町村を全力でサポートいたします。これらを実現するために、府職員のみなさんの力を結集していただく。これが私の基本姿勢です。」
「行政のエキスパートである皆さんには、その専門性と知恵にさらに磨きをかけながら、失敗を恐れず、新たな価値の創造に積極的にチャレンジしていただきたいものです。全国から『さすが大阪だ』と言われるような政策をどんどん創り、実践していきましょう。」と述べました。

(担当:秘書課)

このページの作成所属
府民文化部 府政情報室広報広聴課 広報広聴グループ

ここまで本文です。