令和元年度第5回大阪府戦略本部会議 議事概要【議題1】

更新日:令和元年12月6日

議題1  「府政運営の基本方針2020」(案)について

資料名

PDFファイル

その他のファイル

資料1 「府政運営の基本方針2020」(案)

  [PDFファイル/935KB] 

  [Wordファイル/54KB]

別紙1 令和2年度 仮収支試算

  [PDFファイル/469KB]

  [Excelファイル/24KB]

※資料に基づいて、政策企画部から説明。


【山野副知事】
・令和2年度の予算編成についてということだが、今、国においても、災害対策や国土強靭化、あるいは消費増税に伴う様々な対応が必要であるため、経済対策や補正予算が検討されている。
・災害対策としては、「府政運営の基本方針2020」(案)に記載しているものとは別途、国の補正予算等についても、検討して取組んでいくという理解でよいか。

【政策企画部】
・災害関係については、国の関係省庁が検証チームを立ち上げ、台風19号などにおける災害対応について検証を行っているところだと聞いている。
・また、今年度も相次ぐ自然災害の状況を踏まえ、国では今年度の補正予算や、次年度の当初予算編成を行うことが見込まれている。
・府としても、ソフトとハードの両面からの災害対応力の強化を今回の柱に挙げているが、そういった国の動向や補正予算なども踏まえて、必要に応じて追加の予算要求を検討するなどの柔軟な対応をしていきたいと考えている。

【山野副知事】
・財源的には、補正予算が非常に有利な面もある。また、別途調整するということで承知した。

【新井副知事】
・これを基に、これから予算編成をして、人員体制を作っていくとのことだが、議会に諮る段階ではなく、知事重点事業については、例えば今の段階でも、府大・市大の授業料無償化や、重度障がい者の就労支援など、知事からの指示で取り組んでいる新規事業がある。知事重点事業の打ち出しにあたっては、企画室としては難しいかもしれないが、各部局からでてきたものを総花的に整理するだけではなく、メリハリがあるように、場合によっては思い切って省いてもいいと思う。そのあたりの打ち出しをよろしくお願いしたい。

【政策企画部】
・承知した。

【知事】
・令和2年度は、万博の誘致も決まり、いよいよその中身を詰めていこうという段階。大阪の成長にこれからさらに目を向け、その役割を果たしていかなければならない。
・特に、スマートシティ戦略については、来年度から新たな部署を立ち上げ、組織体制を作ってもらいたい。そして、今、立てている計画を実行していくという段階に入っていく。当然、財政規律を堅持しながら、選択と集中をして、その集中の分野においては、特に大阪の成長に力を入れてもらいたい。具体的に言えば、スマートシティ戦略については、かなり力を入れて市町村も一緒になって進めていきたい。
・また、次世代への投資にもやはり力を入れるべきだと思う。
・真に支援が必要な人達を支援するのが行政において重要な役割であるので、そういった人達をしっかりと支えながら、大阪の成長を実現させていく。日本第二の都市として、日本を引っ張っていくのが大阪府の役割だと思う。大阪市域も含めて大阪全体を成長させていく責任感が大阪府には必要。日本の中での役割、世界における大阪の役割を果たすため、大阪が自信を持って進めていかなければいけないフェーズに入ってきている。
・府内の各市町村や、大阪市とも連携をしながら大阪の成長という役割について、次の予算においてしっかりと進めていってもらいたいので、よろしくお願いする。

【政策企画部長】
・府政運営の基本方針2020年」(案)については、この案で決定させていただき、次回、当初予算案が固まった段階で、成案についてご議論いただきたい。

このページの作成所属
政策企画部 企画室政策課 政策グループ

ここまで本文です。