地震発生時の心得

更新日:平成23年10月4日

「防災は もしものときの 命綱」

(第2回大阪府防災標語 優秀作品)



まず我が身の安全を図れ 地震とナマズ
  ・揺れたらまず丈夫な机の下に身をかくす

 台所の火を消すすばやく火の始末
  ・ガス器具の火を消し、元栓を閉める

火が出たらまず消火 初期消火
  ・消火器等ですばやく消火に努める
  ・隣近所にも声をかけ協力を求める

家族で避難避難は徒歩で、持ち物は最低限に
 ・乳幼児やお年寄り、障害のある方の避難のお手伝いをする

狭い路地、へいぎわ、かべや川べりに近寄るな 土砂崩れ
  ・津波、山崩れ、がけ崩れに注意

みんなが協力しあって応急救護 応援救護
  ・隣近所で声をかけあい、安全を確認

 ラジオ正しい情報の入手を
  ・ラジオ、テレビの報道に注意して
  ・デマにまどわされないようにする

 

  ・次のHPでは、地域ごとに、地震に関する情報(活断層等)を閲覧することができます。

   ⇒ 地震調査研究推進本部(外部サイトを別ウインドウで開きます)



このページの作成所属
政策企画部 危機管理室防災企画課 地域支援グループ

ここまで本文です。