知事の動き(平成24年(2012年)11月)

更新日:平成27年11月23日

11月29日(木曜日)ブイ・クアン・ヴィン ベトナム社会主義共和国計画投資大臣の来訪

大臣と知事の写真ブイ・クアン・ヴィン ベトナム社会主義共和国計画投資大臣を団長とするミッション団が知事を訪問されました。大臣は、「ベトナムでは北はハイフォン市、南はバリア=ブンタウ省に大きな港を開発して国際貿易の中心となります。今後、大阪と港湾関係での交流も深めていきたい」と述べられました。知事からは、「大阪も阪神港が国際戦略総合特区に指定され、国を挙げて新しい港作りを行っている。それぞれの港の活性化を一緒に行っていきたい。」と述べました。
(担当:経済交流促進課)

11月25日(日曜日)第2回大阪マラソンに出場

走る知事の写真

ゴールする知事の写真

好天の秋空の下、国内外から3万人のランナーが大阪に集結し、「第2回大阪マラソン」が開催されました。知事はチャレンジラン(8.8キロメートル)のランナーとして参加し、大阪城公園前をスタートし、玉造筋、千日前通、そして黄色く色づいたイチョウ並木の御堂筋を通過し、大阪市役所前でフィニッシュを迎えました。完走タイムは、1時間12分35秒でした。
また、知事はインテックス大阪で行われた表彰式にもプレゼンターとして登壇し、「走ることがこんなに楽しいとは思いませんでした。」と述べました。
(担当:都市魅力創造局生涯スポーツ振興課)

11月22日(木曜日)第27回関西広域連合委員会及び関西広域連合議会平成24年11月臨時会

発言する知事の写真第27回関西広域連合委員会及び関西広域連合議会平成24年11月臨時会が開催され、知事が出席しました。
委員会では、関西広域連合平成25年度主要事業・予算について協議がなされたほか、国出先機関の地方移管の実現に向けた声明や大飯発電所敷地内破砕帯調査に関する申し入れについて合意されました。また、任期満了に伴う連合長選挙があり、井戸兵庫県知事が再任されました。
引き続き行われた関西広域連合議会では、平成23年度決算認定について可決されたほか、「国出先機関の地方移管の早期実現を求める決議」が採択されました。また、一般質問では、松井事が担当している広域産業振興分野の取組や関西イノベーション国際戦略総合特区、エネルギー政策について答弁を行いました。
(担当:地域主権課)

11月20日(火曜日)ウィリアム・マーク・シンクレア駐日ニュージーランド大使の来訪

シンクレア大使と知事の写真ウィリアム・マーク・シンクレア駐日ニュージーランド大使が挨拶のため、知事を訪問されました。
シンクレア大使は、「今後のTPP交渉について、他国と地域経済統合をする中で、関西地域の企業が海外の大きな市場に出て行くことが大切です。」と述べました。知事は、「わが国も、まずTPP交渉のテーブルにつき、現在交渉に参加中の国々の間での議論や問題点を知ることが大切。」との考えを述べました。
(担当:国際交流・観光課)

11月13日(火曜日)京奈和関空連絡道路促進協議会要望受け

要望受けの様子京奈和関空連絡道路促進協議会(会長 中村 和歌山県紀の川市長)が知事を訪問し、同路線の実現に向けた要望書を手渡しました。要望書を受け取った知事は、「関西の広域道路ネットワークを充実、強化していくことは、まちの活性化にとって重要だと考えています。」と述べました。
(担当:都市整備部交通道路室道路整備課)

11月8日(木曜日)ヴァルドワーズ県友好代表団の来訪

バザン議長と知事の写真

歓迎宴の様子

今年、大阪府との友好交流提携25周年を迎えるフランス・ヴァルドワーズ県から、アルノ・バザン議長を団長とする友好代表団が来訪されました。バザン議長は、「経済、文化、学術、観光分野において、より一層、大阪府と関係を強化していきたいです。」と述べました。知事からは、「両都市の友好交流25周年、府立大学との大学間交流10周年という記念すべき年であり、今後も末永く友好関係を維持していきましょう。」と述べました。
同日夜の歓迎宴では、高槻太鼓推進会による迫力ある和太鼓の演奏で大阪の伝統文化に触れていただき、交流を深めました。
(担当:国際交流・観光課)

11月8日(木曜日)セイエド・ムハンマド・アミーン・ファテミ駐日アフガニスタン・イスラム共和国特命全権大使の来訪

知事と大使の写真ファテミ駐日アフガニスタン・イスラム共和国特命全権大使が知事を訪問されました。ファテミ大使は、これまでのアフガニスタンに対する日本や大阪からの支援に感謝を述べられるとともに、そうした支援が近年のアフガニスタンの発展に大きく貢献していることを紹介されました。
知事は、「東日本大震災?際にアフガニスタンの人々からの支援に対し改めて感謝を申し上げます。今後、大阪とアフガニスタンの人々のつながりをさらに強化していきたいと思います。」と述べました。
(担当:国際交流・観光課)

11月5日(月曜日)知事と在阪ハンセン病回復者との懇談会について

知事と在阪ハンセン病回復者の方知事は、在阪のハンセン病回復者との懇談を行いました。
まず知事から、過去の無らい県運動により、皆さんに多大な苦痛を与えてしまったことについて、謝罪を述べられました。
ハンセン病回復者からは、過去の強制隔離政策による苦難の実体験や高齢化している退所者にとって安心して地域で生活できることが重要であること、今もなお残る、偏見・差別に対して継続的な啓発が大切であり、自分たちも語り部として活動をしているが、府としてもより一層啓発に取り組んでほしいことなどが述べられました。
知事は、「ハンセン病回復者の方々がご苦労されてきた実体験を伺い、改めて心からお詫びを申し上げます。今後もハンセン病に対する偏見・差別をなくしていくよう、大阪府庁全体で啓発に取り組んでいきます。」と述べられました。併せて、啓発事業として翌日より本館ロビーにてパネル展を開催することが伝えられました。
(担当:健康づくり課)

11月5日(月曜日)平成24年秋の叙勲・褒章伝達式

表彰式の様子各分野での優れた行いのある方などを表彰する叙勲・褒章の受章者が発表されました。
(大阪府在住の受章者は、叙勲129名、褒章35名と2団体)
このたび、知事から叙勲42名、褒章5名の受章者の方に伝達を行い、知事は受章者の功労・功績を称えるとともにお祝いを述べました。
(担当:政策企画総務課)

11月1日(木曜日)「グランドデザインチーム」発足式

発足式の様子 「グランドデザイン・大阪」に示した府市一体の組織として「グランドデザインチーム」(40名の府・市併任職員)が発足し、辞令交付式に引き続き、知事から訓示が行われました。
知事は「大阪市、大阪府の職員のみなさん、「一千万人都市・大阪」の実現に向けて、一丸となってがんばりましょう。東京一極集中ではだめです。関西、その中心が大阪で、もう一つのエンジンとなって、スーパー都市をめざして、一緒にやりましょう。」と激励しました。
(担当:大都市まちづくり推進室)

11月1日(木曜日)防衛省・近畿中部防衛局長が防衛白書説明のため訪問

防衛局長から説明を受ける知事の写真及川博之・近畿中部防衛局長が訪問され、知事に平成24年版防衛白書について内容説明を行いました。知事は日本をとりまく諸外国の情勢について説明を受けた後、東日本大震災での自衛隊員の活躍や災害派遣への国民の期待等についても意見交換を行いました。
(担当:政策企画部危機管理室)

このページの作成所属
府民文化部 府政情報室広報広聴課 広報広聴グループ

ここまで本文です。