知事コラム 「成長する大阪」の実現に向けて!(令和2年10月7日)

更新日:令和2年10月14日

■薬物乱用のない安全・安心な社会をめざしましょう

 近年、大麻事犯の検挙者数は大阪府内のみならず全国的にも増加
しています。特に、府内では10代・20代の検挙者数が全体の7割
を超える深刻な事態となっています。若年層に広がっている背景に
は、インターネットなどにおいて「大麻は他の薬物より安全、害が
ない」「依存にならない、いつでもやめられる」などの誤った情報
が氾濫し、乱用の拡大につながっていると思われます。しかしなが
ら、大麻は脳の知的機能や記憶の形成をつかさどる部位に悪影響を
及ぼし、乱用すると知覚の変化や集中力の欠如のほか情緒が不安定
になります。さらに、乱用を続けることによって社会生活に適応で
きなくなることもあります。
 大阪府では、麻薬や覚醒剤など薬物乱用の根絶を図るため、10
月・11月の「麻薬・覚醒剤乱用防止運動月間」に、府内各地でポス
ター掲示などの啓発広報活動を重点的に実施することで、薬物の乱
用による弊害を広く周知し、府民一人一人の認識を深めています。
また、依存症に関する医療・相談体制を整備し、依存症の本人およ
び家族などの支援にも取り組んでいます。
 「ほんの1回ぐらい・・・」などの軽い気持ちが、将来を台無し
にするだけでなく、家族や友人、恋人など大切な人も不幸にします。
一人一人が乱用による恐ろしさを正しく認識し、薬物などの乱用の
ない安全・安心な社会をめざしましょう。
 
▼詳しくはこちら▼
http://www.pref.osaka.lg.jp/yakumu/yakubutu/taimabousi.html


最新の知事のコラムはこちら

過去の項目はこちら

このページの作成所属
府民文化部 府政情報室広報広聴課 広報グループ

ここまで本文です。