建築物環境計画書の公表(評価結果と表示ラベル)

更新日:令和2年11月5日

大阪府の建築物環境配慮制度のページ

制度届出届出様式等ラベリング公表
(結果とラベル)
おおさか環境に
やさしい建築賞
関連リンク

お知らせ

 平成31年4月1日以後に届け出られた建築物環境計画書について、届出の概要として新たに「建築物の環境配慮に係る設計をした建築士事務所の名称」を公表します。なお、公表の一覧表での見出しは「環境配慮に係る設計者」とします。(平成31年3月8日更新)


届出概要の公表 

 建築物の環境配慮の評価結果等、届出の概要を府民に公表することにより、建築主による一層の環境配慮の取り組みが期待されます。
 また、建築物の環境配慮に対する府民や建物利用者の意識やニーズを高めることにより、環境に配慮した建築物の普及を促進する狙いもあります。

 公表の内容は、「大阪府温暖化等の防止等に関する条例」に基づく届出の内容によるものです。なお、特定建築物とは、平成24年7月1日より延べ面積2,000平方メートル以上の建築物のことを指します(平成24年6月30日以前は延べ面積5,000平方メートルを超えるもの)。


 また、CASBEEにおける建築物の環境効率の値に応じて、上位よりS、A、B+、B-、Cの5段階で与えられるランキングでSランク評価の建築物をまとめて公表しています。

Sランク評価建築物の紹介ページ


○特定建築物

平成27年度(住宅を含む建築物)

平成27年度(住宅を含まない建築物)

平成28年度(住宅を含む建築物)

平成28年度(住宅を含まない建築物)

平成29年度(住宅を含む建築物)

平成29年度(住宅を含まない建築物)

平成30年度(No.1からNo.100まで)

平成30年度(No.101 以降)

令和元年度(No.1からNo.50まで)

令和元年度(No.51からNo.100まで)

令和元年度(No.101からNo.150まで)

令和元年度(No.151からNo.179まで)

令和2年度(No.1からNo.50まで)

令和2年度(No.51からNo.91まで)



このページの作成所属
住宅まちづくり部 建築指導室審査指導課 建築環境・設備グループ

ここまで本文です。