【検討終了】施策プロセスの見える化


概要

時間  :13時30分から14時10分
場所  :府民文化部会議室
出席者:府民文化部長、府民文化部次長
     府民文化総務課総括主査
     府政情報室長、同室広報広聴担当課長、
     (広報広聴G)同室課長補佐、同室副主査

議題  :「施策プロセスの見える化」公表開始について

(概要)
「施策プロセスの見える化」の公表開始について(案)及び入力状況をプレビュー画面により説明。
<主な意見>
・会議の最後にその会議で決定した内容を確認すれば、何が決まったかが明確になるし、改めて議事概要を作成する
 必要もなくなる。
 各部局にはそういった業務改善の視点も含め働きかけること。
・<主な意見>については、関係者に確認を行う必要がある。掲載されているもの以外にも意見がある
 場合がある。
 →マニュアルにも、必要に応じて関係者に確認を行うよう記載している。
   また、知事、副知事については、意思決定プロセス記録票があるので、それをもとに公表するようマニュ
   アルに記載している。
・項目がどんどん増えていくと府民の方は見づらくなるので、検討が終了したものはどこかに移すことができ
 ないか。
 →別のところにまとめて保存するよう検討を行う。
・公表開始後一定の期間が経過したら、本制度について評価・検証する必要がある。その検証結果を受け発展
 させていく必要がある。
・他府県で行っているような事例は無いか。
 →ここまで実施しているところは無い。

(結論)
・原案を了承。
・副知事との打合せを行ったうえで、知事の決裁を受ける。

府民チェックボードの用語説明

このページの作成所属
府民文化部 府政情報室広報広聴課 広聴グループ

ここまで本文です。