外国人材の円滑な受入れ促進と共生社会づくりに向けたアンケート調査の実施について

更新日:令和2年3月9日

 本年4月、国において中小企業等の深刻な人手不足に対応するため、新たな在留資格「特定技能制度」が創設され、今後、府内においても相当数の外国人材の受入れが見込まれています。
 このため、大阪府では、外国人材の円滑な受入れ促進と共生社会の実現に向けて、庁内横断的な「外国人材受入れ・環境整備検討プロジェクトチーム」を設置し外国人労働者等をめぐる現状把握や課題整理を行い、今後の取組みや施策の検討を進めています。
 その一環として、府では、大阪市と連携して、以下のとおり、10月7日から「事業者アンケート調査」を実施し、同月15日から「外国人住民アンケート調査」を実施します。

【2019年10月15日 報道提供】外国人材の円滑な受入れ促進と共生社会づくりに向けたアンケート調査の実施について
http://www.pref.osaka.lg.jp/hodo/index.php?site=fumin&pageId=36073

【資料】
・大阪府「特定産業14分野に属する府内事業者」における外国人雇用に係るアンケート
 資料はこちら [PDFファイル/2.28MB]
・大阪市外国人住民アンケート
 資料はこちら [PDFファイル/464KB]
 

このページの作成所属
政策企画部 企画室推進課 推進グループ

ここまで本文です。