大阪府庁版「働き方改革」(第1弾)

更新日:平成29年4月27日

 近年、少子高齢化による生産年齢人口の減少、育児や介護など制約のある働き手の増加、女性の社会進出など、社会的にワークライフバランス実現の要請が高まっています。
 大阪府においても、長時間労働や固定的な働き方を前提とした労働環境が続くなど、改善が進んでいない状況です。
 このような状況を踏まえ、仕事の質を高め組織パフォーマンスの最大化を図りつつ、職員の心身の健康確保・ワークライフバランス・女性活躍の促進等を加速させるために、「上司の働き方をかえる」「柔軟な働き方を提案」「長時間労働を是正」をキーワードに、府庁職員に向けた、大阪府庁版の働き方改革(第1弾)を取りまとめました。

■大阪府庁版「働き方改革」(第1弾)取組メニュー
 ○イクボス運動
 ○タブレット端末機の本格導入
 ○サテライトオフィスの試行実施
 ○柔軟な勤務時間の設定
 ○時間外勤務の見える化
 ○グループ内での定時退庁の取組
 ○過重労働ゼロに向けた改善措置
 ○時間外勤務実績に着目した人員配置

大阪府庁版「働き方改革」(第1欄)総論 [Wordファイル/1.91MB]

大阪府庁版「働き方改革」(第1弾)資料編 [Wordファイル/94KB]

このページの作成所属
総務部 人事局企画厚生課 企画調整グループ

ここまで本文です。