知事コラム 「成長する大阪」の実現に向けて!(令和元年5月29日)

更新日:令和2年3月11日

■青少年の自画撮り被害などの防止に向けて

 近年、青少年のスマートフォンの保有率やSNS(ソーシャルネ
ットワーキングサービス)の利用が高まってきています。インタ
ーネットやSNSは安全に正しく使うことができれば、とても役立
つ便利なものです。しかし、有害な情報やアプリも含まれており、
青少年がスマートフォンや携帯ゲーム機、音楽プレーヤーなどの
インターネットに接続できる機器を介して児童買春や児童ポル
ノ(※)などの犯罪被害に巻き込まれることが後を絶ちません。
いったんインターネット上に流出した画像や動画を完全に削除
することは困難であり、被害は深刻です。
 このため、大阪府では、「大阪府青少年健全育成条例」を改正
し、青少年が自分の裸などを撮影させられた上、SNSなどでその
画像を送らされる「自画撮り被害」の未然防止の観点から、何人
に対しても、青少年に対し、当該青少年に係る児童ポルノなどの
提供を求めることを禁止するとともに、青少年の判断能力の未熟
さにつけこむ悪質性の高い要求行為には罰則を設けました。
 引き続き、大阪府では、青少年を健全な成長を阻害する行為か
ら保護し、青少年の健全な育成が図られるよう、環境整備に力を
注いでいきます。

※児童ポルノとは、裸や下着姿などの写真やそのデータが記録さ
れたCD、USBメモリ、メールなどに添付する画像データなどのこ
とを指します。

自画撮り被害についてはこちら


最新の知事のコラムはこちら

過去の項目はこちら

このページの作成所属
府民文化部 府政情報室広報広聴課 広報グループ

ここまで本文です。