宅地の防災対策

更新日:令和2年10月23日

 ○『宅地防災月間』について

大阪府では梅雨期に備えて、5月を「宅地防災月間」と定め、宅地造成及び土砂採取等によって生じるがけ崩れや、土砂の流出に伴う宅地の災害発生を未然に防止し、災害のない安全なまちづくりに寄与することを目的として、次の事業を実施します。

○事業の内容

(1)宅地防災「担当課パトロール」
  
 5月21日にパトロールを予定していましたが、新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため中止しました。

(2)市町村広報等各種広報媒体による宅地防災の周知

(3)宅地防災写真の掲載
  
例年、大阪府咲洲庁舎(さきしまコスモタワー)1階にパネルを展示してまいりましたが、
    新型コロナウイルス感染症の拡大防止の一環としてホームページに掲載いたします。

   宅地防災月間について [PDFファイル/589KB] 大切な宅地を守るために [PDFファイル/845KB] 
   宅地被害の参考事例 [PDFファイル/935KB] 宅地防災のチェックポイント [PDFファイル/447KB]

○『令和2年度宅地防災技術研修会』の開催NEW

 例年、5月下旬に開催しておりますが、新型コロナウイルス感染症の拡大防止の一環として延期しておりましたが下記のとおり開催致します。
 なお、新型コロナウイルス感染の予防及び拡大防止のため、受講の際は、会場への入場時の消毒液による手指の消毒やマスクの着用についてのご協力をお願いします。また、熱(37.5度以上)がある場合や、体調不良(だるい、咳が出るなど)の場合は、参加を自粛いただきますようお願いします。

〈日時〉 令和2年11月16日(月曜日) 午後1時15分から午後4時45分
〈会場〉 エル・おおさか(大阪府立労働センター)本館6階 大会議室
〈定員〉 90名
〈参加費〉 無料
〈研修内容〉
   【講義】
    〇擁壁構造設計指針について  (講師:住宅まちづくり部建築指導室職員)
    〇砂防指定地域内行為の許可技術審査基準について  (講師:都市整備部河川室職員)
    〇土砂災害防止法について  (講師:都市整備部河川室職員)
    〇自然災害リスクを知ることの重要性  (講師:都市整備部河川室職員)
    〇土砂埋立て等、林地開発その他森林等を保全するための開発規制制度について
                                  (講師:環境農林水産部みどり推進室職員)


   【講演】
    宅地の地盤調査方法と大阪地域の液状化予測と対策  
                           大阪市立大学大学院 工学研究科 教授 大島昭彦 氏

    ※詳細な案内はページ下の参考資料をご覧ください。
〈テキスト〉 宅地防災技術研修会テキスト
      〇参加者に無償配布いたします。 

    申し込みはこちら(別ウインドウで開きます)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

◎どんな家でも、その基礎となる宅地が安定していなければ安全とは言えません。

 建物だけではなく、宅地を安定させる「よう壁」や「排水施設」などの工作物にも日頃から、気を配る必要があります。そのため、あなたの宅地のよう壁の安全性について、自らチェックしてみて下さい。

 

あなたの宅地は大丈夫? −石積み・ブロック積みよう壁の自己診断マニュアル−

  自己診断マニュアル [Wordファイル/4.26MB]   自己診断マニュアル [PDFファイル/1.14MB]

 

 

このページの作成所属
住宅まちづくり部 建築指導室審査指導課 開発許可グループ

ここまで本文です。