地域再生

更新日:平成23年8月30日

地域再生


地域再生とは

 「地域経済の活性化、地域における雇用機会の創出その他地域活力の再生」を推進することを目的に、都道府県、市町村がそれぞれの資源・特性を活かした地域再生計画を立案し、政府がその発想と行動をワンストップで受け止め、各種の支援を講じて、地域再生を推進するものです。
 
 地域再生の提案募集や地域再生計画の策定に際して、迅速かつ機動的にアドバイスし、地域と国との間で相互の情報を橋渡しするために各都道府県に地域再生伝道師」 (大阪府では政策企画部企画室に3名)が置かれています。

■大阪府の地域再生計画


 

 

 大阪元気コミュニティ創造サポート計画 
いわわき農と緑のふるさと地域再生計画

 バイオメディカル・クラスター創成計画


けいはんな学研都市知的再生計画

 「彩都発」エコライフスタイル創造計画

「奥河内」農と緑のふるさと地域再生計画 

  

■大阪府内の地域再生計画

 

大阪府内で実現した地域再生計画 [PDFファイル/73KB]

府内市町村の地域再生計画について

 小学校の余裕教室の有効活用

■これまでの経緯 
平成15年10月24日地域再生本部発足
平成15年12月19日「地域再生推進のための基本指針」地域再生本部決定
平成15年12月19日から全国の地方公共団体、事業者等からの「要望の提案」募集
平成16年1月15日大阪府提案(平成16年1月15日)
平成16年2月27日「地域再生推進のためのプログラム」本部決定
平成16年6月21日「大阪元気コミュニティ創造サポート計画」の認定(別ウインドウで開きます)
平成16年6月30日大阪府提案(提案概要資料PDF30KB)
平成17年2月4日地域再生法案閣議決定
平成17年2月15日地域再生推進のためのプログラム2005本部決定
平成17年4月1日地域再生法、政令、内閣府令施行
平成17年4月22日地域再生基本方針閣議決定
平成17年6月17日「いわわき農と緑のふるさと地域再生計画」の認定(別ウインドウで開きます)
平成18年2月15日地域の知の拠点再生プログラム本部決定
平成19年2月28日地域再生総合プログラム本部決定
平成19年7月4日「バイオメディカル・クラスター創成計画」、「けいはんな学研都市知的再生計画」、(別ウインドウで開きます)
「彩都発」エコライフスタイル創造計画」の認定(別ウインドウで開きます)
平成19年10月9日地域活性化関係の4本部(都市再生本部、構造改革特別区域推進本部、地域再生本部及び中心市街地活性化本部)の事務局を統合し、「地域活性化統合事務局」を内閣官房に新たに設置。
平成20年3月7日地域再生支援施策の充実(地域の地球温暖化対策推進プログラムの追加等)本部決定

平成23年3月25日

「「奥河内」農と緑のふるさと再生計画」の認定(別ウインドウで開きます)

このページの作成所属
政策企画部 広域調整室広域インフラ課 広域インフラグループ

ここまで本文です。