平成24年7月9日からの変更点(外国人住民の方の添付書類変更について)

更新日:平成24年7月9日

平成24年7月

大阪府住宅まちづくり部建築振興課

 

平成24年7月9日から、宅地建物取引業免許申請等に関して

提出書類の一部を変更しました

 

 平成24年7月9日に外国人登録法が廃止されたことに伴い、同法による外国人登録制度(市区町村による外国人登録原票の作成・保管・外国人登録証明書の交付)も廃止されました。

 一方で、住民基本台帳法の一部改正により、外国人住民についても日本人同様に住民票が作成されることになりました。

 これらの改正に伴い、大阪府宅地建物取引業法施行細則を改正し、宅建業免許申請者等が外国人住民である場合、宅建業免許申請等の際に提出を求めている「登録原票記載事項証明書」を「住民票の写し」に変更しました。

 

■宅建業免許申請者等が外国人住民である場合の提出書類変更

変更前

変更後

 

外国人登録原票記載事項証明書

 

※ 3ヶ月以内に発行された原本

 

住民票の写し(住民票の抄本)

 

※  氏名(通称名がある場合は通称名も記載)、住所、生年月日、国籍が記載されているもの

※  3ヶ月以内に発行された原本

 

※ただし、発行日から3ヶ月以内の外国人登録原票記載事項証明書に限り、平成24年7月9日以降も対応します。

 

このページの作成所属
住宅まちづくり部 建築振興課 宅建業免許グループ

ここまで本文です。