知事の動き(平成24年(2012年)10月)

更新日:平成27年11月23日

10月30日(火曜日)平成24年度 大阪府納税表彰式

挨拶する知事納税意識の向上など税務行政の推進に顕著な功績があった方々に対して表彰を行う「大阪府納税表彰式」を大阪府庁本館「正庁の間」で行い、優良特別徴収義務者(3社)、優良納税貯蓄組合連合会(2団体)、納税功労者(13名)が表彰を受けられました。知事は、「これまでの皆様のご功績に対し心から敬意・感謝の意を表します。府民の皆様に納得して納税いただけるよう、今後も効率的な行政運営に努めてまいります。大阪府政に対するなお一層のご支援とご協力を、よろしくお願いします。」と述べ、その後表彰状を授与しました。
(担当:税務室税政課)

10月21日(日曜日)第3回関西広域連合協議会及び第26回関西広域連合委員会

協議会での知事の様子第3回関西広域連合協議会及び第26回関西広域連合委員会が開催され、松井知事が出席しました。
協議会では、関西広域連合のこれからの活動や総合特区等について幅広い意見が交わされました。松井知事から、特区に関わる規制緩和等について省庁にスピード感が無いことや、広域産業振興局で進めている事務等についての発言がありました。
委員会では、関西電力からの今冬の電力需給の見通しについての説明を受けた後、協議が行われ、節電をしっかりと行うための節電目標の設定や、節電呼びかけの必要性等が検討されました。また、原子力発電所に関する安全基準に基づく再審査を速やかに行うべき等の政府への要望書をとりまとめることとなりました。その他、平成25年度予算要求の概要等についての協議や報告等が行われました。
(担当:地域主権課)

  10月14日(日曜日)御堂筋kappo2012

御堂筋をカッポする知事 大阪のメインストリートである御堂筋で、今年で5回目となる「御堂筋kappo2012」を開催しました。淀屋橋から新橋までの約1.9キロメートルが歩行者に開放され、多くの方々が秋の御堂筋のイベントを楽しみました。御堂筋のど真ん中で綱引き大会をする「kappoで綱引いちゃいます!!」では、手に汗握る強豪チーム同士の対決や大阪のご当地キャラクターによるオモシロ対決、「kappoコレクション」では、才能あふれる学生たちの作品が披露されるなど、様々なプログラムで会場は盛り上がりました。知事は、オープニングセレモニーで「世界に誇れる御堂筋を、まずは地元の方々に楽しんでいただきたい。」と述べ、田中大阪市副市長や大阪産(もん)PR大使であるハイヒールモモコさんらとともに、御堂筋をパレード(カッポ)しました。
(担当:都市魅力創造局都市魅力課)

 10月14日(日曜日)大阪産(もん)五つの星大賞表彰式

大阪産(もん)五つの星大賞受賞者と知事 「御堂筋kappo2012」メインステージで、「大阪産(もん)五つの星大賞」表彰式が開催されました。
この表彰制度は、府内産農林水産物・特産加工品のブランドである「大阪産(もん)」のブランドイメージの向上や普及に貢献した優れた活動を、キラっと輝く星にたとえて称えたもので、昨年に引き続き今年で第2回目となります。
大賞の5組の方々に、知事から表彰状を、大阪産(もん)PR大使であるハイヒールモモコさんから、副賞の楯がそれぞれ授与されました。また、「大阪産(もん)PR大使賞」を受賞された方々にハイヒールモモコさんからサイン色紙が贈られました。その後、知事とハイヒールモモコさんなどによる「大阪産(もん)トーク」が行われ、知事は大阪産(もん)のえだまめスイーツを味わいながら「大阪産(もん)の魅力をもっと皆さんに知っていただきたい。」と述べました。
(担当:農政室推進課)

10月9日(火曜日)アブドゥルアジーズ・トルキスターニ駐日サウジアラビア王国特命全権大使とサーリム・アルマーリクサウジアラビア王国高等教育省国際統括官の来訪

知事とサウジアラビア大使及び国際統括官 トルキスターニ駐日サウジアラビア王国特命全権大使とアルマーリク同国高等教育省国際統括官が松井知事を訪問されました。トルキスターニ大使は、「文化・教育・科学技術など様々な分野での交流をさらに活発にしていきたい。また、2年後に予定されている日サ関係60周年の祝賀記念イベントに向け、大阪とのより一層の関係強化を望む。」と述べました。アルマーリク国際統括官は、10月9日から催される『サウジウィークin大阪』について、「国王をはじめ国民も注目しており、このイベントの開催をきっかけに大きな実を結ぶことに期待する。」と述べられました。松井知事は、「『サウジウィークin大阪』の成功を祈るとともに、今後は、日サ企業同士の交流を促進し、大阪を再生医療などの分野でも高い技術を提供する都市にしていきたい。」と述べました。
(担当:国際交流・観光課)

10月1日(月曜日)ロンドンパラリンピック水泳100m平泳ぎ銀メダリスト 中村智太郎選手、陸上5000m銅メダリスト 和田伸也選手に感動大阪大賞を贈呈

中西教育長、松井知事、和田選手、中村選手、中村選手のお母様の写真 ロンドン2012パラリンピック競技大会の水泳100m平泳ぎで銀メダルを獲得した中村智太郎選手、陸上5000mで銅メダルを獲得した和田伸也選手に、感動大阪大賞(知事賞詞)を贈呈しました。
この賞は世界的レベルのスポーツ大会等で活躍し、府民に深い感動を与えた大阪ゆかりの選手に対し、その栄誉を讃えて贈呈するものです。
中村選手、和田選手とも大阪府内の大学を卒業され、現在は大阪府内に勤務されていることから、この度の受賞となりました。
知事は「お二人の活躍に、日本中が大いに感動しました。大阪の名を全国に広めていただきありがとうございました。」と述べ、「お疲れは残っていませんか」と両選手にねぎらいの言葉をかけました。
なお、感動大阪大賞の記念品には錫器事業協同組合から、大阪の伝統工芸品である「大阪浪華錫器(おおさかなにわすずき)」のタンブラーを無償で提供していただきました。
(担当:福祉部障がい福祉室自立支援課)

このページの作成所属
府民文化部 府政情報室広報広聴課 広報広聴グループ

ここまで本文です。