知事コラム 「成長する大阪」の実現に向けて!(令和2年3月4日)

更新日:令和2年3月11日

■阪神高速大和川線が全線開通します

 大阪臨海部の阪神高速湾岸線から内陸部の阪神高速松原線を
東西に結ぶ、阪神高速大和川線が3月29日(日曜日)に全線開
通します。阪神高速大和川線は、大阪都心部における新たな環状
道路「大阪都市再生環状道路」の一部を構成する道路です。
 今回の全線開通では、大阪・神戸の湾岸地域と、西名阪沿線地
域のアクセスが向上し、所要時間が大幅に短縮されることから、
物流効率の向上、阪神高速環状線などの都心部や大和川線に並行
する一般道路の慢性的な渋滞の解消・緩和、これに伴う二酸化炭
素の排出量削減の効果が期待されます。さらに、大和川左岸の阪
神高速湾岸線から南海高野線までの区間では、計画を上回るよう
な洪水でも壊れない堤防を整備する「高規格堤防整備事業」と、
沿線市街地を整備する「まちづくり事業」、そして「大和川線事
業」を一体として整備を進めてきました。この「一体整備」によ
って、大和川線の上部空間を、関係自治体や地元の方々の意見を
もとに、通行空間や緑地など環境や景観に配慮した整備を実施し
ています。
 2025年大阪・関西万博の開催を控え、引き続き、高速道路ネッ
トワークの拡充により、都心部へのアクセスなど利便性の向上だ
けでなく、都市機能の強化などに向け、取り組んでいきます。

阪神高速大和川線の全線開通についてはこちら


最新の知事のコラムはこちら

過去の項目はこちら

このページの作成所属
府民文化部 府政情報室広報広聴課 広報グループ

ここまで本文です。