将来ビジョン・大阪(内容)HTML版

更新日:平成23年10月31日

大阪を明るく笑顔にする 将来ビジョン・大阪 


はじめに 



 ◇どうして今ビジョンなの?
 ・大阪維新プログラム(案)で財政再建に一定の道筋をつけたので、次の一手として、明るい明日の大阪づくりをスタートさせる
  ため。

 ◇このビジョンはどんなもの?
 ・みんなで笑顔あふれる大阪づくりをすすめるため、2025年をめざす総合計画のもと、策定後の変化や大阪維新プログラム(案)
  を踏まえた今後の大阪の将来像をわかりやすく示します。
 ・だれもが人を大切にし皆が幸せになれるよう、関西・世界を見据え、自助・互助の考え方等に立ち大阪の強みを活かしながら、
  府民みんなですすめる取組を示します。




総合計画策定(H12年)以降の主な変化
 ◇夢を持っている子どもの割合などが減っています

 ・夢を持っている子どもの割合(中学) H12年 77.5%⇒H19年 66.2%(▲11.3)
 ・         〃      (高校) H12年 76.3%⇒H19年 65.0%(▲11.3)
 ・大阪が元気だと思っている府民の割合 H12年 37.1%⇒H19年 36.4%(▲0.7)
 ・地域に愛着を感じている府民の割合  H12年 72.9%⇒H19年 72.8%(▲0.1)


 ◇大阪ベイエリア等に最先端の工場などが立地してきました
  関西国際空港と大阪ベイエリアの工場立地状況の図    

  ・工場立地動向 ※工場等制限法廃止後(H14年)の比較
   H10から14年 106件、H15から19年 188件


 ◇熱帯夜が増えるなど大阪は暑くなっています
 ・最低気温25℃以上の熱帯夜が増加傾向
  1980年代 約27日⇒ 2000年代46日(1.7倍)

 ◇東京一極集中がとまりません
 ・東京圏への転出超過
  H8年 5千人⇒ H19年 1万4千人(約3倍)

 ◇街頭犯罪件数の全国ワースト1がつづいています
 ・依然として多い街頭犯罪認知件数
  H19年 11万件(2位 東京 9万件)

 ◇子どもの学力が問われています
 ・学力調査により大阪の学力が低いことが明らかに
   小学校 41位、中学校 45位 (公立)




大阪がめざすべき姿
  明るく笑顔あふれる大阪



視点
 
◇オンリー1・ ナンバー1
 ◇関西の中での重点化
 ◇分権・民主導



大阪府の将来像

 ■世界をリードする大阪産業
 ■水とみどり豊かな新エネルギー都市 大阪
 ■ミュージアム都市 大阪
 ■子どもからお年寄りまで誰もが安全・安心ナンバーワン 大阪
 ■教育・日本一 大阪



世界をリードする大阪産業
 関西における人、物、情報の交流拠点である大阪に、国内外から多様な企業や人が集まり、世界有数の一大産業都市となっています。

(将来像イメージ)
【産業都市 ナンバー1】
 大阪の強みであるものづくり産業、これらが支える大阪湾ベイエリアの新エネルギー、北大阪のバイオなど多様な
 産業や、世界と勝負できるコンベンション施設等により、起業や商いのチャンスが感じられる都市として
 日本・世界から企業や人が集まっています。

(将来像イメージの実現状況を知る項目)
 製造業の出荷額(従業員300人未満の事業所)、
 北大阪を中心とするバイオクラスター世界地位  など


 がんばる大阪の中小企業応援戦略
  ・国際的な大規模商談会の誘致、運営基盤の強化と中小企業の販路開拓のための総合的な取組
  ・資金調達の円滑化等による中小・ベンチャー企業のサポート
  ・個性あるテーマを持ったオンリーワン商店街づくり
  ・ものづくり企業の技術革新、環境・新エネルギー、ロボット関連産業等の次世代を牽引する産業への投資促進や、外資系企業
   進出等による産業集積形成  など

 大阪を国際金融拠点にする戦略
  ・大阪証券取引所を中心としたデリバティブ取引の活性化
  ・世界的な金融ビジネス人材の育成・確保
  ・アジア等との国際金融ネットワークの強化  など

 世界トップクラスのバイオ拠点にする大阪戦略
  ・賃貸ラボやバイオファンド等による彩都へのバイオ企業集積形成
  ・先端医療開発特区活用による新薬・医療機器の研究・実用化推進や情報発信、国際連携強化  など



【世界の物流拠点都市 オンリー1】
  関西国際空港や阪神港を中心に道路ネットワークが整備されることなどにより、夢洲地区をはじめ大阪が物流や交流の世界の
 拠点として活性化しています。

(将来像イメージの実現状況を知る項目)
 大阪は物流の効率が良いと思っている物流事業者の割合  など


 より便利な陸海空ネットワークづくり戦略
  ・大阪湾諸港の手続きの効率化による国際競争力の強化
  ・国際貨物便の就航の充実等による関空の物流機能向上
  ・淀川左岸線延伸部の整備等による物流のための交通ネットワークづくり
  ・利用しやすい高速道路料金体系の構築  など



【就職 ナンバー1】
 大阪で教育を受けた子どもたちや、高齢者、障がい者をはじめだれもが、大阪でその能力を発揮し、いきいきと仕事をする
 働きたい都市になっています。

(将来像イメージの実現状況を知る項目)
 就職率、障がい者雇用率  など


 大阪でみんなが就職できる戦略
 ・法定雇用率の達成をめざす特例子会社の誘致等企業の障がい者雇用に向けた取組促進
 ・たまがわ支援学校のような知的障がいのある生徒の就労教育を通じた社会的自立をめざす高等支援学校の新設
 ・就職から職場定着まで一貫した支援など福祉施設等の障がい者に対するきめ細かい就労支援
 ・JOBカフェ機能の強化や職業訓練の履歴を記載したジョブカード等によるフリーター、ニート等若の能力開発及び雇用推進
 ・ワークライフバランスの推進等男女とも働きやすい職場環境づくり
 ・年をとっても働ける環境づくり  など



水とみどり豊かな新エネルギー都市 大阪

 次代を担う環境・エネルギー産業が集積した大阪で、関西の各都市と連携した環境の取組がすすみ、海から山に至るみどりの回廊のある環境先進都市となっています。

【新エネルギー都市 ナンバー1】
 太陽光発電やエコカーなど新エネルギーの活用により、温暖化ガスの排出が抑制されるととともに、家電・環境・エネルギー産業等が
集積した世界に誇る環境都市が誕生しています。

 (将来像イメージの実現状況を知る項目)
 太陽光発電システム導入状況、エコカー普及状況  など


  新エネ・エコカーが大阪中にあふれる戦略
  ・住宅、事業所等への太陽光発電の設置拡大
  ・環境にやさしいエコ燃料(E10)の利用に向けた取組を大阪から全国に発信
  ・燃料電池自動車等水素・エネルギーの普及や、多様なエコカーの普及促進
  ・大阪発の大気や水質・省資源等環境関連技術・製品の普及促進
  ・ごみの発生抑制、再使用、再生利用(3R)の促進
  ・大気や水質等良好な環境の創出・維持  など


【みどりの風を感じる大都市 オンリー1】
  大阪が持つ豊かな自然が保全され、校庭の芝生化をはじめ市街地の緑化等がすすむことによって、ヒートアイランド現象が改善し、
 だれもが風を感じるまちになっています。

(将来像イメージの実現状況を知る項目)
 大阪がみどりの風を感じる大都市だと思っている人の割合
 みどりが多いと思っている府民の割合  など


  みどりの風を感じる大都市実現戦略
  ・みどりの風を感じる都市構造の形成
  ・彩りある森づくりや大阪湾の干潟再生等、生物多様性が確保できる豊かな自然環境の保全
  ・街路樹の充実や河川環境の改善等による水とみどりのネットワークの創造
  ・建物の屋上、壁面緑化等みどりの拠点の創造
  ・校庭の芝生化や校舎のみどりのカーテン、地域一体となってひまわりを植栽する「ひまわりグランプリ」、公園、農空間保全等府民協働によるみどりづくり、
   打ち水の促進
  ・企業の省エネルギー対策の推進による人工排熱の抑制  など

みどりの風を感じる大都市のイメージ図


【全国ブランド・大阪産(もん) オンリー1】
 大阪湾やみどり豊かな農空間が守られ、新鮮で安全な大阪産(もん)が全国ブランドとなり、活発に取引されています。

(将来像イメージの実現状況を知る項目)
 大阪産(もん)を知っている人・府民の割合
 大阪産を率先して購入したいと思う府民の割合  など


 大阪産(もん)を全国ブランドにする戦略
  ・
大規模物産展開催や「地産地消の日」設置等大阪産のPR
  ・
農業実体験、学校給食の大阪産利用等食農教育の推進
  ・大阪産を使う料理店の情報発信、直売所の充実等大阪産の流通・消費拡大
  ・NPO、府民、企業等「民」と協働した新たな担い手づくり等による生産拡大
  ・中小企業と農林水産業者との連携による新商品開発  など



ミュージアム都市 大阪

 まち全体が府民に愛される多彩なミュージアムとなった大阪が、関西の各地域と連携することによって、国内外から、人々が集まりにぎわっています。

【大阪ミュージアム オンリー1】
  御堂筋、富田林寺内町等の大阪の個性的なまちなみや商店街、棚田など豊かな自然、さらには歴史や文化、芸術、食等豊かな
 地域資源が府民に愛され、大阪の誇るべき資産として発信されるなど、住民主体でにぎわいづくりがすすみ、ミュージアム都市
 大阪が実現しています。

(将来像イメージの実現状況を知る項目)
 ミュージアム都市といえば大阪と思っている人の割合
 自分の住んでいる地域に愛着を感じている府民の割合
 大阪で観光したいと思っている人の割合  など

 
 「大阪といえばミュージアム」と呼ばれる戦略
  ・水上カフェ、川床、船着場等によるにぎわいのある水都大阪づくり
  ・石畳と淡い街灯やまちの雰囲気にあったデザインの導入等歴史・文化的まちなみを活かした地域の魅力づくり、御堂筋イルミネーション、橋梁ライトアップ等による
   にぎわいづくり
  ・生駒山系が四季折々に色づく花屏風づくり
  ・大阪検定との連携によるミュージアム学芸員の育成  など


【フェスティバル都市 オンリー1】
 ミュージアム都市として、大阪独特の“まちの空気感”が国内外に発信されるとともに、文化・スポーツイベント等
 様々な催しが各地で開催され、アミューズメントが充実し、世界から人々が集まるにぎわいのある地域になっています。

(将来像イメージの実現状況を知る項目)
 大阪が楽しいまちだと思っている人の割合
 大阪はスポーツが盛んだと思っている府民の割合  など


  毎日がフェスティバルのある戦略
  芸術作品の展示等まち全体を創作と発表の場にする
  ・
ダンス・演劇等の舞台芸術、ジャズやクラシック等四季を通じたフェスティバルの開催
  大阪ミュージアムの「展示品」にちなんだ各市町村独自の体験型の催しを一定期間府内各地で集中実施
  ・府庁本庁舎等府の施設を活用した芸術発表の場の提供
  ・文化・スポーツの催しが時期とジャンルで検索できるフェスティバル情報の発信  など


  スポーツを身近で楽しもう!戦略
  だれもが参加できる大規模なマラソンや自転車大会の開催
  ・トップアスリートとのふれあい等スポーツが身近なまちづくり

  住民が主体的に運営するスポーツクラブの拡大や交流会開催  など


【交流都市 ナンバー1】
  府民や大学・企業等がアジアをはじめ世界の国々の大学・企業と活発に交流し、多くの府民が世界で活躍し、様々な国の留学生や社会人が
 頻繁に往来しています。

(将来像イメージの実現状況を知る項目)
 外国人留学生数・外国人訪問者数の伸び  など


  大阪・関西に観光客を集めよう!戦略
  近隣府県との連携等を通じた多様なプロモーションによる国内外の観光集客
  ・外国の子どもたちと交流する修学旅行等の受入れの促進

  学会など国際会議誘致
  ・上海万博出展
  ・関西国際空港の国際競争力向上  など


  アジアをはじめ世界の人と仲良し戦略
  民間と連携した留学生・在住外国人への生活等に関する多言語による情報提供・相談対応、入居・就職支援
  ・環境・防災等の分野でのアジア主要都市との人材・技術の交流拡大

  知事のトッププロモーションや民間との連携等による経済交流の推進  など



子どもからお年寄りまで誰もが安全・安心ナンバー1 大阪

 府民に身近なサービスは市町村、広域的なサービスは大阪府が担うといった分権がすすみ、自助・互助のもとに、くらしの安全・安心が実現しています。

【くらすなら大阪!分権先進都市オンリー1】
 分権が進み、福祉や健康、コミュニティの育成等府民に身近で最適なサービスを市町村が提供し、男女の性別に関わりなく、子どもやお年寄り、障がい者など
 だれもが身近な地域で、お互い支えあい、尊重しあいながら、一緒に笑顔で安全・安心にくらしています。

(将来像イメージの実現状況を知る項目)
 くらすなら大阪と思っている人の割合
 安心であたたかいくらしの大阪になっていると思う府民の割合
 子どもを大阪で育ててよかったと思っている府民の割合  など


  地域でいきいき戦略
  ・障がい者、ひとり暮らしのお年寄り、ひとり親家庭等援護を必要とする人を地域や社会全体で見守り、支え、これらの人々が自立し、社会参加、就労していける仕組みづくり
  ・高齢者がアクティブシニアとしていきいきと社会参加、社会貢献できる仕組みづくり

  ・公営住宅を活かした子育て支援・高齢者交流の場づくり
  ・社会参加・自立が困難な青少年に対するNPO等と協働した社会参加の仕組みづくり
  ・DV(配偶者からの暴力)防止と被害者に対する相談・保護・自立支援の充実
  ・食の安全問題や様々な消費者被害に対応した安全・安心体制の充実  など


  だれにもやさしいまち戦略
  ・公共施設をはじめ建築物等のバリアフリー化促進
  ・開かずの踏切対策の推進

  ・鉄道ネットワーク充実
  ・安心して暮らせる住宅セーフティネットづくり
  ・府民協働による、うるおいあるまちづくり  など


  子育て支援日本一戦略
  ・市町村との協議のもと、地域の実情に沿った身近な子育てサービスを展開できるようにするための交付金を創設
  ・保育サービスや放課後児童クラブの充実と地域子育て力の向上

  ・労働時間の短縮PR
  ・関西全域で使える「まいど子でもカード」による子育て世帯の応援
  ・結婚を希望する独身者に対する出会いの機会提供 
  ・新婚、子育て世帯向け公営住宅等の提供
  ・子ども家庭センターによる相談機能の充実等児童虐待防止のための体制・機能の強化、児童擁護施設の心身のケア体制等や里親制度の充実  など



【医療先進都市 オンリー1】
 府民みんなが地域の医療を支えるとの意識を持って適切な受診を心がけ、救急、妊娠、出産など、安心して必要な医療が受診でき、
 最先端の医療技術や新薬によってがんをはじめ成人病等がしっかり治療でき、健康長寿が実現しています。

(将来像イメージの実現状況を知る項目)
 医療先進都市といえば大阪と思っている人の割合  など

  しっかり生命を守る!医療充実戦略
  ・二次医療圏ごとに地域の実情を踏まえた効果的な救急医療体制の充実
  ・診療科目の集約化等による公立病院の再編とネットワーク化

  ・医師確保困難な分野における奨学金制度の創設と救急・産科等の病院勤務医師確保
  ・大阪DMAT(災害派遣医療チーム)の養成促進等災害発生時に府民の生命を守る医療体制の充実  など

  先端医療拠点戦略
  ・彩都粒子線がん治療施設の誘致や熊取アトムサイエンスパーク構想の具体化による先端的がん医療拠点の整備  など


【安全・安心 ナンバー1】
 府民・行政・警察と一体となって、防犯に取り組むことで、街頭犯罪などが減り、また住宅の耐震化等大規模地震や都市型水害など
 災害への対応がなされ、安全で安心してくらせるまちになっています。

(将来像イメージの実現状況を知る項目)
 街頭犯罪件数、刑法犯少年検挙・補導人員、
 自主防災組織率、治安がよいと感じる府民の割合  など

  街頭犯罪ゼロ・子どもの被害ゼロ戦略
  ・司令塔機能確立など知事部局における総合的治安対策の推進
  ・小学校の空き教室等を活用した地域防犯活動拠点づくりや、ボランティア活動の活性化など防犯ネットワークの強化

  ・防犯カメラ等防犯環境の整備促進や警察力の強化等による犯罪に強いまちづくり
  ・少年犯罪防止のための地域に根ざした少年補導・生徒指導の機能充実、学校・家庭・地域等における非行防止活動の拡充
  ・通学路における安全対策等まちぐるみで子どもを守る取組強化
  ・落書きや不法投棄ゴミ一層等社会ルール・マナー向上に向けた活動推進  など


  災害がきても大丈夫!大阪づくり戦略
  ・東南海・南海地震等による津波に備えるための防潮堤の耐震化・嵩上げ
  ・学校・住宅等の建築物、都市基盤施設の耐震化
  ・ゲリラ豪雨対策をはじめとしる総合的治水対策

  ・帰宅困難者のための防災セーフティ道路づくり
  ・自主防災活動の充実
  ・新型インフルエンザ等新たな健康危機事象への迅速な対応  など




教育・日本一 大阪

 学校・家庭・地域の学びの輪の中で、子どもたちは、自分の夢に向かって、勉強やスポーツ等に積極的に取り組み、夢を実現し、様々な分野にわたり大阪で活躍しています


【学ぶ力 ナンバー1】
  学校だけでなく、地域や家庭が子どもたちの学びを支えることによって、子どもたちの学習意欲が高まり、社会で必要とされる基礎的・
 基本的な識や技能、それを活用する力の習得やクラブ活動に励んでいます。

(将来像イメージの実現状況を知る項目)
 児童生徒が熱意をもって勉強している割合
 授業がわかっていると答えた子どもの割合  など

 教育力向上戦略
 (学力向上方策を徹底する)
  ・少人数・習熟度別指導
  ・おおさか・まなび舎(や)事業
  ・基礎・基本の徹底と知識や技能を活用する学力の向上に向けた取組推進
  ・学力向上のための「交付金」等創設
 (学校・家庭・地域をつなぐ)
  ・教育コミュニティづくり等地域・家庭の教育力の向上
  ・地域による学校支援のための「交付金」等創設
 (教育の力を高めるとともに、指導が不適切な教員を現場からはずす)
  ・指導が不適切な教員及び教職経験の少ない教員への対応
  ・意欲のある教員の適材適所配置
 (学校の組織力と学校へのチーム支援の強化)
  ・府立高校、小中学校に対するチーム支援
 ・私学教育の質の向上のための学校運営の強化・改革  など


 幅広い教育ニーズに応える学校づくり戦略
 (「入ってよかった」と言われる府立学校をめざす)
  ・特色ある学科・専門コースの設置・充実
  ・土曜日等の補習・講習の支援
  ・中高一貫教育拡大
 (障がいのある子ども一人ひとりの自立をしっかりと支援)
  ・知的障がい支援学校等の教育環境の充実
  ・小・中学校、高等学校における「ともに学び、ともに育つ」教育の推進  など



【「夢」と「希望」をはぐくむ学校 オンリー1】
  文化人やトップアスリート等いろんな仕事についている人とのふれあいを通じて、子どもたち一人ひとりが将来の“夢”を
 持ち、その実現をサポートしています。また、子どもたちに忍耐力や社会の一員としての規律・規範意識が身につき、責任を
 持って行動できる大人になっています。

(将来像イメージの実現状況を知る項目)
 将来の夢や目標を持っている小・中学生の割合  など

  本物体験で次世代育成戦略
  ・トップアスリートや芸術家等と子どもたちがふれあう機会づくり
  ・最先端の研究機関と連携した子どもの科学体験の推進

  ・企業のOBや技術者の派遣による体験活動等の推進
  ・NPO等と連携した自然学習や環境学習実施  など


  責任をもって行動できる大人に育てる戦略
  ・規範意識の醸成をめざし、あいさつ等を中心とした「こころの再生」府民運動の推進
  ・教育相談体制の充実と不登校の未然防止及び学校復帰のための継続支援の推進
  ・いじめ・少年非行等生徒指導上の課題解決に向けた速やかな対応と子ども自身の問題解決力の育成の推進
  ・携帯電話・インターネットに対する総合的な対策の推進  など



【職業教育 ナンバー1】
 多様な進路から将来やりたい仕事や夢を早く見つけ出し、実践的な職業教育を通じて資質や能力を高め、自らの進路の実現に向け頑張ってきた
 子どもたちが、学校卒業後、その能力を活かし、大阪で仕事に就き活躍しています。

(将来像イメージの実現状況を知る項目)
 高校卒業生に占める進路の定まっている人の割合  など

 「好きなことで一生食べていける力」を育てる職業教育戦略
 ・高校生が専修学校等の職業教育を学ぶ機会の拡大
 ・企業等との連携による工科高校づくり等ものづくり教育活性化
 ・支援学校における職業コースの計画的な設置など障がいのある生徒社会参加と自立に向けた支援の充実
 ・学校での勤労観・職業観をはぐくむための教育の推進
 ・中高生に職業人との交流や職業適性を自己診断する機会、進路を考える場など継続的に提供
 ・専修学校による大阪発「産学接続型の職業教育」の普及  など





○ビジョンの推進に向けて
◇府民や企業などみなさんが主役です・・・
 具体的取組にあたっては、究極の情報公開をすすめ、
 ・民間ができることは民間で
 ・府民や企業の自主的な活動やその能力を活かし協働で

 府民や企業との協働(例)
 森の保全
 ●企業や大学と連携し生駒の森を保全。活動量をCO2吸収に換算、エコグッズと交換する「森の貯金箱CO2」を運営
 大規模な緑地づくり
 ●企業グループなどと連携して民間資金やボランティアの力をあわせた、全国初の大規模緑地づくり  など

 みなさんの寄付による事業の推進
 大阪ミュージアム構想の推進
 ●「大阪ミュージアム基金」への寄附
 府内各地の魅力的な地域資源を「磨き・際立たせ」
 地域の魅力づくりに活用
 (例)・橋梁のライトアップ等水都大阪づくり
    ・地域の魅力づくり、人づくり事業  など

◇財政規律の保持と大阪の活性化
 ビジョンの取組を行うにあたっては、厳しい財政状況のもと財政規律を保持しながら、事業の優先度をつけ、庁内横断的な取組を行うとともに、
 府民、企業、NPO,市町村等オール大阪ですすめ、大阪の活性化を図ることによって、歳入の確保にも努めます。

◇適切な進行管理
 具体的取組の実施状況については、毎年将来像イメージごとに取組状況を整理し、ホームページ等で府民のみなさんに公表します。
 その際、将来像イメージの実現状況を様々な項目によりお知らせします。


このページの作成所属
政策企画部 企画室計画課 計画グループ

ここまで本文です。