大阪府子ども家庭センター

サブメニューを飛ばして本文へ

ここから本文です。

更新日:平成28年4月1日

新着情報


子ども家庭センターってどんなところ?

  1.どんな相談ができるの

     18歳未満の子どもに関わるさまざまな相談を受け、それぞれのお子さんに
     適した支援(助言・指導・施設入所など)を行います。
     本人、家族、学校の先生、地域の方々など、どなたからの相談にも応じています。
     費用は無料です。

  2.相談はどのように進むの

    四つの診断方法により問題の本質を探り、総合的に判断し、問題の解決を図ります。
    詳細な相談の順序はリンク先の通りです。

  3.どんな人が相談にのってくれるの

     児童福祉士をはじめ、子どもの相談を専門にしている多くの職種の人たちが相談をお受けします。

  4.どこに相談にいけばいいの

    子ども家庭センターは府内に6か所あり、それぞれの住所等を記載しています。
    お住まいの地域を担当する子ども家庭センターをご利用ください。

次のような相談をお受けしています

子どもに関する相談

  ・子どもの相談Q&A

    いじめや不登校など、お子さんとの関わり合いの中で、よくある悩みについてQ&Aにまとめ、掲載しています。

  ・小・中学生のためのページ

    家族や友達のこと、学校での悩みなどをどうしたらいいかいっしょに考えるところです。
    ひとりで悩まないで、気軽に相談ください。

青少年に関する相談

  ・青少年の方はこちらへ(中学卒業後からおおむね25歳までの方のページ)

    中学卒業後からおおむね25歳までの方で、悩みをお持ちの方はこちらのページをご覧ください。

里親に関する相談

  ・里親について知りたい

    里親とは、親の病気や離婚などさまざまな事情により、家庭で育てられない18歳未満の子どもを
    自分の家庭に迎え入れ、親身になって愛情と誠意を持って養育してくださる方を言います。
    子どもに対する愛情と正しい理解を持ち、家庭が健全に営まれていれば、誰でもなることができます。

配偶者等の暴力に関する相談

  ・配偶者等の暴力に悩んでいます

    DV(Domestic Violence)に悩んでおられる方向けのページです。
    子ども家庭センターは配偶者暴力相談支援センターとして、配偶者からの暴力の相談にも応じており、
    ページ内には、困ったときの問い合わせ先などを掲載しています。

その他の情報等

  ・児童虐待とは

   あなたからの連絡が子どもを救います。
   あなたの周りに「気になる子ども」はいませんか?
   「もしかしたら」と感じたら、すぐに連絡を!

統計情報

  ・相談はどのくらいあるの(大阪府における統計情報)

リンクのページ

大阪府福祉部子ども室

このページの作成所属
福祉部 中央子ども家庭センター 総務企画課

ここまで本文です。