建設リサイクル − まぜればゴミ わければ資源 −

更新日:平成28年7月1日

新着情報

平成28年7月 1日 平成28年度建設リサイクル法説明会(第1回)開催のお知らせ
平成28年6月15日 平成28年春のパトロールの結果を掲載しました。

 「建設工事に係る資材の再資源化等に関する法律」(建設リサイクル法)では、特定建設資材コンクリート、木材、アスファルト・コンクリート等について、分別解体等及び再資源化等を促進するため、特定建設資材を用いた建築物等に係る解体工事又はその工に特定建設資材を使用する新築工事等であって、その規模が基準以上のもの(対象建設工事)の受注者又は請負契約によらないで自ら施工する者は、工事に着手する日の7日前までに届出するとともに、分別解体等及び再資源化等が義務付けられています。 

建設リサイクル法の概要

  1. 建設リサイクル法の内容
  2. 建設リサイクル法の施行の経緯
  3. 建設リサイクル法に基づく基本方針
  4. 大阪府実施指針                

建設廃棄物の現状

  1. 産業廃棄物の廃排出量等
  2. 建設廃棄物の再資源化等率
  3. 建築解体廃棄物発生量の将来推計
  4. 不法投棄に占める建設廃棄物の割合      

分別解体と届出

  1. 対象工事
  2. 分別解体等とは
  3. 分別解体等に係る届出手続きの流れ
  4. 特定建設資材とは     

再資源化

  1. 再資源化等について
  2. 再資源化等に係る手続きの流れ
  3. 再資源化技術
  4. 建設発生木材の再資源化事例

建設リサイクル法の具体的な手続きの流れ

  1. 受注者から発注者への説明
  2. 契約
  3. 事前届出
  4. 変更届出
  5. 告知
  6. 工事の実施(分別解体)
  7. 再資源化の実施
  8. 完了

様式一覧  

 届出に必要な書類 

 変更届に必要な書類 
 
※届出書及び変更届は「正本1部」、「副本1部」(副本はコピー可)を提出をしていただき、1部は受付後に返却します。

届出窓口

※ 届出等の窓口は工事を施工する場所(市町村)で異なります。

○  大阪府知事に届出等を行う施工場所
   能勢町、豊能町、島本町、摂津市、交野市、四條畷市、大東市、松原市、藤井寺市、柏原市、大阪狭山市、富田林市、河内長野市、
    
太子町、河南町、千早赤阪村、高石市、泉大津市、忠岡町、貝塚市、熊取町、泉佐野市、田尻町、泉南市、阪南市、岬町

   
問い合せ・届出先窓口
    
大阪府住宅まちづくり部 建築指導室 審査指導課 開発許可グループ
      住所 大阪市住之江区南港北1−14−16 大阪府咲洲庁舎27階
      電話 06−6941−0351 (内線3092)
   ※ 届出シール
      平15年10月1日より上記の窓口へ届出された際は、届出済みであることを明確にするため、「建設リサイクル法届出済シール」を
     交付し、工事現場において標識に貼付するようお願いしています。

○ 市町村長に届出等を行う窓口
  問い合わせ・届出先窓口 

パトロール

 大阪府では所管区域26市町村で定期的にパトロールを実施するとともに、毎年春と秋には建築主事を置く府内17市や環境局等と連携し府内一斉パトロールを実施しています。
   パトロール

罰則等

 建設リサイクル法に違反した場合の罰則
   罰 則

質疑応答集

 1. これまでに大阪府に寄せられた質疑と応答集
 2. 国土交通省の建設リサイクル法Q&A(外部サイト)   (国土交通省のリサイクルホームページへリンク)
  

法令等

 1. 法令等
 2. 大阪府建設リサイクル法実施要領

関連機関のページへのリンク

解体工事業登録の申請、届出、証明等について
  (住宅まちづくり部建築振興課のページへリンク)
建築物除却届について
  (住宅まちづくり部建築指導室建築企画課のページへリンク)
建築物の解体等に伴う有害物質等の適切な取扱い(外部サイト)
  (国土交通省のリサイクルホームページへリンク)
解体工事実施にあたる注意点
  (環境農林水産部環境管理室環境保全課のページへリンク)
アスベスト対策について
  (環境農林水産部環境管理室事業所指導課のページへリンク)
フロン排出抑制法に関すること
  (環境農林水産部循環型社会推進室産業廃棄物指導課のページへリンク)

このページの作成所属
住宅まちづくり部 建築指導室審査指導課 開発許可グループ

ここまで本文です。