大阪府営公園指定管理候補者の選定結果

更新日:平成28年9月5日

 大阪府では、府営18公園について指定管理者制度を導入しており、このうち平成28年度末に指定管理期間を満了する9公園について、平成29年度から平成33年度までの指定管理者を選定するため公募を行いました。

 このたび、「大阪府都市公園指定管理者選定委員会」の選定結果を受けて、以下のとおり指定管理候補者を決定しましたので、お知らせします。

 今後、大阪府議会の議決を得て、指定管理者を指定する予定です。

 なお、募集の詳細については、こちらのホームページをご覧ください。

申請団体数、申請団体名称、指定管理候補者及び次点者

公園名申請団体数申請団体名称(申込順)指定管理候補者及び次点者
箕面公園4団体

・メイプルハーツ企業共同体

・箕面公園パートナーズ

・一般社団法人大阪造園業協会

他1団体

<指定管理候補者>

メイプルハーツ企業共同体

<次点者>

箕面公園パートナーズ

深北緑地2団体

・深北緑地パートナーズ

・深北緑地指定管理グループ

<指定管理候補者>

深北緑地パートナーズ

<次点者>

深北緑地指定管理グループ

枚岡公園2団体

・枚岡公園指定管理グループ

・都市公園枚岡公園指定管理共同体

<指定管理候補者>

枚岡公園指定管理グループ

<次点者>

都市公園枚岡公園指定管理共同体

長野公園1団体・都市公園長野公園管理共同体

<指定管理候補者>

都市公園長野公園管理共同体

錦織公園1団体・錦織公園指定管理グループ<指定管理候補者>

錦織公園指定管理グループ

住之江公園1団体

・都市公園住之江公園指定管理共同体

<指定管理候補者>

都市公園住之江公園指定管理共同体

住吉公園1団体・都市公園住吉公園指定管理共同体

<指定管理候補者>

都市公園住吉公園指定管理共同体

浜寺公園1団体・浜寺公園指定管理グループ

<指定管理候補者>

浜寺公園指定管理グループ

二色の浜公園1団体・二色の浜公園管理連合会

<指定管理候補者>

二色の浜公園管理連合会

審査結果の概要

選定理由、点数

指定管理候補者の選定結果の概要 [PDFファイル/137KB]

指定管理候補者の選定結果の概要 [Excelファイル/65KB]

公募の経緯

募集要項の配付期間

 平成28年3月23日(水曜日)から5月23日(月曜日)まで

募集に関する説明会

 平成28年3月29日(火曜日)

現地施設案内

 平成28年4月14日(木曜日)から4月21日(木曜日)まで

申請書の受付期間

 平成28年5月13日(金曜日)から5月23日(月曜日)まで

大阪府都市公園指定管理者選定委員会開催概要

選定委員会委員の氏名

   呉 明浩(弁護士)

   関野 賢(近畿大学教授)

  ○嶽山 洋志(兵庫県立大学大学院准教授)

   道幸 尚志(公認会計士)

  ◎山田 宏之(大阪府立大学大学院教授)    (五十音順、敬称略、◎委員長、○副委員長)

委員選定の考え方

 申請に係る収支計画や安定的な経営基盤、管理運営に係る法的課題、利用者の視点等から様々な意見を聴取するため、弁護士、公認会計士及び経営分野の学識経験者から各1名、造園に関する専門家として学識経験者を2名、計5名の委員を選定しました。

審査の経緯

回数実施日内容
第1回平成27年10月30日(金曜日)委員長の選出、募集要項及び審査基準の審議
第2回平成27年11月6日(金曜日)
平成27年11月20日(金曜日)現地視察
平成27年11月27日(金曜日)
平成27年12月18日(金曜日)
第3回平成28年1月26日(火曜日)募集要項の審議、審査基準の決定等
第4回平成28年2月19日(金曜日)
第5回平成28年7月13日(水曜日)申請者から提出された応募書類の審査
第6回平成28年7月20日(水曜日)
第7回平成28年7月25日(月曜日)申請者へのヒアリング
第8回平成28年7月28日(木曜日)
第9回平成28年7月29日(金曜日)
第10回平成28年8月23日(火曜日)指定管理候補者(最優先交渉権者)及び次点者の選定、決定
第11回平成28年8月26日(金曜日)

委員会コメント

  • 大阪府営公園指定管理者募集要項に基づき、公園毎に「平等利用の考え方」、「安全・安心な利用の確保」、「適切な管理(考え方)」、「公園活性化、サービスの向上」、「公園施設の維持管理や運営の内容・適格性・実現可能性」、「人的能力」、「財政的基盤」、「公園の運営管理に係る経費の内容」、「府施策との整合」について、書類及びヒアリングにより審査した。
  • 今回の募集から、集客力や収益力のあるイベントや、スポーツスクール・大会並びに物品販売等の企画・誘致を促進するため、新たな評価項目として「収益事業(自主事業)」を設定し、100点満点中10点を配点することで 、府営公園の持つポテンシャルを最大限に発揮し、公園の活性化や利用者サービスの向上に資する提案を高く評価することとした。
  • なお、この点については、募集要項への記載や大阪府が開催した説明会で詳細な説明が行われた。
  • また、重大な記載ミスや提出書類間の不整合など募集要項に規定する不適格事項に該当する場合は、選定の対象から除外するなど厳格かつ適正に審査を行った。
  • 候補者として選定された団体においても、提案した内容をしっかりと取り組んでいただき、委員会から付された意見がある団体については、適切な管理運営に努めていただきたい。
  • 社会の成熟化に伴い、公園に求められる社会的ニーズはますます多様化しており、指定管理者の創意工夫による利用者に対する質の高いサービス提供や、にぎわい創出による公園の活性化に期待したい。

このページの作成所属
都市整備部 都市計画室公園課 公園活性化グループ

ここまで本文です。