新型コロナウイルス軽症者等の宿泊療養にかかる宿泊施設の募集について

更新日:令和2年5月11日
 現在、大阪府内での新型コロナウイルス感染者が増加する中、医療崩壊を防ぐため、感染拡大に備えた医療提供体制・療養体制の整備が喫緊の課題となっています。
 そこで、大阪府では軽症者や無症状者の療養に備え、宿泊施設の確保を進めています。以下の募集概要を基本として、事業者の皆様のご協力をお願いいたします。

【1】居室の確保

府内の宿泊施設で、1棟単位(100室以上)でご協力いただけること。(※複数棟も可)

【2】運営の留意点

 従業員の方には安全確保のため、本府で作成予定の運営マニュアル(※)に沿って施設を運営いただきます。(医療的な対応を除く)
  応募される際は、必ず、マニュアルの内容をご確認ください。

  ※国の「新型コロナウイルス感染症の軽症者等の宿泊療養マニュアル」に準拠
  ➢新型コロナウイルス感染症の軽症者等の宿泊療養マニュアル  https://www.mhlw.go.jp/content/000618526.pdf
 

【3】借り上げ料

調整中。

【4】受付期間(第一次)★応募は終了しました★

令和2年4月3日(金曜日)から令和2年4月7日(火曜日)まで

【5】応募方法

次のメールアドレスに以下の内容を記載の上、送付してください。(様式自由)
※ 現在、電話での質問は受け付けておりません。お手数ですが、メールでの問い合わせをお願いいたします。

shukuhaku@gbox.pref.osaka.lg.jp

 1.事業者名、担当者名、連絡先(電話・メールアドレス)
 2.提供可能な宿泊施設の所在地、棟数、客室数
 3.提供可能開始時期
 4.その他(質問、提供に当たっての留意点等)

【6】その他

・「より多く」かつ「より早く」客室をご提供いただける事業者様からご協力を要請します。

【7】応募状況

短い期間にも関わらず、たくさんの事業者の皆様からご協力の申し出をいただき、ありがとうございました。

〇応募数 98事業者(202施設・約21,000室)

客室の規模

施設数

客室数

100室以上

93

約16,000

100室未満

109

約5,000

合計

202

約21,000

担当

政策企画部企画室政策課

 

このページの作成所属
政策企画部 企画室政策課 政策グループ

ここまで本文です。