宅地建物取引に関する各種相談・処分事例

更新日:平成25年3月28日

No.1 「売買契約において売主業者が手付金の保全措置を講じていなかったとして苦情が申し立てられた事例」

No.2 「売買契約において、説明を受けていなかった費用を請求されたとして苦情が申し立てられた事例」

No.3 「売買契約において、再建築の際に同規模の建物が建てられないことの説明を受けていなかったとして苦情が申し立てられた事例」

No.4 「土地の売買契約において、接道についての説明が事実と異なっていたとして苦情が申し立てられた事例」

No.5 「区分所有建物の賃貸借契約において、共益費についての説明が事実と異なっていたとして苦情が申立てられた事例」

No.6 「土地の売買契約において、解約に際して違約金を請求されたとして苦情が申立てられた事例」

No.7 「マンションの賃貸借契約において、ペット飼育についての説明が事実と異なっていたとして苦情が申し立てられた事例」

No.8 「売買契約において、最寄り駅からの所要時間についての説明が事実と異なっていたとして苦情が申し立てられた事例」

No.9 「個人間の売買契約の媒介業務において、無免許営業の幇助を行ったとして処分を受けた事例」

No.10 「購入した物件に入居した直後から隣接地で工事が始まったが、そのような説明は受けていなかったとして苦情が申し立てられた事例」

No.11 「建物の賃貸借契約において、テレビ放送が受信状況についての説明が事実と異なっていたとして苦情が申し立てられた事例」

No.12 「店舗の賃貸借契約において、仲介業者に支払った礼金が貸主に渡っていなかったとして苦情が申し立てられた事例」

No.13 「賃貸借契約において賃貸借契約書が交付されなかったとして苦情が申し立てられた事例」

No.14 「建物の賃貸借契約において、仲介業者に支払った広告料が超過報酬にあたるとして苦情が申し立てられた事例」

No.15 「賃貸借の申込みを撤回したにもかかわらず、預り金の返還を拒否されたとして苦情が申し立てられた事例」

このページの作成所属
住宅まちづくり部 建築振興課 宅建業指導グループ

ここまで本文です。