建築確認申請提出前の再確認について(チェックシート)

更新日:平成28年2月12日

  1. 建築確認申請図書の提出前に次のチェックシートを活用し、申請図書等の再確認を行ってください。
  2. 申請にあたっては、建築基準法施行規則第1条の3において規定する確認申請書に必要な図書及び書類を不備なく添付するほか、明示すべき事項を漏れのないよう記載し、申請してください。
  3. チェックシートは、申請者(設計者)等が確認申請図書作成時において活用して頂くものであり、申請時に提出を義務付けるものではありません

法18条の3第1項(確認審査等に関する指針等)による受理時審査項目

  • 法18条の3第1項(確認審査等に関する指針等)による受理時審査項目 [PDFファイル/100KB]
  • 建築確認申請チェックシート(添付図書と明示すべき事項の説明)

本チェックシートを建築確認申請提出前の再確認に活用してください。

  • 建築基準法施行令第10条第3号建築物に係るチェックシート [PDFファイル/209KB] [Excelファイル/163KB]
    建築基準法施行令第10条第4号建築物に係るチェックシート
    3階建て住宅に係るチェックシート

本チェックシートは、一般的な添付図書とそれに明示すべき事項を説明し図面ごとに整理したものであり、申請に必要な全ての図書や明示すべき事項を記載したものではありません。特に、防火・準防火地域内の建築物に適用される項目は記載していませんのでご注意願います。

建築確認申請提出前のチェックシート(意匠関係)

建築確認申請提出前のチェックシート(構造関係)

建築確認申請図書の提出前に次のチェックシートに示す事項を確認の上、図書を提出してください。
(チェックシートを確認申請書に添付する必要はありません)

次の項目について、確認申請の受付前に受理時の審査を行います。
  1. 施行規則に定める添付図書及び部数の確認
  2. 設計者等の資格等の確認
  3. 設計者の記名及び押印の確認
  4. 大臣認定書の写しの添付の確認
  5. 構造計算の安全証明書の写しの添付の確認
  6. 構造計算適合性判定の要否の確認
  • 受理時の審査において「図書の添付漏れ」「図書相互における不整合」「規則第1条の3に掲げる"明示すべき事項"の記載漏れ」等がある場合は、受付ができない場合がありますので十分ご注意ください。
  • (財)建築行政情報センターのサイト(外部サイト)に公開されている、「改正建築基準法に係る質疑・応答」、「新しい建築確認手続きの要点」、「構造審査・検査の運用解説」等を参考に適切な図書の作成をお願いします。
  • 本チェックリストは鉄骨造、鉄筋コンクリート(RC)造、鉄骨鉄筋コンクリート(SRC)造の建築物用ですので、木造その他の構造の場合は別途ご確認ください。
  • 確認申請に必要な全ての図書および明示すべき事項を掲載しているものではありませんのでご注意ください。

受付後の審査について

確認申請の受付後の審査において「図書の添付漏れ」「図書相互における不整合」「規則第1条の3に掲げる"明示すべき事項"の記載漏れ」等があり建築基準関係規定に適合するかどうか判断できない場合は、建築確認の再申請となる場合がありますので十分ご注意ください。


PDFをご覧いただくためにはAdobe Readerが必要です。AdobeReader ダウンロード

このページの作成所属
住宅まちづくり部 建築指導室審査指導課 確認・検査グループ

ここまで本文です。