松井一郎の「変革と挑戦」

更新日:平成30年11月14日

■ワーク・ライフ・バランスの実現をめざしましょう

 昨今、社会的・経済的な環境やライフスタイルが変化していま
す。多種多様なライフスタイルを持つ個人の生き方に合わせて、
また、子育てや老親の介護に追われるなどといった人生の各段階
におけるニーズにも対応して、個々人が多様な働き方を選べる環
境が必要です。また、従業員の働き過ぎによる疲労や意欲の低下、
心身の健康状態の悪化は、本人のみならず、企業にとっても深刻
な損失となります。ノー残業デーを設定して長時間労働をなくし
ていく取り組みが重要です。
 府では、大阪労働局などと連携して、今年度から新たに11月
を「ノー残業デー、ワーク・ライフ・バランス推進月間」と定め
ました。9月には推進月間に先立ち、府内の使用者団体・業界団
体など(約3000)に月間の趣旨に関する協力要請を行いました。
月間中は、経済団体、労働団体、市町村などと協力して時間外労
働の削減や年次有給休暇の取得促進などを呼び掛けていきます。
11月21日(水曜日)には、JR大阪駅前などで街頭キャンペーン
を行い、ディアモール大阪(大阪市北区)で19時まで無料の労
働相談も行います。
 府内の事業者、労働者の皆さんは、この期間に「ノー残業デー」
の設定や、定時退社、年次有給休暇の取得に努めるなど、ワーク・
ライフ・バランスの実現をめざしてください。

▼詳しくはこちら▼
http://www.pref.osaka.lg.jp/rosei/000-koyousuisin/worklifebalance.html


過去の項目はこちら

『松井一郎の「変革と挑戦」』は、「大阪府メールマガジン」でお届けしています。
ぜひ、ご登録ください!
「大阪府メールマガジン」配信登録はこちら

このページの作成所属
府民文化部 府政情報室広報広聴課 広報広聴グループ

ここまで本文です。