知事コラム 「成長する大阪」の実現に向けて!(令和元年5月22日)

更新日:令和2年3月11日

■光化学スモッグにご注意ください

 5月から10月にかけては、気温が高く、紫外線が強いため、光
化学スモッグが発生しやすい時期となっています。光化学スモッ
グは、自動車や工場の排出ガスに含まれる窒素酸化物や炭化水素
などが太陽の紫外線により反応し、「光化学オキシダント」を生
成して、大気が白くモヤがかかった状態になることを指し、気温
が高い日、そして風の弱い晴れの日に発生しやすい傾向があります。
 光化学スモッグが発生すると、目がチカチカする、のどが痛い
などの健康被害を生じさせることがあります。近年、大阪の大気
汚染は改善されてきていますが、光化学スモッグ発生時には、被
害に遭わないよう屋外での激しい運動を避ける、室内に入るなど
適切な対応をお願いします。また、体調に異変を感じた時は、水
道水で目を洗ったり、うがいをするなどの処置を施し、しばらく
安静にしてください。
 大阪府では、府民の皆さまの健康を守るために、大気汚染の常
時監視を行っています。光化学スモッグの原因物質濃度が高くな
る時には、予報や注意報を発令し、速やかにインターネットや市
町村などを通じて、発令の周知を図り、被害の未然防止に努めて
います。府民の皆さまには、大阪府ホームページでの情報提供に
加え、防災情報メールの登録者には、直接注意を呼び掛けていま
す。屋外での活動が増える時期に向け、未登録の人はぜひ登録を
お願いします。

光化学スモッグについてはこちら


最新の知事のコラムはこちら

過去の項目はこちら

このページの作成所属
府民文化部 府政情報室広報広聴課 広報グループ

ここまで本文です。