知事コラム 「成長する大阪」の実現に向けて!(令和元年12月11日)

更新日:令和2年3月11日

■全ての人の人権が尊重される社会をめざして

 大阪府では、一人一人がかけがえのない存在として尊重される
差別のない社会の実現や誰もが個性を生かして自己実現を図る
ことのできる豊かな人権文化の創造をめざし、さまざまな施策を
推進しています。複雑多様化する人権課題に的確に対応し、増加
する外国人旅行者や外国人労働者の受け入れを見据えた国際都
市にふさわしい環境づくりを進めるため、このたび、人権に関す
る3条例を制定しました。
 「大阪府人権尊重の社会づくり条例」は、府民の皆さまに、人
権尊重の社会づくりの推進について理解を深め、府が実施する人
権施策の推進にご協力いただくことを責務とする規定などを追
加しました。
 加えて、性の多様性についての理解増進をめざす「大阪府性的
指向及び性自認の多様性に関する府民の理解の増進に関する条
例」と、全ての人がお互いに人種や民族の違いを尊重しあって共
生する社会を築くことをめざす「大阪府人種又は民族を理由とす
る不当な差別的言動の解消の推進に関する条例」を新たに制定し
ました。性的指向や性自認は生まれながらのもので本人の意思で
選んだり変えたりできず、さまざまな性のあり方を受け入れる社
会を築いていかなくてはなりません。また、ヘイトスピーチ(※)
は、人としての尊厳を傷つけ、差別意識を生じさせることになり、
許されません。
 府民の皆さまにはこうした性の多様性や人種や民族を理由と
した不当な差別的言動の解消の必要性などについて、より深く理
解していただき、全ての人の人権が尊重される豊かな社会を築い
ていくため、ご協力をお願いします。

※ヘイトスピーチとは、特定の人種や民族の人々に恐怖心を与え、
社会から追い出そうとするような、差別的言動を言います。

「大阪府人権尊重の社会づくり条例」の改正はこちら

「大阪府性的指向及び性自認の多様性に関する府民の理解の増進に関する条例」はこちら

「大阪府人種又は民族を理由とする不当な差別的言動の解消の推進に関する条例」はこちら


最新の知事のコラムはこちら

過去の項目はこちら

このページの作成所属
府民文化部 府政情報室広報広聴課 広報グループ

ここまで本文です。