知事コラム 「成長する大阪」の実現に向けて!(令和2年10月14日)

更新日:令和2年10月21日

■イエローステージ(警戒)の対応方針に基づく要請を一部緩和し
ました

 現在、大阪府内の新型コロナウイルスの感染状況は、府民の皆さ
まのご協力をいただき、一定程度抑えられています。この状況を踏
まえ、10月8日に開催した新型コロナウイルス対策本部会議におい
て、11月15日(日曜日)までのイエローステージ(警戒)の対応
方針として、多人数で唾液が飛び交う宴会・飲み会の自粛要請につ
いては終了とすることなどを決定しました。しかしながら、今後も、
3密で唾液が飛び交う環境を避けていただくとともに、高齢者およ
び高齢者と日常的に接する家族や施設・医療機関などの職員の方に
おかれましては、引き続き、感染リスクの高い環境を避け、少しで
も症状がある場合は、早めの検査受診をお願いします。
 一方、重症化リスクが高い高齢者が入院・入所する医療機関(療
養病床など)や高齢者施設ではクラスターが発生しています。この
ため府では、今後、感染者の濃厚接触者だけでなく、職員や入院患
者、入所者全数(※)に対象を拡大して積極的に検査を実施します。
また、高齢者施設などの入所者で、自力で唾液を採取できない方に
対して、鼻咽頭ぬぐい液での検体採取ができる体制を構築するなど、
対応の強化を図ります。
 これから、季節性インフルエンザと新型コロナウイルス感染症の
同時流行に備える必要があることから、検査体制の拡充や保健所業
務の重点化、医療提供体制の確保など府民の皆さまの命を守る取り
組みを推進していきます。府民の皆さまにおかれましても、引き続
き感染拡大防止対策の徹底にご協力をお願いします。
 
※「全数」の定義については、施設の構造や職員等の動線などを踏
まえ、建物単位やフロア全体など感染拡大の可能性のある範囲を保
健所長が設定するものとする。

▼詳しくはこちら▼
http://www.pref.osaka.lg.jp/kikaku/corona-kinkyuzitai/index.html



最新の知事のコラムはこちら

過去の項目はこちら

このページの作成所属
府民文化部 府政情報室広報広聴課 広報グループ

ここまで本文です。