平成26年度 議会事務局 部局運営方針・重点政策推進方針

更新日:平成26年6月20日

 

26年度の議会事務局運営にあたって 

◇大阪府議会のあり方は、「大阪府議会基本条例」によって規定され、第2条で、議会がめざすべき方向性である「基本理念」が示されています。

〔基本理念〕
「議会は、知事とともに二元代表制の一翼を担っており、その機能を最大限に発揮することにより、府民の負託にこたえるとともに、絶えずそのあり方を検証し、改革に努めるものとする。」(大阪府議会基本条例第2条)

◇基本理念を実現するための議会の役割と使命を整理すると、次のとおりとなります。

議会の役割・使命条例の規定
1.議会機能の最大限の発揮・適切かつ効果的な議会運営(第6条第1項)
・監視機能の充実(第12条第1項)
・積極的な政策立案及び政策提言(第13条)
2 府民に開かれた議会・透明性及び公正性の確保(第5条第1項)
・府民の意見を聴く機会の設置(第10条)
・広報広聴機能の充実(第11条)
3 議会機能の検証と改革

・議会改革に向けた不断の取組み(前文、第2条)

 ◎議会事務局の役割は、「基本理念の実現をめざした、役割と使命を全うするための議会の諸活動を支えること」にあり、平成26年度も、全力を傾けて議会の取組みをサポートしていきます。

議会事務局の事務概要と26年度の主な取組み 

◇議会事務局の役割は、「基本理念の実現をめざした、役割と使命を全うするための議会の諸活動を支えること」

◇平成26年度において議会事務局がサポートする議会の取組み

議会の役割・使命議会事務局がサポートする議会の取組み
議会機能の最大限の発揮 

■適切かつ効果的な議会運営
 ○委員会審査の充実
 ○円滑な会議の進行
  ・正副議長のマネジメントの発揮
  ・災害発生時等への備え

■監視機能の充実
 ○新公会計制度を踏まえた決算審査

■積極的な政策立案及び政策提言
 ○会派・議員の政策法務と政務調査活動の充実
  ・議員提出による政策条例に係る法規チェックの実施
  ・政務調査機能の充実(職員の資質向上、サポート体制の検討など)

府民に開かれた議会

■広報広聴機能の充実
 ○議会情報発信力の強化
  ・正副議長による情報の発信
  ・多様な媒体を用いた議会広報の強化

■透明性及び公正性の確保
 ○委員会の直接傍聴
 ○府民の声の見える化

議会機能の検証と改革

■議会改革に向けた不断の取組み
 ○議会機能の充実強化策の協議調整

その他

 ○関西広域連合議会との連携
 ○大阪市会との連携(事務局間の人事交流・情報共有など)
 ○事務局職員のスキルアップ
 ○改選期に向けての備え

このページの作成所属
政策企画部 企画室計画課 計画グループ

ここまで本文です。