知事の動き(2012年1月)

更新日:平成27年11月23日

1月27日(金曜日)ナイリ・M・ラチーポフ在大阪ロシア連邦総領事の来訪

知事と在大阪ロシア連邦総領事

 新しく着任されたナイリ・M・ラチーポフ在大阪ロシア連邦総領事が、知事を訪問されました。 総領事が、人的交流、文化交流に加え、経済交流促進の重要性について発言されたことに対し、知事は、「大阪に是非注目をしていただき投資をお願いしたい。」と述べました。さらに総領事からの、ロシア産天然ガスを日本へ供給できるとの申し出に対して、知事は、「現状のエネルギー問題解決のため、安価で安定的な供給に期待する。」と述べました。

(担当:国際交流・観光課)                                              

 1月27日(金曜日)ブルース・ミラー駐日オーストラリア大使の来訪 

知事と駐日オーストラリア大使

ブルース・ミラー駐日オーストラリア大使が、知事を訪問されました。
大使の、「大阪から日本が変わるのではないかと思っています。」との発言されたことに対し、知事は、府市統合について触れ、「府市一体で新しい制度を作りたい。」と述べました。さらに大使からは、オーストラリアから日本への投資の活性化を望む発言があり、お互いに、これからのより緊密な協力関係を確認しました。

(担当:国際交流・観光課)                                        

 1月26日(木曜日)第16回関西広域連合委員会 

委員会に出席している様子

第16回関西広域連合委員会が開催され、松井知事が出席しました。
委員会では、橋下大阪市長、竹山堺市長から、改めて早期に加入したいとの表明がありました。
また、国出先機関の移管については、法案提出に向けた国のスケジュールの確認と、市町村、住民等に対して理解を深めてもらうための十分な説明やシンポジウムを行うことが報告されました。
その他、東日本大震災で発生した災害廃棄物の処理について環境省からの説明が行なわれ、広域連合としての基準について専門家会議で議論することが決まりました。

(担当:地域主権課)              

 1月25日(水曜日)「正庁の間(せいちょうのま)」オープニングセレモニー


挨拶する知事の写真

大阪コレギウム・ムジクムの無伴奏合唱コンサートの写真

動画を見る


大正15年(1926年)に竣工し、モダニズム建築のさきがけとなるデザインの大阪府庁本館。その中で、5階中央にある「正庁の間」が大正時代当時の姿に復元改修され、お披露目となるオープニングセレモニーが開催されました。
セレモニーでは、「大阪コレギウム・ムジクム」の無伴奏合唱によるコンサート(ひょうたんから独楽劇場:文化課)が開かれ、知事は、府民の皆さんとともに演奏を楽しみました。
挨拶で知事は、「大阪には、こういう歴史ある素晴らしい建築物があります。府庁の建物は、府民の皆さんの財産です。これをどんどん皆さんに開放し、皆さんに訪れていただき、歴史を感じていただきたい。」と述べました。
また、「正庁の間」の隣には、時代玩具展示室が新たに設置され、3月23日(金曜日)まで、大阪府立大型児童館ビッグバン所蔵の時代玩具の企画展示「大阪おもちゃ物語 −大正・昭和初期―」が開催されています。

(担当:大手前・森之宮まちづくり課、文化課、子育て支援課) 
                                             

1月23日(月曜日)カート・トン 駐日米国大使館主席公使の来訪

駐日米国大使館主席公使と会談する知事の写真

カート・トン 駐日米国大使館主席公使が知事を訪問されました。トン主席公使からの大阪の経済対策についての質問に対し、知事は、「政府から指定を受けた関西イノベーション国際戦略総合特区内で、大阪府と大阪市が一体となって税制上の優遇措置や規制緩和を行うことによって、海外の企業に進出していただくことを考えています。」と答えました。また、米国の州と日本の都道府県を比較しながら、都市や行政の望ましい規模について意見交換を行いました。

(担当:国際交流・観光課)                                              

1月19日(木曜日)大阪府・市町村合同地震・津波災害対策訓練


災害対策本部会議で報告を受ける知事の写真

府立急性期・総合医療センターを視察する知事の写真

動画を見る

大阪府、市町村合同の地震・津波災害対策訓練を実施しました。
今回の訓練は、昨年の3月の東日本大震災で津波による被害が甚大だったことを受け、大阪湾沿岸部に従来想定の2倍の高さ(最大6メートル)の津波がやってくるという設定で行いました。
知事は、八尾空港からヘリコプターで大阪府警察本部に到着。府庁別館7階の防災情報センターまで徒歩で移動し、災害対策本部会議に臨みました。
会議では、大阪市長や堺市長とモニターで顔を合わせながら状況確認を行うなど、広域災害への対応能力の強化を行う訓練となりました。

午後には、基幹災害医療センターである府立急性期・総合医療センターを視察し、重篤傷病者の搬入や、治療の優先度を判断するトリアージの訓練状況など、命を救う最前線の現場での災害医療体制の確認を行いました。

(担当:危機管理室、医療対策課))                                              

1月18日(水曜日)大橋光博 阪神高速道路株式会社代表取締役会長兼社長の来訪

大橋社長と会談する知事の写真

阪神高速道路株式会社の代表取締役会長兼社長である大橋光博氏が知事を訪問されました。
知事からは、「コスト縮減の結果が料金に反映できるようにしてほしい。経営改善委員会はオープンでやるべき。高速料金一元化に向けての取り組みをよろしく。」と要請しました。
大橋氏からは、「コスト縮減策について社内で議論を進めているところ。委員会については、透明性の向上を図る。料金一元化について、前向きに議論したい。」との発言がありました。

(担当:交通道路室道路整備課)                                              

1月18日(水曜日)大阪府町村長会総会(定例)

町村会で挨拶する知事の写真

知事は大阪府町村長会総会に出席し、新知事の就任挨拶として「大阪を変えていきたい。昨年暮れに立ち上げた府市統合本部でも、水道事業や大阪消防庁構想など、町村長の皆さんのご意見をお聞かせいただきたい。」と述べました。
また、大阪府町村長会会長である中能勢町長からは、「市長会と連携を図り、さまざまな問題に対応していきたい。」と挨拶がありました。

(担当:市町村課)                                              

1月18日(水曜日)大阪府市長会議(定例会)

市長会議で挨拶する知事の写真

知事は大阪府市長会議に出席し、新知事の就任の挨拶として「府と市の関係を見直し、行政のあるべき姿、統治機構を大きく見直したい。昨年暮れに立ち上げた府市統合本部で、各市のご意見をお聞きしたい。市長の皆さんに出席いただける機会を設けますので、ご出席いただきたい。」と述べました。
また、大阪府市長会会長である向井泉南市長からは、「府市の心を合せ、ともに頑張っていきたい。」と挨拶がありました。

(担当:市町村課)                                              

1月17日(火曜日)林 景一 駐英国特命全権大使の来訪

駐英国特命全権大使と知事の写真

林 景一 駐英国特命全権大使が知事を訪問されました。大使が「日英交流150年の長い歴史の中で、両国は友好な関係を築いてきました。私は、イギリスと日本の企業の架け橋になりたいと考えています。」と発言されたのに対し、知事は、「イギリスからぜひ大阪に投資してもらいたい。このたび大阪は、『関西イノベーション国際戦略総合特区』に指定されたので、規制緩和などによって、イギリス企業の大阪進出を全力でサポートします。」と述べました。

(担当:国際交流・観光課)                                              

1月16日(月曜日)皇后盃第30回全国都道府県対抗女子駅伝競走大会で優勝された大阪チームの表敬訪問

大阪チームの皆さんと並ぶ知事の写真

平成24年1月15日に京都で開催された皇后盃第30回全国都道府県対抗女子駅伝競走大会において、19年振り2度目の優勝を果たした大阪チームが知事を訪問しました。大阪チームの皆さんからは、一人ひとりに大会の感想を話していただきました。これに対して知事は、「全国大会の優勝は、皆さんの日頃の練習の積み重ねによる、素晴らしい結果です。」と述べました。
また、優勝チームには、授与された皇后盃と優勝旗、西陣織で制作されたゴールテープを披露していただきました。

(担当:都市魅力創造局生涯スポーツ振興課)                                              

1月15日(日曜日)百舌鳥・古市古墳群世界文化遺産登録推進国際シンポジウムへの出席

シンポジウム冒頭で挨拶する知事の写真

大阪府と堺市・羽曳野市・藤井寺市は、昨年5月に百舌鳥・古市古墳群の世界文化遺産への早期登録実現のため推進本部会議を設立し、一体となって取り組んでいます。
このたび、イギリス、中国、韓国、そして国内の専門家を招き、百舌鳥・古市古墳群の「顕著な普遍的価値」を知っていただくための国際シンポジウムを開催しました。
当日は、約700名の方にご参加いただき、百舌鳥・古市古墳群への関心の高さがうかがわれました。
主催者代表である知事は、「一人でも多くの方に、百舌鳥・古市古墳群の素晴らしさを知っていただき、人類の宝・世界遺産として守っていくという気持ちを高めていただきたい。」と述べました。

(担当:都市魅力課)                                              

1月12日(木曜日)関西電力株式会社 堺港発電所視察

関西電力株式会社堺港発電所を視察する知事の写真

知事は、橋下大阪市長と関西電力株式会社堺港発電所を視察しました。堺港発電所では、天然ガスを燃やし、その燃焼ガスでガスタービンを回して発電すると同時に、ガスタービンからの排熱を利用して蒸気をつくり、蒸気タービンも回して発電する高効率な火力発電(コンバインドサイクル発電方式)を行っています。
視察後に知事は、「今後のエネルギー供給のあり方について、関西電力と意見交換を行っていきたい。」と述べました。

(担当:環境農林水産総務課)                                              

1月10日(火曜日)李賢主(イ・ヒョンジュ)駐大阪大韓民国総領事の来訪 


李賢主(イ・ヒョンジュ)駐大阪大韓民国総領事と握手する知事の写真

新しく着任された李賢主(イ・ヒョンジュ)駐大阪大韓民国総領事が、知事を訪問されました。
知事は、「大阪は高い技術をもつ中小企業が集積している街です。昨年末には、『関西イノベーション国際戦略総合特区』が国の指定を受けました。特区では、規制緩和や税制上の特別措置なども準備される予定で、ぜひ、韓国の企業に大阪に進出して頂きたいと思っています。」と述べました。
李総領事からは、「大阪は、先端技術を生かした産業が発展しています。総領事館としても、経済分野を含め、いろいろな分野で韓国と日本、大阪の架け橋になりたいと考えています。」との発言がありました。

(担当課:国際交流・観光課)                                              

1月6日(金曜日)今宮戎神社福娘の来訪


「龍」の額を手に持つ知事と福娘の皆さんの写真 


上方手締め(手打ち)を行う知事の写真

今宮戎神社の福娘の皆さんが、「十日戎」PRのため、松井知事を訪問しました。
福娘からは、知事に今年の干支である「辰(龍)」の額が手渡され、「私たちの笑顔で、この大阪に福を呼び込んでまいります。」と挨拶がありました。
知事は、「皆さんに福を呼び込んでいただいて、大阪が儲かるといいですね。」と述べ、その場の全員で、大阪の弥栄(いやさか)を祈り、「上方手締め(手打ち)」を行いました。

(担当:秘書課)                                              

このページの作成所属
府民文化部 府政情報室広報広聴課 広報広聴グループ

ここまで本文です。