企業の事業継続及び防災の取組み等に関する実態調査

更新日:平成30年11月30日

企業の事業継続及び防災の取組み等に関する実態調査の実施について

大阪府では、6月18日に発生しました「大阪府北部を震源とする地震」を踏まえ、南海トラフ地震対策をさらに推進するために、次のとおり調査を実施しました。
調査分析結果については、次のとおりです。

調査概要

実施主体  大阪府、公益社団法人関西経済連合会、大阪府商工会議所連合会

調査期間  平成30年8月1日(水曜日)から同月20日(月曜日)まで
        ※調査は、締め切りました。

調査方法  郵送法

調査対象  「公益社団法人関西経済連合会」及び「大阪府商工会議所連合会」の会員企業5,000社

調査票   ・企業の事業継続及び防災の取組みに関する実態調査 [Wordファイル/89KB]/ [PDFファイル/157KB]
        ・大阪府北部を震源とする地震の状況 [Wordファイル/40KB]/ [PDFファイル/50KB]     

回収数   有効回答数2,319社、回収率46.4%(9月7日現在)

調査結果報告書 New

調査結果報告書 [Wordファイル/6.63MB]/ [PDFファイル/3.09MB] New

発 行    平成30年11月
作成受託者 MS&ADインターリスク総研株式会社 関西支店

調査結果速報版

実態調査単純集計 [Wordファイル/28.54MB]/ [PDFファイル/661KB]

このページの作成所属
政策企画部 危機管理室防災企画課 地域支援グループ

ここまで本文です。