知事コラム 「成長する大阪」の実現に向けて!(令和元年11月13日)

更新日:令和2年3月11日

■インフルエンザを予防しましょう

 今年は既にインフルエンザの流行期を迎えている地域が多く
あり、厚生労働省によると、全国にある定点医療機関から報告の
あったインフルエンザの患者数は昨年同時期の数倍になっています。
 インフルエンザは高熱や倦怠感などの全身症状があり、特に小
児や高齢者、免疫力の低下している人が感染すると、重症化する
恐れがあります。感染を予防するため、普段から帰宅時の手洗い
の徹底や、十分な栄養や睡眠をとるなどをしてください。また、
インフルエンザを予防するには、ワクチンの接種が有効です。ワ
クチン接種による効果が出現するまで2週間程度を要するため、
12月中旬までのなるべく早い時期にワクチン接種を受けること
が望ましいです。ただし、接種の効果には個人差があり、副反応
が出ることもありますので、ワクチン接種の際には医師にご相談ください。
 ところで、咳やくしゃみなどをするとしぶきが2メートルほど
飛ぶと言われています。しぶきの中にインフルエンザウイルスが
含まれていると、周囲の人に感染する恐れがあります。インフル
エンザを流行させないためにも、咳やくしゃみが出たらマスクの
着用など咳エチケットを守りましょう。
 もし、急な高熱などにより、インフルエンザの感染が疑われる
場合は、かかりつけ医など身近な医療機関から電話にて、受診時
間や受診方法などの指示を受けてから、マスクを着用し、受診し
てください。インフルエンザを流行させないためにも予防を習慣
付けていただき、楽しい冬を過ごしてください。

インフルエンザ予防についてはこちら


最新の知事のコラムはこちら

過去の項目はこちら

このページの作成所属
府民文化部 府政情報室広報広聴課 広報グループ

ここまで本文です。